• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

納まりを検討するにあたって-1

今までのカテゴリでは、床・壁・天井、そしてそれぞれの取合部分など、様々な部分の納まりについての解説をしてきました。
床・壁・天井の納まりについての話と、床仕上材と壁仕上材が取り合う巾木部分の納まり、そして壁仕上材と天井仕上材が取り合う廻り縁部分の納まり。

当たり前の話ですが、簡単にとひとくくりには出来ないくらいのボリュームで、様々な納まりのパターンは存在しています。
それぞれの部分について詳しい話は各項目で説明をしているので、長くなってしまうこともあるのでここで改めて説明をすることはしませんが…

床とか壁とか天井など、それぞれの場所毎に解説をしているので、気になる部位についての説明を読んで頂ければと思います。
このカテゴリでは、そうした具体的な納まりの関係ではなくて、納まりを検討する際に共通で気をつけておきたい項目に注目してみようと考えています。

建築の納まりを検討していく中では、もちろんその場所の納まりをどのように決めていけば良いのかという、具体的な寸法を含めた情報が重要になってきます。
そうした情報がなければ検討は進まないので、寸法関連の情報が重要になってくるのは当然のことではあるのですが…

様々な情報を調整していく納まり検討をする際には、基本的にどのような手順や考え方で進めていけばスムーズに進めていくことが出来るのか。
こうした手順や考え方など、あまり具体的な寸法などとは関係の少ない部分でも、実は結構重要な要素になってくるものです。

いや、少し表現が違いますね。

仕事の流れや進め方を高めていくというのはまさに仕事をこなす力を高めていくという事で、寸法などの話は枝葉でしかない、という感じでしょうか。
このカテゴリでは、そうした全体的な部分について色々と考えてみて、納まり検討のポイントとして紹介をしていきたいと思っています。

ポイントを押さえておく

まず取り上げていきたいのは、建築の納まりを検討していくのはなぜか、という本当に「そもそも」的な部分で、まずはそこから話を始めていくことにします。

建築の納まりを検討していく事、そして建築だけではなく設備も含めたもっと全体的な範囲で納まりを検討していく事。
これは実際にやってみると分かるのですが、色々な条件や制限などがあって、なかなかすんなりと上手いこといかない場合が多いです。

意匠的にはこの位置に壁を持っていきたいけれど、壁の位置をそこにするには、構造体である柱と干渉してしまうので実現は難しい。
しかし構造体の寸法を確保する壁位置にすると設備が納まらなくなってしまう、などなど。

これはほんの一例で、似たような話が建物の至るところに存在していて、それをひとつひとつ丁寧に調整していく事が求められる訳です。
このような感じで上手くいかない事が多いので、納まり検討や調整作業というのはかなりの労力を必要とする作業だと言えるでしょう。

簡単に言ってしまうと「納まりの検討や調整は非常に大変」という事になると思います。
だからこそ設計者や施工者など、建物を造っていく為のプロが必要になってくる訳ですが、プロをもってしてもこうした検討は大変な場合もあります。

こうした大変な検討を時間と手間をかけてなぜやっていかなければならないのか、という「そもそも」的な話についてここでは考えてみることにします。
これはもう疑問を書いている時点で回答も書いているような感じでもありますが、ここではちょっと真面目に説明をしてみます。

構造体や下地材や仕上材や設備など、建物がきちんと機能する為に必要な要素はたくさんあって、それぞれが適切な位置関係にある状態が建物にとっては理想的。
しかし実施設計段階でそうした理想的な状態になっている訳ではなく、この段階では建物に必要な条件が与えられたという段階でしかありません。

しかしこれは別に設計者が怠慢とかやる気がないなどという話ではないです。
まずは建物として求められる性能を満たすことが出来る条件を考えないと、納まり検討をするにも条件が分からないので話が始まらないんです。
その条件をまずは設計者で検討をする事になります。

構造体として必要なサイズ、建物のプラン的な部分、そして意匠的にどう見せたいか、さらには設備的な条件などなど…
建物を構成する要素は多岐にわたるので、設計段階でも調整をしながら検討をしていきますが、細かい部分の調整まではなかなか難しいものがあります。

少し長くなってしまったので次回に続きます。

関連記事

  1. 出隅役物タイルの納まり
  2. 文章で説明くらいの距離感
  3. まずは外壁の検討が最優先
  4. 苦情は知識を得るチャンスでもある
  5. 美しい建物
  6. 3DCADでの検討例