• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

梁と設備と天井裏と

鉄筋コンクリート造(RC造)では、柱や梁が構造体になり、スラブもやはり構造体として鉄筋コンクリートで構成されることになります。
スラブにかかる荷重は梁に伝達され、その荷重は柱に伝達されることになる為、梁というのは構造上非常に重要な役割を担うことになってきます。

構造体としての梁は、梁の巾や高さ(梁成と呼びます)が大きければ大きいほど、建物にかかる荷重に対して強くなっていきます。
もちろん梁巾と梁成の比率も重要になってきて、どちらかと言うと梁の高さ方向の寸法(=梁成)が大きい方が構造体としては有効に作用します。

そうした理由から、建物を構造体を構成する梁に関しては、特に柱と柱の間に配置される大梁である程度梁成が大きくなってしまう傾向にあります。
もちろん建物の規模というか梁がかかるスパンによっても違いは出てくるものの、大梁の梁成は600~1000程度まで大きくなってくる場合が多いです。

ここまでは建物の構造として割と当たり前の話になっていると思いますが、もちろん建物というのは構造体だけで構成される訳ではないので、別の要素についても検討していく必要があります。
もう少し具体的に言うと、構造体である梁の高さにによって大きな影響を受けるのが、通常は天井裏に配置されることになる設備関連の要素になってきます。

構造体として梁成が大きくなってくると、どうしても天井裏のスペースが狭くなってしまうことになって、それが設備に影響を与える事になる。
こうした状況を断面図で表現してみると下図のようになって、天井裏に梁が隠れていることがこの図面からは読み取れると思います。

天井裏と梁の関係

建物を利用する人が活動する範囲と、人の目に触れない天井裏と呼ばれる範囲がある訳ですが、出来るだけ広くとりたいのはやはり人が活動する範囲という事になります。
階高はある程度決まってくる中で、人が活動する範囲を広くとりたいという事になると、残った部分である天井裏がどうしても小さくなりがちなんです。

それならば階高を高くすれば良いのでは、という意見もありますが…
建物を設計する際の条件として「建物の最高高さ」というものがあります。
どうも「高」という文字がダブっていて違和感がある言葉ですが、建築関連の言葉として一般的に利用される言葉なので仕方がありません。

建物の最高高さは、敷地の区分とか敷地と道路との関係などによって決まってくるもので、そうした条件によって建物の高さは制限される事になるんです。
もう少し単純な表現をすると、自由に建物の高さを決めて良い訳ではない、という事になります。

建物の高さに制約がある中で、建物として色々な部屋を盛り込みたいと思えば、出来る限りフロア数を増やしたくなるのは当然のことでしょう。
同じ高さの建物であっても、例えば6階建ての建物よりも7階建ての建物にした方が結果的に床の面積が増えることになり、部屋をたくさん用意することが出来ますから。

こうした考え方があるので、どうしても天井裏のスペースに余裕がある建物というのは設計することが出来ないものなんです。
ただ、自分が利用する建物を設計してもらうことを考えた時には、やはり見えないところは最小限にして欲しいと思うはずです。

そう言った意味では、天井裏スペースが狭い建物というのは、施主が望む建物という事が言えて、その方向性を設計者としても守っていく事になる訳です。
「この建物は天井裏のスペースを第一に考えました」とか設計者から言われても、施主としては「なぜですか?」となってしまいます。

建物を利用する事を自分の目線で考えると、やはり使用するスペースを広く取った方が良いのは間違いありませんよね。

関連記事

  1. 記憶
  2. 打継ぎ部分の断面図
  3. 鉄筋のかぶり
  4. 機械式継手
  5. 壁配筋
  6. 天井裏