• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

ひび割れ誘発目地とは何か

鉄筋コンクリート造(RC造)の建物では、コンクリート内の水分が乾燥していくことによって表面にひび割れが発生することがある、という話を前回は取り上げました。
建物の見た目が悪くなるという点も大きな問題ですが、ひび割れから水が入って鉄筋が錆びてしまう事が建物の性能として大きな問題になってきます。

見た目と性能どちらも重要な要素ですから、それが欠けてしまうとなると建物の価値は大きく下がってしまうことになります。
建物を設計・施工する段階で考えるべきなのは、その建物が長期間にわたり便利に利用される事ですから、建物が性能を発揮できないような状態にならない為の方策が必要になってきます。

と言うことで今回は、コンクリートのひび割れ対策として最も有効で、絶対にやっておかなければならない「ひび割れ誘発目地」の計画を紹介していこうと思います。
まずはひび割れ誘発目地の基本的な考え方ですが、コンクリートにひび割れが入ってしまうのは仕方がない、というところからスタートしています。

・コンクリートには必ず収縮によるひび割れが入る

・かと言って自由にひび割れが入る状況では見た目が悪い

・建物の性能的にもひび割れの場所が分からないとコントロール出来ない

・だからあらかじめ「ここにひび割れが入る」という場所をつくっておく

どんなに頑張って施工をしてきちんとしたコンクリートを打設したとしても、乾燥収縮によるひび割れをなくすことは残念ながら出来ません。
実現不可能と思われる問題に挑戦していくことも大事ですが、こうして問題があることを前提としてその対処を考えることも非常に有効ではないかと思います。

そうした考え方をベースにして、ひび割れをなくすために色々と頑張るのではなく、ひび割れが入ることを前提とした計画をしていく、という考え方がひび割れ誘発目地の発想です。
鉄筋コンクリートの壁にはひび割れが発生しやすい場所というのがあります。

・動きが異なる柱付近

・窓などの開口がある部分

・大きな面積の壁

図面で表現するとこのような部分にひび割れが入りやすくなっています。

ひび割れが入りやすい部分

こうしたひび割れが入りやすい場所に誘発目地を設けて、そこにひび割れが集中して入るように計画し、ひび割れが入っても大丈夫な納まりで施工をしていく訳です。
上図にひび割れ誘発目地を入れるとしたら、恐らくこのような位置になってくるはず。

外壁に目地を入れた例

これは単純にひび割れのことを考えて入れている誘発目地ですから、もしこれがコンクリート化粧打放し仕上などで見えてくるようであれば、もう少し意匠的にも検討しなければいけませんが…
結局ひび割れが発生して見映えが悪くなるようであれば、あらかじめ誘発目地を入れておいた方が最終的には見映えが良いことになります。

こうした計画をしている建物は結構あります。

外壁目地の例

誘発目地を入れたからと言って大きく見映えが悪くなる訳ではないので、建物を長い目で見て計画していくのであれば、このように誘発目地を入れる方が正解だと思います。

建物が竣工した直後はあまりひび割れが目立たないので、建物の完成だけを考えてしまうと誘発目地は入れたくないという気持ちになったりします。
そうした気持ちは当然私にも分かるのですが、やはり建物を設計する際には、建物が運用された数年経った後のことも考えるべきだと私は考えています。

誘発目地の基本的な考え方についてはこれでだいたい説明出来たと思うので、次回は具体的な誘発目地の納まりや構造的な考え方について説明をしていきます。

関連記事

  1. 重ね継手
  2. 天井裏
  3. トラブル
  4. 生コン打設
  5. 配管とスリーブの関係
  6. 崩れる