• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

鉄骨造(S造)の記事一覧

天井と鉄骨梁との関係

鉄骨の耐火処理納まり

鉄骨造(S造)の建物では、鉄が熱に弱いという特徴を持っているため、鉄骨の構造体に何らかの耐火処理が必要になってくる、という話を前回は取り上げました。 これは万が一建物に火災が発生した際に、建物利用者が建物の外に安全に避難できるかどうか、という人命に関わるものですから、非常に重要な項目だと言えます。 そうした重要な要素ですから当然、建築基準法で厳密に定められているもので、設計者も施工者もしっかりと意 […]

続きを読む

耐火塗装の例

耐火被覆の納まり

鉄骨造の建物では、鉄骨が構造体になっている訳ですが、その鉄は火災時の熱に弱いという欠点を持っています。 そうした性質を鉄が持っている、という事が分かっていれば、それに対してあらかじめ対策を練っておくことが出来る訳です。 いや、かなり表現の順番が違ってしまいましたが、こうした性質を持っている構造体だからこそ、かならず対策をとっておかなければならない、という話です。 それが鉄骨の周囲を覆う「耐火被覆」 […]

続きを読む

耐火被覆の例

鉄骨造で必要な耐火処理

ここまで書いてきて今さらという感じではありますが、このカテゴリでは鉄骨造(S造)の納まりについて色々解説をしています。 色々と取り上げたい項目がたくさんあって、その情報を整理して書いていくのは結構難しいですが、解説の順番は出来るだけ鉄骨造の工事進行にに合わせているつもりです。 もう少し分かりやすく系統立てて説明をしていければ良いのですが、こればかりはそう簡単ではなくて、自分のスキル以上の事は出来な […]

続きを読む

con止めプレートの納まり

コンクリート床の端部はどうなっているか

鉄骨造の建物で床コンクリートの型枠として使用されるのは、一般的には「デッキプレート」と呼ばれる鋼製型枠になります。 デッキプレートは鉄骨梁と鉄骨梁の間に掛けて、端部を溶接で固定することによって、コンクリートを打設する際にもずれないようにする訳ですが… このような納まりは鉄骨がある範囲までしか実現出来ないですよね。 でも実際の建物は外周まわりの鉄骨梁よりも外側に外壁があって、大抵の場合は外壁のすぐ近 […]

続きを読む

納まり検討の上で判断

鉄骨造での床段差納まり-3

前回までの話では、鉄骨造の建物で床コンクリートに段差を設ける場合に、どのような選択肢があるのかという点について考えてみました。 ・段差の位置を鉄骨まで移動出来るか検討する ・段差部分に鉄骨を追加する ・デッキプレートで段差を設ける ・デッキプレートを下げておきコンクリートを部分的に厚くする 上記の考え方について一通り説明をしてきましたが、最後の項目である「デッキを下げてコンクリートを厚くする」とい […]

続きを読む

デッキの基本パターン

鉄骨造での床段差納まり-2

前回は鉄骨造での床段差の付け方についていくつか考えてみました。 ○段差の位置を鉄骨まで移動出来るか検討する ○段差部分に鉄骨を追加する 上記のような項目について前回は紹介しましたが、今回はその話を続けていく事にします。 ○デッキプレートで段差を設ける コンクリート床に段差が必要な部分で、そのままデッキプレートで段差をつくってしまう、という考え方は最も自然な納まりではあります。 ただ、もしその納まり […]

続きを読む

鉄骨に絡まない位置でスラブ段差を決める

鉄骨造での床段差納まり-1

鉄骨造(S造)の建物では、基本的に柱と梁を鉄骨で、床をデッキプレート+鉄筋コンクリートで構成していくことになります。 最終的な部屋の仕様によって、それぞれ床のレベルを下げる必要があったり、逆に下げてしまうと後で困るなどのレベル調整検討が必要になる訳です。 こうした検討によって床コンクリートの段差がどの位置に必要なのかが分かりますが、それが鉄骨の位置と上手くあってくるとは限りません。 コンクリート床 […]

続きを読む

パイプサポートの例

床段差と鉄骨梁との関係

前回は鉄骨造の納まりパターンとして、鉄骨梁と床コンクリートとの関係がどのような感じになるか、というあたりを紹介してみました。 鉄筋コンクリート造では鉄筋が床の鉄筋と絡むことになりますが、鉄骨造の場合はスタッドボルトが鉄筋の代わりになる、という考え方でした。 スタッドボルトを鉄骨の天端に打ち込んだとしても、最終的にはコンクリートの中に入って隠れてしまうものですから、実際に建物を建てる仕事をしている方 […]

続きを読む

頭付スタッドボルト

スタットボルトと床配筋の関係

鉄骨造の建物であっても床は鉄筋コンクリートで構成されていて、その場合は鋼製型枠が採用される事になる、という話を前回は取り上げました。 その場合、梁と床の取り合いをどのように考えるのか、というあたりで話が終わってしまったので、今回はその続きから話を進めていきます。 まずは鉄骨梁と鉄筋コンクリートの床との関係がどうなっているのか、という話でしたが、とりあえず床と梁をそれぞれ組み合わせるとこんな感じの関 […]

続きを読む

鋼製型枠

鉄骨梁と床の接合部

鉄骨造(S造)における鉄骨の接合部納まりとして、柱と柱・柱と大梁・大梁と小梁という接合部納まりパターンを今まで紹介してきました。 鉄骨造の建物を構成する鉄骨の部材は「柱」と「大梁」と「小梁」という構成になっていますから、鉄骨部材の接合基本パターンはある程度網羅出来たのではないかと思います。 もちろん納まりのパターンはこんなに少ない訳ではなく、細かい分類をしていくと様々な納まりのパターンが出てくるの […]

続きを読む