• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

アーカイブページ

どうしても調整業務は出てくる

納まり検討や調整をしない場合

前回は施工段階で細かい納まりの検討や調整がなぜ必要になってくるのか、というあたりの理由について考えてみました。 基本設計や実施設計の段階では、まず優先されるべきなのは建物のプランやスペックなどを決めていく事なので、細かい納まりは少し優先順位が低い状況でした。 設計段階ではなかなか細かい部分の調整までは難しい状況になるので、施工者とメーカーが決まった段階で順番に調整をかけていく。 今の設計者や施工者 […]

続きを読む

まだまだ調整が必要な状態

納まりを検討するにあたって-2

前回の話が途中なので引き続き… そうした流れから、ある程度のレベルまで調整が出来ている、という感じで設計図としてはまとまる事になる場合が多いです。 そこまでまとめるにも膨大な作業量が必要になるはず。 そうした状況の中で、細かい部分で後々致命的な問題になりそうもない部分については、優先順位を考えるとなかなか調整しきれない、という現実があります。 設計図が発行されるのは大体このあたりの状況になる場合が […]

続きを読む

ポイントを押さえておく

納まりを検討するにあたって-1

今までのカテゴリでは、床・壁・天井、そしてそれぞれの取合部分など、様々な部分の納まりについての解説をしてきました。 床・壁・天井の納まりについての話と、床仕上材と壁仕上材が取り合う巾木部分の納まり、そして壁仕上材と天井仕上材が取り合う廻り縁部分の納まり。 当たり前の話ですが、簡単にとひとくくりには出来ないくらいのボリュームで、様々な納まりのパターンは存在しています。 それぞれの部分について詳しい話 […]

続きを読む

壁天井取合いは色々ある

壁と天井との関係まとめ-3

□下り壁と天井との関係 廻り縁納まりは基本的に「入隅」の納まりでしたが、天井に段差が付く部分や吹抜けに面する天井などでは「出隅」の納まりになる場合もあります。 そこで通常の廻り縁を採用すると変な感じになる場合が多いので、その部分は特殊なパターンという事で、特に納まりの検討が必要になってきます。 下り壁用の塩ビ見切も既製品として用意されていますが、なかなか見た目として意匠設計者の好みに合わない場合が […]

続きを読む

十手廻り縁の目透かし寸法をチリに合わせた場合

壁と天井との関係まとめ-2

□天井の納まりによる違い 天井仕上材によって廻り縁の形状は少しずつ違ってきます。 また、天井仕上材を軽量鉄骨天井下地に直接張っていくタイプなのか、石膏ボードを1枚張ってから天井仕上材なのかによって、廻り縁の納まりは少し違ってきます。 結局は廻り縁をどこに固定すれば良いのか、という話になるので、それぞれの納まりパターンを押さえておくことが重要になってきます。 断面図についてはそれぞれについて説明した […]

続きを読む

十手廻り縁

壁と天井との関係まとめ-1

今まで壁仕上材と天井仕上材との納まりという事をテーマにして色々話をしてきましたが、そろそろ説明する内容がなくなってきました。 壁と天井の関係を綺麗に見せる為には色々な部分に気を遣っていく必要がある、という事で細かい話をどんどん取り上げてみた結果、思ったよりもかなり説明が長くなってしまいました。 今回でひとまず壁と天井の取合いについての話は終わりになります。 巾木関連の説明に比べると内容としては少な […]

続きを読む

天井が高いと不便な場合も

ピクチャーレール仕様による納まり

前回はピクチャーレールの具体的な納まりについて考えてみましたが、見た目を気にするのであれば、天井内に埋め込む納まりがお勧めという話で終わりました。 商品の価格としてもそこまで大幅に違う訳ではないので、納まりを検討する際にはまず天井内に埋め込みで検討をしてみる事をお勧めします。 ただ、部屋の条件などによっては天井埋め込みだと良くない場合もあるので注意が必要です。 例えば天井高が高い部屋などで天井面に […]

続きを読む

ピクチャーレール天井埋込納まり

具体的なピクチャーレールの納まり

壁仕上材と天井仕上材との取り合い部分には、通常廻り縁を取り付けていくことになりますが、場合によってはピクチャーレールを取り付けることもあります。 前回はそのあたりの話を取り上げていき、ピクチャーレールが持っている役割や見た目などを具体的に紹介してみました。 絵や写真などを飾る場合で、なおかつ壁に釘や画鋲などによる穴をあけないで納めたい、という場合にはピクチャーレールがあると非常に便利です。 もちろ […]

続きを読む

ピクチャーレールの使用例

ピクチャーレールとは

天井仕上材と壁仕上材との取り合い納まりについて今まで色々なパターンを紹介してきましたが、そろそろ一般的な納まりについては一通り網羅してきた感じになりました。 もちろん全ての納まりパターンについて紹介出来ている訳ではありませんが、全部のパターンというのはなかなか難しく、当サイトではそこまでの情報は必要ないと考えています。 まずは基本納まりだけをきちんと押さえておく。 これを当サイトでは目指していて、 […]

続きを読む

まずは選択肢を増やす事が重要

見切り材のメーカーについて

下がり壁と天井との出隅をどのように納めるのが良いか、というテーマで前回は色々な案を出しながら考えてみました。 意匠的にどの納まりが良いかは場所によっても違うし、人によっても多少好みの違いがあったりするので「これが正解です!」と私が断言するのは難しいのですが… 紹介した納まりの中でひとつでも「これなら綺麗に納まる」というものがあったとしたら、納まりを紹介した価値はあったと思います。 まずは自分の知識 […]

続きを読む