• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

アーカイブページ

アイソメの一例

アイソメの簡単な描き方

建物の最終的な出来上がりをイメージしたパースは、基本的に設計者が作成することになる、というような話を前回は取り上げました。 建物の完成パースは施主に建物の完成形をイメージしてもらう為に使ったり、施工者にも最終的にこのような建物を意図しているという考え方を伝える為に使ったりします。 しかし建物の納まり検討は広範囲にわたって必要になり、パースを作成しない部分もかなりの割合であるというのが現実になると思 […]

続きを読む

パースの一例

スケッチの意味と効果と

建物を施工していく中で、色々なプランや仕上材などが決まっていない状態だと、施工を進めてもやり直しになってしまう可能性があります。 そうした手戻り的な作業はお金と時間の無駄になってしまうので、出来るだけそうした無駄をなくしていく事が施工者としては重要になってきます。 しかし設計者の立場で考えると、工程表通りの施工を進めていく際に、施主の要望などがまだ出ていなかったりなどで色々と決まらない状況になる場 […]

続きを読む

スケジュールの感覚

納まり決定までの道のり

仕上材の選定によって建物の納まりが変わってくる場合で、なおかつ先行する鉄筋コンクリートや鉄骨工事に影響がある、という状況は建物の中で結構あります。 その場合、仕上材は出来るだけ早めに決めた方が良いので、施工者としては優先順位を付けた仕上材選定のスケジュールを組んでいく必要が… というような話を前回は取り上げました。 こうした仕上材選定のスケジュール管理は結構大変な作業になるはずですが、このスケジュ […]

続きを読む

色々な検討により建物は美しく仕上がる

決定スケジュールの管理について

様々な部分の仕上材について、どのような製品を採用するのかを決定するのは設計者の業務で、それによって建物がどのように見えてくるかが大きく変わってきます。 だからこそ意匠設計者が色々頭を悩ませることになり、最終的には建物の仕上をトータルで考えている意匠設計者の腕の見せどころ、という感じになってくる訳です。 こうした仕上材の選定作業をしていく中でいつも思うのが、やはり意匠設計者は建物を美しく見せるプロだ […]

続きを読む

出隅役物タイルの納まり

仕上材の色や柄によるサイズの違い

仕上材の納まりを検討していく中で、仕上材の勝ち負けを意識する事と、勝たせた仕上材の小口が見えてくる場合を考える事の重要性について色々話をしてきました。 前回の例で取り上げたのはタイルやアルポリックやセラールなどの仕上材でしたが、タイルの出隅についてはもう少し細かく検討しておきたい部分になります。 タイルは小口が綺麗に仕上がっている製品がある一方で、小口が仕上がっていない製品も結構あるので、出隅はタ […]

続きを読む

Dボードの小口

小口の見せ方を意識してみる

床・壁・天井のどのような納まりでも、出隅や入隅で仕上材が交差する部分では、どちらを伸ばして納めていくかという「勝ち負け」を決めておく事が重要になります。 というような話を前回は取り上げました。 仕上材の勝ち負けについての考え方は色々な部分で出てくるので、納まりを検討していく中で毎回意識せざるを得ない事になると思います。 今回はそんな勝ち負けについての話をもう少し続けていくことにして、特に出隅で出て […]

続きを読む

壁入隅の勝ち負け納まり例

勝ち負けの考え方

建物の納まりを検討する際に意識するのは、最終的に見えてくる仕上材がどのような納まりで下地に固定されていくのか、という部分です。 これは今まで色々な話をしてきた中で取り上げてきました。 固定方法を意識した上で下地の位置を決めることが出来れば、納まりの検討としてはほぼ完了になる、というような話もありました。 また、納まりがあまり煮詰まっていない場合には、固定する為のスペースを少し大きめに確保しておく事 […]

続きを読む

溶融亜鉛メッキ処理直後の状態

溶融亜鉛メッキについて考える

前回は建物の外部で金属を採用する場合にどのような選択肢があるのか、という事について考えてみました。 やはり鉄はどうしても錆びやすいので、アルミニウムやステンレスなどを採用する場合が多いのですが、鉄が全く採用されない訳ではありません。 コストなどを考えていくと、やはりここは鉄を使いたい、という事になる場合はかなり多いので、外部といえども鉄を使う場合はかなり多くなってくるはずです。 しかしそのまま外部 […]

続きを読む

外壁を金属パネルにした例

外部で採用する金属について考える

建物の納まりを検討する際には、外壁廻りの検討を優先していくことによって、建物の性能を確保することが出来る、という話を前回は紹介しました。 まずは建物の中に雨水を入れないようにすることが一番重要で、建物のデザイン的な検討はその性能が間違いなく確保出来てからの話になります。 この優先順位を間違えてしまうと後で大変な思いをすることになるので、建物にとって何が重要なのかをきちんと押さえておきましょう。 と […]

続きを読む

まずは外壁の検討が最優先

外壁の納まりが最も重要になる

建物の納まりを検討していく、あるいは建築と設備などで色々な調整していく作業は、建物のあらゆる部分で必要になってくるものです。 そうした検討や調整をしなかった場合でも、最終的には何とか納まってしまう、というのが今までの経験からは言えるのですが… だからと言って検討をしなくても良いです、という話ではもちろんないです。 検討をしていない部分が思惑通り綺麗に納まるという事は基本的にはなくて、出来るだけ事前 […]

続きを読む