• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

型枠について考える

鉄筋コンクリート造の施工がどのような手順で進んでいくのかを知る事によって、納まりのポイントなどが見えてくる。
前回はそんな主旨のもと、施工の手順を大雑把ではありますが紹介してみました。

例えば壁の型枠などでは、両側の型枠を先に組み立ててしまうと鉄筋を入れることが難しくなるので、型枠と鉄筋の施工手順が少し複雑になったりします。
具体的には 片側の型枠 → 鉄筋の組み立て → 反対側の型枠 という施工の流れになる訳ですけど、こうした細かい手順は別としてもっと大雑把に考えると…

型枠と鉄筋を配置した後でコンクリートを流し込んで待つ、という流れになります。

型枠のイメージ

コンクリートを流し込んだ時にかかる圧力はかなり大きくなるので、その力によって型枠がバラバラにならないように、きちんとした固定をしていく必要があります。
そのあたりは型枠について説明をする際に詳しく取り上げていくつもりですが、綿密な計算を元にして型枠は計画されていきます。

また、型枠は基本的にある程度平滑な面に建てていく必要があるので、床がない部分に型枠を組み立てたりすることはあまり現実的な話とは言えません。
型枠を建てるにしても、建てる為にはある程度固定する事が出来る相手が必要になってきて、それが床のコンクリートになる場合が多いんです。

とは言っても、いざコンクリートの形状を検討していくと、床コンクリートがない状態でも型枠を建てたくなってくる場合が結構あります。
これは型枠の形状を実際に検討してみると実感することだと思います。

意匠的な事を考えると、複雑な形状のコンクリートを作っておきたくなる場合もあって、実際にそうしたコンクリート形状を実現すべく計画をすることも多いです。
しかし、実際にどうやって型枠を作って固定していけば良いのかなどを考えていくと、それがあまり現実味のない計画だということに気が付いたりします。

現実の施工を考えると、まずはここまでコンクリートを打設しておいて、コンクリートが硬化した後でその上に型枠を建ててもう一度打設するとか。
型枠を固定する相手がいない場合には、このように分割してコンクリートを打設していくしかない状況というのも結構あります。

このように、型枠の計画はなかなか難しいものがあるのですが、このあたりの施工計画に関わる話は、設計者にとってはあまり大きな問題にはなりません。
こうした施工順序などの検討は設計者ではなく施工者が進めるものであり、設計者は「こうしたい」という方針を示す役割を担っていますから。

実際問題としてそこまで検討しながら設計を進めるのは難しいというか「こうしたいけど施工出来るかどうか…」なんてやっていると設計が進まなくなります。
それに、施工方法を念頭に置きながら設計をしたとしても、設計者は実際に施工をしない訳ですから、施工のノウハウを持っていないので、あまり深く検討することが出来ないという話もあります。

なので、一般的な流れとしては以下のような感じになります。

・設計者が建物の方針を示す

  ↓

・それをベースに施工者が施工手順を検討

  ↓

・施工が上手くいかない部分があれば施工者と設計者とで調整

  ↓

・意匠的にも施工的にも問題ない方針で施工を進める

こうした調整はコンクリート打設に限らずどの工事でもあるのですが、一度打設して硬化した後でやり直すのは結構大変な作業になります。
そう言った意味では、やり直しがしにくいコンクリート工事では、事前の検討というのが特に重要な要素になってくる訳です。

「ここまでは施工でも頑張るけどこの形は出来ない」とか「それならばこう出来ないか?」みたいな話が色々出て、その建物にとってベターな形状を考えていく作業はなかなか楽しいものです。
これは確かに大変な業務ではありますが、こうした調整は建築現場の醍醐味と言えるでしょう。

関連記事

  1. シンプル
  2. 鋼製型枠設置例
  3. 記憶
  4. 打継ぎ部分の断面図
  5. 出隅形状色々
  6. 構造体とコンクリート面