• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

鉄筋コンクリート造(RC造)の記事一覧

誘発目地の外壁側仕上

ひび割れ誘発目地と仕上の関係

前回はひび割れ誘発目地が性能を発揮する為に必要な条件と、その場合の具体的な納まりについて説明をしました。 欠損率20%以上を確保するというのは、実際に検討をしてみると目地だけではどうにもならない場所が多いので、施工者であれば結構苦労をするのではないかと思います。 誘発目地が確実に機能するかを確認しながら検討していくのは結構面倒で、さらに仕上の事を意識して位置を決めていく必要もあるのでなかなか大変な […]

続きを読む

目地を作る手順

ひび割れ誘発鉄筋の考え方

前回は鉄筋コンクリート造の壁について、ひび割れ誘発目地の考え方を色々と紹介しましたが、欠損率の考え方など結構面倒な部分が多いと感じたかも知れません。 しかし施工段階でこうした計画をたてておかないと、結局は出来上がった建物にひび割れが入って見た目が悪くなってしまうんです。 これを防ぐには、コンクリートの性質を深く知っている設計者と施工者がが協力して、計画的に目地を入れていく事を検討するしかありません […]

続きを読む

外壁目地のイメージ

誘発目地の納まり

前回はひび割れ誘発目地の基本的な考え方と、ひび割れ誘発目地を具体的にはどのあたりに入れるのかという話を取り上げました。 ひび割れが入りやすい部分に誘発目地を入れることによって、ある程度狙った位置にひび割れを発生させることが出来る、という考え方でした。 もちろん具体的なひび割れ誘発目地の位置は、表面の仕上材が何なのかによって変わってくるものですから、仕上との微調整が必要になってくるのは間違いありませ […]

続きを読む

外壁目地の例

ひび割れ誘発目地とは何か

鉄筋コンクリート造(RC造)の建物では、コンクリート内の水分が乾燥していくことによって表面にひび割れが発生することがある、という話を前回は取り上げました。 建物の見た目が悪くなるという点も大きな問題ですが、ひび割れから水が入って鉄筋が錆びてしまう事が建物の性能として大きな問題になってきます。 見た目と性能どちらも重要な要素ですから、それが欠けてしまうとなると建物の価値は大きく下がってしまうことにな […]

続きを読む

コンクリートの爆裂

コンクリートのひび割れについて

鉄筋コンクリート造(RC造)の建物で考えなければならない項目はたくさんありますが、コンクリート壁の収縮によるひび割れ対策も非常に重要な要素になります。 今回はそんなコンクリートのひび割れに対して、設計・施工段階でどのようなことが出来るのか、というあたりを取り上げてみたいと思います。 まずは鉄筋コンクリートで造った壁にひび割れが発生するのはなぜか? という部分について考えてみると… コンクリートの壁 […]

続きを読む

配管とスリーブの関係

スリーブの計画を考える

天井裏にダクトや配管などを配置していく計画を進める中で、構造体である梁が最も大きな障害になってくる、という話を前回は取り上げました。 天井内を納める為に天井高さを低くするというような調整が、どうしても施工段階では出てくる事になって、これはある程度仕方がない話だと言えます。 今回はそうして天井高を下げる以外の選択肢がどこにあるのか、というあたりについて考えてみる事にします。 こうした施工段階での検討 […]

続きを読む

天井設備配管

天井裏スペースの検討で

鉄筋コンクリート造(RC造)の梁は構造体としては非常に重要な要素になりますが、意匠的な観点から考えると出来れば隠しておきたい。 そうした考え方があるので、基本的に梁は天井裏に隠す事になる場合が多いです。 しかし天井裏に対して梁が占めるスペースが大きいと、配管やダクトなどの設備要素と干渉してしまい設備が納まらなくなる、というパターンは結構たくさんあります。 階高と天井高、そして天井裏スペースの関係に […]

続きを読む

天井裏

天井高を確保する為の検討

構造体である梁の高さと天井高さ、そして建物の階高について考えていくと、どうしても天井裏のスペースというのは狭くなってしまいがち。 前回はそのあたりについて少し考えてみました。 建物の高さには制限があって、設計者はその高さを守った上で出来るだけフロアを増やしたいと考える訳ですから、1フロアの階高はどうしても最低限にならざるを得ません。 また、人が利用する範囲であまり天井の高さを低くしてしまうと、開放 […]

続きを読む

天井裏と梁の関係

梁と設備と天井裏と

鉄筋コンクリート造(RC造)では、柱や梁が構造体になり、スラブもやはり構造体として鉄筋コンクリートで構成されることになります。 スラブにかかる荷重は梁に伝達され、その荷重は柱に伝達されることになる為、梁というのは構造上非常に重要な役割を担うことになってきます。 構造体としての梁は、梁の巾や高さ(梁成と呼びます)が大きければ大きいほど、建物にかかる荷重に対して強くなっていきます。 もちろん梁巾と梁成 […]

続きを読む

杭と支持層との関係例

杭工事との取合

前回は建物の荷重を支持層まで伝達する役割を持つ「杭」について色々書いてみました。 杭の種類については調べていくと色々あることが分かりますが、どのような材質であっても杭の持っている役割が変わることはありません。 支持層の条件やコストや工期などによって、どのような杭を選定するかを決めるだけの話で、根本的な杭の役割は同じです。 そういった意味で、杭の種類とか実際にどのような工法で施工をするのか等を覚える […]

続きを読む