• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

鉄筋コンクリート造(RC造)の記事一覧

崩れる

型枠がしっかりしてない場合

鉄筋コンクリート造(RC造)の建物を施工する際には、まず建物の骨組みを造っていくところから工事はスタートします。 そこから色々な仕上工事に進んでいく事になりますが、まずは建物の骨組みであるコンクリートを打設していく事を考えていきます。 建物の骨組みを作っていく際いには、構造体の位置に合わせて鉄筋を配置していき、コンクリートの形状にあわせて型枠を組み立てていくという流れで進んでいきます。 鉄筋の組み […]

続きを読む

増し打ちが大きい場合

増し打ち部分の鉄筋について

鉄筋コンクリート造の構造体と最終的なコンクリート形状というのは、意匠的な納まりを考えた時に少し違ってくる事になります。 その場合は構造体のサイズを確保しつつ、コンクリートを余分に打設する事になり、そうしたコンクリートを「増し打ち」とか「フカシ」と呼ぶ。 …というような話を前回は紹介しました。 構造体サイズという前提条件をを守っていれば、増し打ちについての条件というのは特にありませんが、あまりにも大 […]

続きを読む

タイル仕上と構造体の関係

構造体と鉄筋の深い関係

鉄筋コンクリート造(RC造)の骨組みを構成する要素として「構造体」があって、実際に施工するコンクリートの大きさは「構造体」よりも少し大きくなる傾向にあります。 構造体というのはあくまでも建物を構成するために必要となる最低限の大きさなので、建物の見た目などを考えた際に、少し調整する場合が多いんです。 という話を前回は紹介しました。 「構造体」の大きさと「実際のコンクリート」の大きさは違ってくる場合が […]

続きを読む

構造の検討

構造体という考え方

鉄筋コンクリート造(RC造)を構成する要素として、鉄筋についての話と型枠についての話を大まかにではありますが説明してきました。 まだ概要的な話だけですから、細かい納まりがどうなるなどの解説は出来ていませんが、鉄筋コンクリートがどのような構成になっているか、雰囲気は掴めたかと思います。 納まりの詳細について考える前に、鉄筋コンクリート造で非常に重要な要素になる「構造体」という考え方を知っておく必要が […]

続きを読む

鋼製型枠設置例

鋼製型枠の使いどころ

コンクリートを流し込む為に組み立てられる型枠は、一般的には12mm厚の合板が利用されることが多いのですが、その理由はいくつかあります。 ・木なので現場での加工が可能 ・安価なのでコスト的なメリットがある ・コンクリートが硬化した後の解体が楽 これらのメリットの中で大きいのが、木という材料の特徴である「加工と解体のやりやすさ」なのですが、場所によってはそうした特徴があまり強みにならない場合もあるんで […]

続きを読む

型枠の詳細

型枠とは何か

鉄筋コンクリート造(RC造)を構成する要素は何かというと、ちょっと読んだままになってしまいますが…鉄筋とコンクリートということになります。 鉄筋コンクリート造を構成する要素のひとつとして、鉄筋についての基本的な話を前回までは取り上げてきましたので、次はコンクリート関連の内容を取り上げていこうと思います。 鉄筋コンクリートでは「コンクリートをどのような形状に造っていくか」という部分が、見た目の問題も […]

続きを読む

機械式継手

継手の種類はいくつかある

前回から鉄筋の継手方法について説明をしてきて、重ね継手の考え方だけしか説明出来ていないので、今回はその続きです。 □ガス圧接継手 読んだままの説明になってしまいますが、鉄筋の端部同士をガス圧接によって接合していく方式をガス圧接継手と呼びます。 ガス圧接とはなにかというと、鉄筋の端部同士を付き合わせて押し合いながら、1200℃~1300℃程度に加熱していく事で鉄筋同士をつなげていく、という考え方です […]

続きを読む

重ね継手

鉄筋の継手(つぎて)

前回までの話では、鉄筋コンクリート造の構造体で欠かす事が出来ない項目である「鉄筋の定着」について色々と説明をしてきました。 どこまで図面で鉄筋の納まりを検討するのか、という問題はあるものの、ある程度難しそうな部分については事前に図面で検討しておいた方が良い場合も多いです。 検討した図面の通りに実際施工出来る訳ではない、というのは間違いありませんが、その逆は間違いなく現実になってしまいます。 つまり […]

続きを読む

鉄筋の納まり

鉄筋の定着検討をする際に

前回は鉄筋コンクリート造の構造体をきちんと成り立たせる為の重要な条件として「定着」と「定着長さ」という考え方を紹介しました。 かぶりがとれている事と、きちんと定着ながさが確保出来ている事が、まずは鉄筋コンクリート造の構造体として絶対に求められる条件になります。 鉄筋の定着について検討を進めていくと、これは実際にやってみるとすぐに分かるのですが、それぞれの鉄筋がぶつからないようにするのが非常に難しい […]

続きを読む

柱と梁の配筋(悪い例)

鉄筋の定着(ていちゃく)

前回は鉄筋納まりの大きなポイントである「かぶり」について考えてみました。 納まりを検討する際には、まずはかぶりを確保することを前提にして検討を進める事になりますが、かぶりはそれくらい重要な要素なんです。 今回は引き続き鉄筋納まりの重要な要素についての説明をしていく事にして、「定着」という考え方を取り上げてみたいと思います。 かぶりという要素の重要ではありますが、今回紹介する「定着」という考え方は、 […]

続きを読む