• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

鉄骨造(S造)の記事一覧

ダイアフラムの50段差

床仕上による梁レベルの設定で…

平面プランがどのような感じになるのかによって、それぞれの部屋の用途が決まってきて、それぞれの部屋の床仕上材や床の下地情報がある程度決まります。 そうした方針に合わせて、構造体である鉄骨梁のレベルを下げたりする検討を進めるのは、構造設計者の役割という事になります。 建物の意匠的な部分によって構造の方針が決まる、あるいは構造は最終的な仕上ラインから出てこないような計画を進める必要がある。 こうした考え […]

続きを読む

鉄骨造の一般床納まり

床仕上と鉄骨梁レベルの関係

鉄骨梁のレベルを検討していく中で、先ほど出てきた「鉄骨は小さな段差が苦手」という項目が、具体的にどう困るのか。 鉄骨梁のレベルがどのようにダイアフラム納まりに絡んでくるのか、というあたりの話を今回は紹介しようと思っていましたが… すみません、ちょっと順番が違うかもでした。 鉄骨梁のレベルによってダイアフラムの納まりが変わってくる、という話をする前に、鉄骨梁に小さな段差が出来るのはどのような状況なの […]

続きを読む

ダイアフラムの納まり

ダイアフラムの考え方

前回は鉄骨柱のジョイント位置検討、節割りの考え方を取り上げてみましたが、鉄骨にジョイントが色々と入る理由は納得がいくものだったと思います。 もっとジョイントが少なければ、構造体としてもその方が良いのですが、運搬などの現実を考えるとなかなかそうもいかないものなんです。 トラックの性能や荷台の考え方など、将来運搬のやり方に何らかの革命的な方法が編み出されたら、間違いなく鉄骨のジョイント位置も大きく変わ […]

続きを読む

柱と梁のジョイント

鉄骨柱のジョイント(節割り)

鉄骨は出来るだけ工場で一体として製作した方が効率が良い、という話を前回は取り上げました。 これを少し極端な考え方で表現すると、建物全部の鉄骨を工場で接合しておき、それを現場に搬入するのがベストという事になってしまいます。 まあそれはそうだけど…という声が聞こえてきそうです。 もちろんこれはかなり極端な意見で、小学生の屁理屈みたいな話になっていますが、あくまでも説明のために大げさな話をしているだけな […]

続きを読む

鉄骨柱の運搬

鉄骨の運搬について考える

鉄骨造(S造)の納まりを事前に検討しておくことで、実際の施工をしていく段階で「構造体が意外なところで見えてくる…」となる可能性を排除することが出来ます。 構造体を直接見せるというのは、「鉄骨を見せたい」という明確な意図がない限り、意匠的にはあまりお勧め出来るものではありません。 それも「思わぬところから鉄骨が見えてしまう」という状況では、意匠的に良い方向に進めることが出来ないのは明らかでしょう。 […]

続きを読む

後悔

鉄骨納まりの検討について考える

鉄骨造(S造)の納まりとして、まずは鉄骨柱と鉄筋コンクリート造の基礎との関係について前回は取り上げてみました。 柱の足元納まりをきちんと知っておくことによって、最終的な仕上から隠れるかどうかなどを考慮しつつ柱の足元レベルを決めていくことが出来ます。 鉄骨の納まりを検討していく中で、まずはこの「ベースプレートのレベルはどのレベルが適切か」という項目が非常に重要になってきます。 後から「実はベースプレ […]

続きを読む

アンカーボルト

鉄骨柱の足元納まりについて

さて、鉄骨造(S造)の特徴について今まで色々と取り上げてきましたが、鉄骨造にした場合どのようなことになるか、何となく雰囲気は掴めたでしょうか。 良いところもあるしそうでもない部分もある、というのは鉄筋コンクリート造(RC造)と同じで、建物の特徴にあわせて構造を選定していくことになる訳です。 ただ、構造毎に違ってくる特徴などを掴んでおくことは確かに重要ではありますけど、そうした話だけで終わってしまう […]

続きを読む

事前検討

施工段階の図面で苦労する部分

建物の構造が鉄骨造(S造)の場合、品質管理が行き届いた工場で製作してくることによって、構造体である鉄骨の品質を高い水準に保つことが出来ます。 また、工場での作業が増えるということはつまり、現場での作業が減るという事ですから、工期を短くすることが可能になるというメリットもあります。 こうして鉄骨造の大きな特徴を挙げてみると、鉄骨造はメリットがたくさんあって良い事ずくめなのではないか、という感じがして […]

続きを読む

ビジネス

鉄骨を工場で製作する意味

現場で型枠や鉄筋などの施工を進める鉄筋コンクリート造(RC造)に対して、鉄骨造(S造)では鉄骨を工場で製作してくるという部分が大きく違っています。 既に工場で製作して出来上がったものを現場に搬入して組み立てていく、という流れになりますから、鉄骨造の方が施工のスピードは速くなる傾向に。 現場で施工を進めるのと同じような作業を工場でも進める事が出来て、現場では出来上がった製品を組み立てるだけで済む。 […]

続きを読む

手順

鉄骨造の基本的な流れ

前回紹介した鉄骨造の特徴でも結構頻繁に触れましたが、鉄骨という構造体は鉄筋コンクリートと違い現場で施工するのではなく工場で製作してくるものです。 ここが鉄骨造の最大の特徴であり、押さえておくべきポイントでもあります。 構造で製作された鉄骨はトレーラーに乗せて現場に運び込まれて、鉄骨としては出来上がったものを現場では組み立てるだけ、というのが鉄骨造の基本的な流れになります。 鉄骨を工場で製作すること […]

続きを読む