• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

壁と天井との関係まとめ-1

今まで壁仕上材と天井仕上材との納まりという事をテーマにして色々話をしてきましたが、そろそろ説明する内容がなくなってきました。
壁と天井の関係を綺麗に見せる為には色々な部分に気を遣っていく必要がある、という事で細かい話をどんどん取り上げてみた結果、思ったよりもかなり説明が長くなってしまいました。

今回でひとまず壁と天井の取合いについての話は終わりになります。
巾木関連の説明に比べると内容としては少なくなると思っていたのですが、終わってみるとボリュームはあまり変わらない感じになってしまいました。
ちょっと細かい話が多すぎたのかも知れません…

今回は壁仕上材と天井仕上材との関係についての最後という事で、今までの話を簡単にまとめて紹介をしてみようと思っています。
抜粋して一気に紹介をしていきますので、気になるところがあったらその項目について詳しく読んで頂けると嬉しいです。

□廻り縁が必要な理由

壁仕上材と天井仕上材がぶつかる部分には、取合い部分を綺麗に納める為に「廻り縁」と呼ばれる見切材が必要になってきます。
そもそもなぜ廻り縁が必要なのか、という疑問もあると思います。

天井仕上材を貼っていく際には部屋の中央から施工を開始する場合が多く、端部は残った寸法を現場で計って天井仕上材を切って納める事になります。
天井仕上材を切った部分がまずは綺麗に見えないので隠すという理由と、天井の切り口が一直線に見えない状態をカバーするという理由。

この二つの理由によって廻り縁は必要になってきます。
時々廻り縁をなしにして納めたいという要望が意匠設計者から出ることもありますが、上記の理由から綺麗な状態で仕上げることが出来ない為、あまりお勧めする事は出来ません。

□廻り縁の材質

廻り縁は基本的に既製品を採用することになり、意匠設計者がカタログから「これが良い」という製品を選定する流れになります。
既製品と聞くとあまり良いイメージがないかも知れませんが、実際には選定に困ってしまうくらい色々な形状が用意されています。

主な廻り縁の材質は塩ビとアルミ。

ただし天井仕上材が白系になる場合が多く、アルミの材質を生かせるシルバー色を選択する機会が少ない事もあり、塩ビを採用する場合がほとんどです。
アルミの方が値段としては高いので、施工者としても塩ビで進めた方が良い、という理由もちょっとだけあります。

□廻り縁の形状

廻り縁の形状は塩ビ製でもアルミ製でも同じで、大きく分けて以下のような形状があります。

・コ型廻り縁

コ型廻り縁

・十手廻り縁

十手廻り縁

それぞれカタカナの「コ」に似ているか、時代劇で良く登場する「十手」に似ているか、という割とシンプルなネーミングになっています。
「十手」という表現が今の時代に一般的かというとあまり自信はないですけれど…

シンプルな納まりになるコ型廻り縁よりも、天井と壁の間にちょっと目透かし部分が出来る十手廻り縁の方が、意匠的には良いとされています。
別にコ型廻り縁に比べて十手廻り縁の方が高いとかではないので、それならば積極的に十手を使っても良いのかも知れません。

□天井仕上材の厚みによって

廻り縁は既製品として様々な製品が用意されています。
納まりとしてはコ型廻り縁でも十手廻り縁でも、天井仕上材を挟んで納めていく事になる製品なので、天井仕上材によって少しずつ仕様が変わって来ることに。

そのあたりはメーカーも充分に分かっていて、最終的には同じ見え方になる廻り縁でも、天井仕上材の厚みに対応する様々な形状の製品が用意されています。
施工者としては、それぞれの天井仕上材の厚みを把握しておき、その部屋に合う廻り縁を注文すれば問題なく納まることになります。

天井仕上材を挟む際には、0.2mm~0.5mm程度のクリアランスが必要で、それが確保されていないと天井仕上材が入らない状況に。
もちろんそのような寂しい状況にならないように、天井仕上材の厚み+クリアランスを見込んだ既製品がしっかりと用意されているので、そこは特に心配する必要はありません。

関連記事

  1. 壁・天井アルミカットパネル納まり
  2. 十手廻り縁を建具枠部分にも通す納まり
  3. コ型見切材と十手を組み合わせた案
  4. 事前の検討が重要になる
  5. 壁石張り+天井アルミパネル取合納まり
  6. まずは選択肢を増やす事が重要