• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

ひび割れ誘発目地と仕上の関係

前回はひび割れ誘発目地が性能を発揮する為に必要な条件と、その場合の具体的な納まりについて説明をしました。
欠損率20%以上を確保するというのは、実際に検討をしてみると目地だけではどうにもならない場所が多いので、施工者であれば結構苦労をするのではないかと思います。

誘発目地が確実に機能するかを確認しながら検討していくのは結構面倒で、さらに仕上の事を意識して位置を決めていく必要もあるのでなかなか大変なんです。
とは言っても、この誘発目地がきちんと入っていないと、後々ひび割れが思わぬ場所に発生するなどでもっと大変になるので、しっかりと計画していくしかありません。

ちょっと「面倒」とか「大変」とかネガティブな事を書いていますけど、プロの仕事というのはこうして重大だけど実際の作業としては地道で手間がかかる、というものが多いです。
私は建築業界でしかこうして深く突っ込んで仕事をした経験はありませんが、恐らくどのような職種であっても地道で手間がかかるけど重大な業務というのはあるのだと思います。

これから建築関係の仕事に就こうと考えている方がこれを読んでくれていたら、こうした地道だけど重要な業務を積み重ねて建物が出来上がる、という事を覚えておいて欲しいです。
確かに「外壁の仕上を何色にするか」みたいな業務の方が分かりやすくて楽しいですし、結局誘発目地はこうした仕上材に隠れてしまうことになるのですが…
建物を構成する要素として、意匠的な部分で外壁の仕様も確かに重要ですが、建物の性能を確保するという業務はそれ以上に重要なものですから。

…と、少々話がそれてしまいました。
ひび割れ誘発目地の納まり検討については、先ほども書いたように主に施工者側の検討になりますけど、意匠設計者としても目地の位置は気になるものです。
完全に隠れてしまうにしても、外壁の納まりによっては仕上を意識して目地の位置を決める必要があるので、やはり施工段階で設計者と施工者とで調整をしていくことになります。

と言うことで今回は、ひび割れ誘発目地の位置を決めるにあたり、最終的な仕上との関係がどのようなものになるのか、というあたりについて考えてみたいと思います。
まずは外壁の仕上材によって誘発目地の位置が少し変わってくるので、外壁仕上で割と採用されるパターンを幾つか挙げてみます。

・タイル

・石

・金属パネル

・コンクリート化粧打放し

建築の仕上材は色々とありますから上記の4種類で全部を網羅したとは言えませんが、割合として多いのはこれらの仕上材ではないかと思います。
コンクリート化粧打放し仕上以外の仕上は、コンクリートに対して別の部材を貼っていくという考え方になるので、結局ひび割れ誘発目地は仕上材の裏に隠れてしまいます。

そう言った意味では、ひび割れ誘発目地の位置は意匠的にあまり気にしても仕方がない、ということになってしまう気もしますが…

基本的な考え方として、ひび割れ誘発目地には最終的にシーリング処理をすることによって、例えひび割れが発生した場合でも、水がコンクリートの中に入る可能性を減らしているんです。
シール処理をした後ではこのような状態になります。

誘発目地の外壁側仕上

こうした納まりになるという事は、特にタイルなどコンクリートに直接仕上材を貼るような場合に、ひび割れ誘発目地の位置が非常に重要になってきます。
特に外壁仕上材について考えずにひび割れ誘発目地の位置を決めた場合、ほぼ間違いなく下図のような状態になると思います。
これはダメな例です。

目地とタイルの関係

これで何がダメなのかというと、シールの上というのは基本的にタイルを施工する為のモルタルを塗ることが出来ないので、誘発目地の部分でタイルが剥がれてしまう危険があるということ。
仮に7階建ての最上部でタイルが剥がれてしまった場合、下に人がいると考えると大惨事になることが容易に想像出来ますよね。

このあたりの話は次回にもう少し続きます。

関連記事

  1. 曲面型枠の例
  2. 異形棒鋼
  3. 記憶
  4. 出隅形状色々
  5. 天井裏
  6. 不明