• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

アーカイブページ

最終的に見えるのは下地ではなく仕上材

材料を知る事の意味

建物の色々な部分について検討を進める際には、下地の位置をきちんと検討しておく事が重要なポイントになってきます。 しかし実際に納まりが決まっている場合ばかりではないので、そうした場合にはある程度下地を逃げておく納まりで検討を進めることになる。 そんな話を前回は紹介しました。 理想的な仕事の進め方を知る事も重要ではありますが、そうならない場合にどう対応していくかを知っておく事も、それと同じくらいに重要 […]

続きを読む

下地の検討が最も重要になる

納まりが決まっていない場合も多い

建物として最終的に見えてくるのは結局仕上材になるけれど、それを固定する為の下地を適切な位置に設定することが何よりも重要になってくる。 前回はそんな感じの話をしました。 考えてみると当たり前なんですけど、実際に下地の検討をする際にはそこまで緻密に考えない、もしくは考えられない場合もあったりするので、それでは後で困る可能性が高いんです。 下地位置を決める作業というのは結構地道な割には大変な作業で、最終 […]

続きを読む

苦情は知識を得るチャンスでもある

下地の位置である程度決まる

建物の納まりを検討していく際には、実際に施工をしていく為に必要な条件(例えば施工する為のスペースや人が入れるかなど)を意識しておくことが重要です。 そうした実際の作業に対する配慮をすることによって、納まりはより現実的なものになっていく、という話を前回は取り上げました。 実際に施工をする人が納まり検討図を作図している訳ではない、という矛盾があるため、施工の条件などを考慮して検討を進めるのは難しい場合 […]

続きを読む

図面を描く人と実際に施工する人は別

施工スペースを意識する

建物の納まりを検討する際には、それが大きな部分の検討であっても、細かい部分の検討であっても、きちんと納まっているかどうかを意識していく事になります。 納まっているかどうか、というのはちょっと曖昧な表現になっていますが、もう少し具体的に表現をすると以下のような条件をクリアしているかどうか、という話になります。 ・仕上材の位置に構造体や下地が出てこないか ・仕上材を固定する為の寸法は確保されているか […]

続きを読む

クリアランス=隙間

クリアランスという考え方

納まりを検討する際には、実際の施工がどのように進むかをある程度までおは知っておく必要があって、それによって施工誤差を考慮に入れた納まりの検討が出来ます。 それが出来ないと「図面ではこう描いてあるけど実際には出来ない」という話になってくるので、結局は納まり検討図の意味があまりなくなってしまいます。 そんな話を前回取り上げてみました。 完全に図面の通りに施工が出来る訳ではない、という表現よりもむしろ、 […]

続きを読む

クリアランスを意識した外壁まわり断面図

施工誤差を見越しておく事の重要性

建物の納まりを検討する業務は、色々な役割分担が細分化された現在では、図面業務を専門におこなう方が担当する事になる場合が多いです。 そうなると現場の施工をあまり知らない方が図面をまとめる事になる可能性がある、というような話を前回は取り上げてみました。 これは大いなる矛盾ではありますが、役割分担という観点から考えると、ある程度仕方がないというか自然な事だということなのでしょう。 こうした組織で動いてい […]

続きを読む

現場の経験とCADの経験は同時には難しい

納まり検討図や施工図の問題点

前回は少し施工者側の話として、各所の納まりを細かく検討していった結果、どのような影響があるのかについて考えてみました。 納まりの検討がきちんと進めば、その分だけやり直す事も減るのでコスト的にも工程的にも有利な方向に進んでいくことになる、という話でした。 もちろん納まり検討がきちんと出来ただけで全ての項目が好転する程、建物を建てるという仕事は簡単ではありませんが… それでも納まっていないところが多発 […]

続きを読む

3DCADはコストがかかりがち

施工段階で具体的になっていく場合も

前回は三次元CADについて、建物の納まり検討でどの程度活用出来るのか、というあたりの話を考えてみました。 これは個人の好みも少し入っているのかも知れませんが…三次元CADが非常に便利でコストも下がる、みたいなポジティブな話ではありませんでした。 手間がかかって大変な割には、本当に難しい肝心な部分の表現が難しかったりして、まだちょっとCADの機能が足りてないという感じが三次元CADにはあります。 も […]

続きを読む

3DCADでの検討例

三次元CADでの検討について

前回は図面での納まり検討の重要性と、それが現物を見て確認をするよりも大変な作業である、ということについて色々考えてみました。 実際に建物を造る前に検討をする事で、事前に問題点などを洗い出して調整することが出来る訳で、そこに大きな意味があるという話でした。 図面の存在意義はそのあたりにあります。 検討する道具はCADで作図をしても、自分の手で描いても問題ないですし、場合によっては三次元CADを使う場 […]

続きを読む

3DCADでの表現例

図面で検討を進める場合の問題点

構造体と仕上材や下地材との関係、設備との関係などの納まりを検討しておかないと、現実としてどのような事になるのか。 一度造ったものを壊すなどちょっと残念な状況になってしまうよう内容でしたが、前回はそのあたりについて考えてみました。 結局は現物を見て「ダメだったか…」となって調整するのであれば、事前に問題があるかどうかを確認しておいた方がスムーズに進む。 これが図面上で事前に検討を進める大きな理由です […]

続きを読む