• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

誘発目地の納まり

前回はひび割れ誘発目地の基本的な考え方と、ひび割れ誘発目地を具体的にはどのあたりに入れるのかという話を取り上げました。
ひび割れが入りやすい部分に誘発目地を入れることによって、ある程度狙った位置にひび割れを発生させることが出来る、という考え方でした。

もちろん具体的なひび割れ誘発目地の位置は、表面の仕上材が何なのかによって変わってくるものですから、仕上との微調整が必要になってくるのは間違いありませんが…
具体的にひび割れ誘発目地の納まりがどのようなものか、構造的な考え方とあわせて説明していくことにします。

まずはひび割れ誘発目地の基本的な形状から。

一般的な目地の形状

ひび割れ誘発目地はこのような形状のものを指しています。
この溝形状の部分を「目地」と呼び、コンクリートを打設する際に「目地棒」と呼ばれるものを型枠に付けておくことで、このような溝を作ることが出来ます。

目地棒はこんな感じの商品で、場所によって使い分けが必要になったりするので、様々なサイズの商品が用意されています。

目地棒のイメージ

こうして目地棒で作った目地に、計画的にひび割れを誘発させることから、ひび割れ誘発目地という呼び方になっているんです。

まずはこの目地部分にひび割れが確実に入るようにする事が重要になってきます。
ひび割れを誘発させるという目的を果たすことが出来なければ、わざわざ目地を入れる意味がないのでこれは当然のことですよね。

ただ、溝の深さが壁に対して影響力があるくらいの割合になっていないと、狙った場所にひび割れはきちんと入ってくれません。
コンクリートが乾燥していく際の収縮で、この誘発目地に狙い通りひび割れを誘発させるには、壁の厚さに対してある程度の目地深さが必要になってきます。

目地の深さをAとし、壁の厚さをBとした場合、A/Bの割合が20%以上になるような目地の深さ、というのが一般的な誘発目地の考え方です。
ただしここで注意しておきたい点がひとつ。

コンクリート壁に対して一定の割合で目地が必要とは言っても、構造図に示されている壁の厚さは確保しておかなければならないんです。
なので、目地を入れるとしても壁の構造体の厚さは確保しておき、目地の深さ分だけ増し打ちするというような考え方になります。

外壁目地のイメージ

図にしてみるとこんな感じ。
点線で描かれたラインが実際の壁の構造体になっていて、その外側にある20と寸法が記入された部分は増し打ちで、そこに目地を入れているという考え方です。

コンクリートに目地を入れたり欠き込みを入れたりする事自体は、仕上の納まりを意識するとどうしてもやりたくなってしまうものです。
しかし構造体は建物の荷重を支える為の重要な部材ですから、仕上の都合でその大きさを削ることは出来ないんです。

これは壁であっても柱であっても梁であっても同じですから、今後各所納まりの検討をしていく際には気をつけておきたいところです。
以前スリーブについての説明をした際にも、事前に位置を決めて開口補強をする必要がある、という説明をしましたが、単純に穴を開けるだけでは構造体としてNGだから補強する訳です。

ひび割れを誘発したい部分に目地などを入れ、コンクリートの厚みを薄くしてひび割れを誘発する訳ですが、どれだけ薄くしたかの割合を「欠損率」と呼びます。
欠損率は先ほどの例で言えばA/B×100になるので、欠損率が20%以上あればひび割れ誘発目地として成立することになる、というのがまずは基本ルールになります。

具体的な数値で挙げてみると、目地の深さが表20と裏20で合計40、壁の厚さが190の場合は40/190なので欠損率は約21%となり、この場合は条件を満たしていることに。
しかし目地の深さが同様に40でも、壁の厚さが240になってしまった場合には、40/240ですから欠損率は16.7%程度となってしまいNGです。

NGならば目地の深さを大きくすれば良いのでは?
…と思ってしまいますが、先ほども紹介したように目地棒の商品ラインナップには限りがあるので、目地を自由自在に深くしていくのは難しく、別の手段を考えていく必要があります。

関連記事

  1. 施工スピード
  2. 垂直スリット詳細図
  3. 天井裏と梁の関係
  4. 誘発目地の外壁側仕上
  5. 打継ぎ部分の断面図
  6. 柱と梁の面を変えて納める