• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

鉄筋の基本となるルール

前回の話では、柱・梁・壁の鉄筋がどのような関係になっているのかを覚えてしまう事と、部位によって呼び方が色々あって困るという話を取り上げました。
鉄筋の部位ごとの呼び方については私も正直言ってあまり自信がありませんが、呼び方よりも納まりを覚える方が先という話もしてきました。

もちろん理想的な事を言えば全てを一気に覚えるのが良いのですが、それが難しい場合には優先順位をつけて覚えていくしかありません。
そうやって考えた時には、鉄筋の呼び方というのはもう少し後で覚えても良いのかな、という感じになってきます。

さて、こうした鉄筋の基本的な配置(と一応は呼び方)を覚えたら、次のステップとして「かぶり」と「定着」と「継手」について知っておく必要があります。
鉄筋の納まりを覚えるにあたって、かぶりと定着、そして継手に関する話は避けて通ることが出来ない項目ですから、ここである程度考え方を覚えてしまいましょう。

記憶

鉄筋については、「納まり」の検討という意味ではここからが本番という感じです。
それぞれの項目についてはもう少し細かく説明をしていきますが、ここでそれぞれの言葉について簡単にではありますが説明をしてみたいと思います。

□かぶり

鉄筋の外面がコンクリートの表面からどのくらい埋め込まれているか、という寸法を指して「かぶり」と呼びます。
鉄筋は鉄で出来ているので、ある程度コンクリートの中に入っていないといけない、という意味で被り寸法は重要になってくるんです。

構造設計をする際には、それぞれの場所でどの程度のかぶりを最低限取らなければならないか、という数値が記載されることになります。
一般的には40mm程度の寸法をがぶり寸法として見込むことになりますが、例えば地中にある梁や基礎などはこれよりも多く70mm程度確保したりします。

鉄筋コンクリート造の構造を考える際には、この「かぶり」を守ることがまずは大前提となり、それを守ることが出来ない場合は後々の性能劣化を招くという重要な項目になります。
コンクリートの外面サイズと鉄筋の仕様を見た時に、かぶりを考えると全然納まらないという場合も結構ありますので、きちんとかぶりを押さえておく検討が必要になります。

□定着

鉄筋コンクリート造では、柱や梁や壁などの構造体が単独で存在してもあまり意味がありません。
大梁であれば柱にきちんとつながっている必要がありますし、小梁であればきちんと大梁のつながっている必要がある、というようにそれぞれの部材を繋げていく必要があるんです。

そうしないと、それぞれの部材にかかる荷重を次の部材に伝達することが出来ませんので、建物の骨組みがそもそも成り立たなくなることになります。
コンクリート自体は柱と梁でつながっていますから、構造的につながるということはつまり鉄筋がしっかりと接続されているという事です。

柱と大梁の関係で言えば、大梁の主筋を柱の中にのばしていくことを「定着」と呼び、どのくらい主筋を柱の中に飲み込ませているかを「定着長さ」と呼びます。
この長さが確保出来ていないと構造体として成立しませんので、鉄筋の納まりを検討する際には最も気をつけなければならない項目になります。
□継手

鉄筋というのは製造する際の限界とか運搬出来る限界などによって、ある程度長さ方向の最大値が決まってしまうものです。
とは言っても建物のサイズは鉄筋の限界長さによって小さく出来るものではありませんので、どこかで鉄筋をつなげて使っていくしかないという状況があります。

高層建築物の高さにあわせて50mの長さを誇る鉄筋を用意した、とか言われても、工場から建築現場に運ぶことすら出来ませんよね。
そもそも現場での施工は通常1フロアずつ進むものですから、施工にあわせて少しずつ鉄筋を伸ばしていく必要があって、結局はそんな長さの鉄筋は使えないんです。

そう言った意味で、鉄筋と鉄筋をつなげて使っていくことはどうしても発生するもので、鉄筋同士を接合していくことを「継手」と呼びます。
継手にはいくつかの種類がありますが、それは継手の項目で詳しく説明することにして、まずは継手の考え方だけをここでは説明します。

関連記事

  1. 天井設備配管
  2. 構造体とコンクリート面
  3. 増し打ちが大きい場合
  4. 打継ぎ部分の断面図
  5. 配管とスリーブの関係
  6. コンクリート杉板化粧打放し