• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

鉄筋の仕様について考える

鉄筋コンクリート造(RC造)が実際どのような流れで施工されていくのか、というあたりの話を前回は取り上げました。
まずは型枠を組み立てて、型枠の中に入るように鉄筋を組み立てた後でコンクリートを流し込む、というのが基本的な流れになります。

そうした流れを考えると、鉄筋コンクリート造(RC造)の納まりを考える為には、型枠と鉄筋の事をきちんと知っておくことが重要、ということになるはず。
と言うことで、ここではまず鉄筋についての色々な話をしてみたいと思います。

以前簡単に説明をしましたが、ひとくくりに「鉄筋」と言っても色々な仕様がありますので、まずはその分類を知っておくことからスタートです。

□丸鋼(まるこう)
断面形状が円形になっている鋼製の棒を丸鋼と呼びます。丸鋼のイメージはこんな感じです。

丸鋼

鋼材には成分によって色々な種類があり、丸鋼で言えば一般構造用圧延鋼材と呼ばれる「SS400」が一般的に使われています。
あまり鉄筋コンクリート造の構造体として使用されることはありませんが、使用する場合は丸の径と鋼材の仕様などを構造設計で細かく検討したものを使用することになります。

□異形棒鋼(いこうぼうこう)
断面形状が円形になっているのは丸鋼と同じですが、外側に凹凸の節が設けられているものを異形棒鋼と呼びます。
異形棒鋼のイメージはこんな感じです。

異形棒鋼

建築関係の仕事をしている中で「鉄筋」と言えば自動的にこの「異形棒鋼」の事を指す、というくらい一般的な材料なので説明はいらないかも知れませんが…
こちらも構造設計者によって鋼材の仕様と径が指定されるので、柱や梁・壁などの部位によって様々な仕様の異形棒鋼を使い分けていくことになります。

異形棒鋼の仕様についてとりあえずサイズ的な話だけをすると、鉄筋径としては以下のような規格のサイズが用意されています。

D10
D13
D16
D19
D22
D25
D29
D32
D35
D38

この「D10」などの数値を「呼び径」と言います。
異形棒鋼は外側に凹凸があるので、どこで計測するかによって外形寸法は少しずつ変わりますが、大雑把に言ってしまえば呼び径=鉄筋径という感じになります。

細かく言えば、最も出っ張っている部分の寸法は呼び径+1mm~5mm程度になり、径が大きくなればなる程プラスされる数値が大きくなる傾向にあります。
この呼び径と外形の関係についての細かい関係は、鉄筋の納まりを検討する際に重要になってきますが、ここでは「鉄筋にはこんな規格があるのか」くらいの認識で大丈夫です。

コンクリートと鉄筋を組み合わせた鉄筋コンクリート造(RC造)において、鉄筋は主に引張り力に抵抗する為に配置されます。
圧縮される方向の力に対して鉄筋はあまり有効に働きませんが、これは細長い鉄筋が両側から押されて曲がってしまう状況をイメージして頂ければ分かりやすいかと思います。

例えば柱ですが、柱には引っ張る力がかからないような気がしてしまいますが、実際には縦方向に過重がかかった際に座屈しようとする力が柱にかかります。
その際に縦方向に鉄筋が配置されていれば、引っ張る方向の力に強い鉄筋が柱にかかる力に対して抵抗する、というようなイメージです。
梁でも考え方は同様で、過重がかかった際に梁の中央には大きな引っ張り力がかかりますので、その力に抵抗する為に鉄筋が配置されます。

このように、鉄筋コンクリート造ではコンクリートの中に鉄筋がどのように納まっているかを知る、ということが非常に重要になってきます。
逆に考えると、鉄筋に関する知識と納まりを覚えてしまえば、RC造の納まりについてはある程度掴むことが出来たとも言えます。

しかしそれはあくまでも構造体の納まりだけの話です。
仕上の納まりを覚える前にまずは構造体について覚えるという事で、次回はもう少し鉄筋の基本納まりについて説明をしてみます。

関連記事

  1. 生コン打設
  2. 型枠のイメージ
  3. 構造体とコンクリート面
  4. 鉄筋のかぶり
  5. コンクリート杉板化粧打放し
  6. 天井裏