• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

鉄筋コンクリートが持っている特徴

前回は鉄筋コンクリート造を構成する重要な部材のひとつとして、鉄筋についての簡単なイメージを紹介してみました。
引っ張る方向の力に対して弱いコンクリートを補強するため、引っ張る方向の力に対して強い鉄筋をコンクリートと併用していく、というような話でした。

鉄筋とコンクリートがお互いの欠点を補い合うことで、様々な方向の力に抵抗する構造体となる事が出来る。
これが鉄筋コンクリート造の基本的な考え方になっていて、結局最終的には隠れてしまう部材ではありますが、鉄筋は構造体として非常に重要な役割を担っている事になります。

また、納まりとしてはS造やSRC造などに比べると、比較的分かりやすい部分が多いので、まずはRC造の納まりを覚えた方が良いという話もありました。
もちろんRC造が簡単だという話では全然ないのですが、鉄骨などの専門的な部分から入るよりも、コンクリートの方がまだ分かりやすいので…

S造に比べるとRC造の方がまだ勉強しやすいので、まずはRC造から覚えていき、その後でS造について勉強していく。
このような考え方は、実際に様々なパターンの構造体について経験したことがある方であれば、よく分かって頂けるのではないかと思います。

S造・SRC造で使用される鉄骨という部材は、鉄骨の規格などに関する知識にプラスして、溶接のやり方などの深い知識がどうしても必要になってくるんです。
そうなると少々スタート地点の敷居が高いというか、鉄骨にはうかつに手を出しにくいというイメージがあるので、まずは覚えやすい構造から始めた方が良い、という考え方です。

もちろん最終的には全部の構造について覚えることになるはずなので、長い目で見ればどの順番でも変わらないのですが…
そうはいっても最初から難しい話では躓いてしまうので、まずはRC造についての話から覚えていくことにしましょう。

鉄筋コンクリート造(RC造)の大きな特徴は「現場でコンクリートを固めて建物の骨組を造っていく」という部分にあります。
コンクリートを固めるということは、柔らかい状態のコンクリートを流し込む為の器が必要になって、それを事前に用意しておくことがまずは必要になってきます。

このあたりの手順がRC造のメリットでもあり、逆にデメリットでもあると言えます。
「現場で」という部分がポイントで、実際にコンクリートを打設するまでにかかる手間が大きいという部分と、コンクリートを打設するまでにある程度時間があるという部分。
このあたりが鉄筋コンクリート造の大きな特徴だと言えるでしょう。

生コン打設

また、たとえS造の建物を計画していたとしても、地下や基礎などの土に面する部分については、鉄骨ではなく鉄筋コンクリートがどうしても必要になります。
建物の基礎というのは建物の過重を支持層である硬い地盤に伝えるために必要な構造で、基礎が持っているその特徴から、必ず土に面する部分が必要になってきます。

土というのは基本的に水分を含んでいるもので、そこに雨が降った場合などでは、土に含まれる水分量が大きくなっていくのは当たり前の事ですよね。
要するに外部に面している訳ですから、そこに構造体としての鉄骨が常にあるというのは、錆の問題があるので建物の構造としてはあり得ないということになる訳です。

だからこそ、S造であっても建物の基礎まわりはどうしてもRC造になっていて、結局はどのような構造の建物であっても、RC造の知識は必要になってくるはず。
あらゆる建物で鉄筋コンクリートの納まりは出てくることになってきて、RC造はどのような建物でも必要になる基本的な構造だと言えるでしょう。

また、鉄筋コンクリート造の基本をしっかり覚えておくと、その知識がそのまま鉄骨鉄筋コンクリート造で生きてくることに繋がっていきます。
基本が出来ていると応用が効く、ということですから、まずはこのカテゴリを読んで鉄筋コンクリート造の納まりを覚えておきたいところです。

関連記事

  1. 目地を作る手順
  2. 不明
  3. 崩れる
  4. 重ね継手
  5. 機械式継手
  6. 配管とスリーブの関係