• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

鉄筋コンクリート造(RC造)の記事一覧

鉄筋のかぶり

鉄筋のかぶりとは

鉄筋コンクリート造で鉄筋の検討をする際には必ず出てくる「かぶり」という表現は、実際のところあまり馴染みがない言葉かも知れません。 「かぶり」とは、コンクリートの外面から鉄筋までどのくらいの距離があるのかを示す言葉です。 例えば梁の鉄筋で考えてみると、かぶりというのは下図のような部分を意味します。 主筋を内側にしてスターラップが外側をぐるりと巻いている、という梁の鉄筋納まりから考えると、かぶりは主筋 […]

続きを読む

記憶

鉄筋の基本となるルール

前回の話では、柱・梁・壁の鉄筋がどのような関係になっているのかを覚えてしまう事と、部位によって呼び方が色々あって困るという話を取り上げました。 鉄筋の部位ごとの呼び方については私も正直言ってあまり自信がありませんが、呼び方よりも納まりを覚える方が先という話もしてきました。 もちろん理想的な事を言えば全てを一気に覚えるのが良いのですが、それが難しい場合には優先順位をつけて覚えていくしかありません。 […]

続きを読む

不明

鉄筋の呼び方について考える

前回までの話では、鉄筋コンクリート造の構造体として、柱・梁・壁の基本的な鉄筋納まりについて簡単に説明をしてきました。 簡単な図面も載せているので、これでそれぞれの部位について、鉄筋の納まりが何となくでもイメージ出来ると良いのですが… 鉄筋の納まりはぱっと見複雑な感じがしてしまい、実際に見ていくと確かに簡単ではないので、どうしても敬遠してしまいがちなのはよく分かります。 でも、それぞれの部材によって […]

続きを読む

壁配筋

壁鉄筋の基本的な配置

鉄筋コンクリート造の構造体として、柱と梁の鉄筋納まりについて前回まで説明をしてきましたが、柱・梁と来たらその次は壁について取り上げる流れでしょう。 ただ、鉄筋コンクリートの壁というのは、柱や梁などに比べると、構造体としての役割というか重要度としては少し弱い感じになっています。 それはなぜかというと、柱と梁が鉄筋コンクリート造の建物では主な構造体として考えられますが、壁については全ての壁が構造体とい […]

続きを読む

梁配筋

梁鉄筋の基本的な配置

鉄筋コンクリート造の納まりを知る為には、鉄筋の納まりをについて知っておくことが重要になってくるという事で、前回は柱の鉄筋について色々と考えてみました。 大きく分けて「主筋」と「帯筋」に分かれていて、それぞれの欠点を補いあう事によって構造体としての強度を持つ事が出来る、というような話でした。 前回は柱の鉄筋について考えてみた訳ですから、柱の次は梁という事で、今回はRC造の「梁」についての細かい部分に […]

続きを読む

柱配筋

柱鉄筋の基本的な配置

鉄筋コンクリート造(RC造)の基本的な形状は「コンクリートの中に鉄筋が入っている」という事になりますが、具体的にはどのように鉄筋が入っているのか。 RC造では鉄筋の納まりが非常に重要な要素になってくるので、今回はそのあたりについて詳しく考えてみることにします。 具体的な鉄筋の径とか本数などの仕様については、建物の規模や構造計算などの条件によってかなり違ってくるものなので、そうした数値的な話をするの […]

続きを読む

丸鋼

鉄筋の仕様について考える

鉄筋コンクリート造(RC造)が実際どのような流れで施工されていくのか、というあたりの話を前回は取り上げました。 まずは型枠を組み立てて、型枠の中に入るように鉄筋を組み立てた後でコンクリートを流し込む、というのが基本的な流れになります。 そうした流れを考えると、鉄筋コンクリート造(RC造)の納まりを考える為には、型枠と鉄筋の事をきちんと知っておくことが重要、ということになるはず。 と言うことで、ここ […]

続きを読む

型枠のイメージ

型枠について考える

鉄筋コンクリート造の施工がどのような手順で進んでいくのかを知る事によって、納まりのポイントなどが見えてくる。 前回はそんな主旨のもと、施工の手順を大雑把ではありますが紹介してみました。 例えば壁の型枠などでは、両側の型枠を先に組み立ててしまうと鉄筋を入れることが難しくなるので、型枠と鉄筋の施工手順が少し複雑になったりします。 具体的には 片側の型枠 → 鉄筋の組み立て → 反対側の型枠 という施工 […]

続きを読む

コンクリート化粧打放し

鉄筋コンクリート造の基本的な流れ

建物の構造が鉄筋コンクリート造である場合には、どのような部分に気をつけて納まりの検討を進めていけば良いのか。 というあたりの具体的な話をこのカテゴリでは細かく説明していこうと思っています。 そうした詳しい情報を知るには、やはり鉄筋コンクリート造の基本的な考え方と施工の流れを理解しておくことが一番の近道でしょう。 と言うことで、今回はそのあたりについて色々と考えてみる事にします。 建物というのは「そ […]

続きを読む

生コン打設

鉄筋コンクリートが持っている特徴

前回は鉄筋コンクリート造を構成する重要な部材のひとつとして、鉄筋についての簡単なイメージを紹介してみました。 引っ張る方向の力に対して弱いコンクリートを補強するため、引っ張る方向の力に対して強い鉄筋をコンクリートと併用していく、というような話でした。 鉄筋とコンクリートがお互いの欠点を補い合うことで、様々な方向の力に抵抗する構造体となる事が出来る。 これが鉄筋コンクリート造の基本的な考え方になって […]

続きを読む