• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

施工段階の図面で苦労する部分

建物の構造が鉄骨造(S造)の場合、品質管理が行き届いた工場で製作してくることによって、構造体である鉄骨の品質を高い水準に保つことが出来ます。
また、工場での作業が増えるということはつまり、現場での作業が減るという事ですから、工期を短くすることが可能になるというメリットもあります。

こうして鉄骨造の大きな特徴を挙げてみると、鉄骨造はメリットがたくさんあって良い事ずくめなのではないか、という感じがしてしまいます。
それならば全ての建物を鉄骨造にしても良いのではないか、という気もしてしまいます。

しかし、鉄筋コンクリート造(RC造)の特徴を紹介した際にも似たようなことを書きましたが、何もかも完璧というものは世の中には存在しません。
強力なメリットを持っている鉄骨造であっても、その大きな特徴が原因で発生するマイナス面がやはり存在していて、結局は建物毎にどの構造が良いかを判断する事になります。

事前に工場で鉄骨を製作してくることによって現場での施工が少なくなり、結果として工期を短縮する方向で計画をすることが出来る。
これは非常に大きなメリットではありますが、この「事前に工場で鉄骨を製作する」という部分が大きなポイントになってきます。

事前に工場で製作する為には、当たり前の話ではありますが、事前に工場で製作できるように事前の検討が必要になってくる、ということなんです。
鉄骨というのは建物の骨組みですから、工事の順番としてはかなり序盤ということになります。

杭工事

 ↓

基礎工事

 ↓

最下階コンクリート工事

 ↓

鉄骨工事

 ↓

中間階床コンクリート工事

 ↓

外装工事

 ↓

内装工事

鉄骨造の建物の大まかな手順は上記のような感じになります。
建物の規模や地下の有無などによって条件は少しずつ違ってきますが、杭・基礎工事の段階で鉄骨の検討を完了して鉄骨の製作に入っておく必要がある訳です。

こうしたタイミングというのは、鉄骨の製作を急ぎたい施工者にとっても、外装などの仕上方針を決めなければならない設計者にとっても非常に厳しいスケジュールになってきます。
当然鉄骨を製作する為の日数もそれなりに必要になってきますから、鉄骨工事が始まる際には鉄骨の完成品が届いている、というスケジュール感で検討を進めなければなりません。

事前検討

鉄骨を工場で製作する為には当然図面が必要になってくる訳ですが、図面にもいくつかの種類があって、最終的にそれら図面が一通りまとまってから製作開始です。
図面は大きく分けて「一般図」「詳細図」となっていて…という話はいずれ詳しく説明しますが、最終的には柱一本とか梁一本につき図面を一枚作図、ということになります。

それはもう膨大な枚数の図面になってくるので、それらを全て非常に早い段階で作図してまとめていくのは本当に大変な作業なんです。
最終的な仕上材を取り付ける為に、鉄骨に何かを仕込んでおく必要があるかどうか…
というあたりを細かく検討していく必要があるのですが、じっくりと検討するには時間が足りない場合が多く、ある程度見切発車的な判断をする場合もあります。

これは施工者側の考えになりますが、ある程度時間をかけて鉄骨の検討を深くやっていくか、まずは構造体として成立している事で製作を開始してしまうか、という判断があります。
設計者の立場から考えると、充分な検討期間を設けた工事工程を望むのは当然のことなのですが、竣工引渡しの予定は施主も絡んで決まっているので難しいところです。

もちろん時間をかけてじっくり検討した方が良いに決まっていて、出来上がる鉄骨は間違いない状態に近づくのですが、鉄骨の製作開始が遅くなってしまいます。
鉄骨の現場搬入ありきで急いで図面を進めると、検討が完全ではない状態で鉄骨の製作を開始することになりがちで、そうなると仕上工事に入った時に色々困ることに。

実際にはその両極端な状況はまずいので、出来るだけ検討を進めつつ、現場搬入の日付もずれ込まないようにしつつ、といういいとこ取りを目指す感じになります。
できる限り現場での手戻りが少なくなるような対応をしつつ、工期をずらさないように鉄骨の図面をコントロールするのは非常に難しいです。

「こうしておけば後で何とかなる」というような鉄骨の対応をしておくには、鉄骨造の様々な納りをしっかりと分かっている必要があります。
そうなると、施工者側で鉄骨を担当するのは、ある程度の経験を積んだベテランになることが多い、というのは自然なことなのだと思います。

逆に考えると、図面での事前検討がしっかりと出来ていれば、鉄骨造の建物は非常にスムーズに進むことになる、とも言えます。
限られた時間の中でどこまで検討を進める事が出来るか、という部分が大きなポイントになってきますが、施工者としての腕の見せどころでもあるので挑戦しがいがあると思います。

関連記事

  1. 鉄骨梁の溶接ジョイント
  2. エレクションピース
  3. アンカーボルト
  4. ダイアフラムの納まり
  5. 鉄骨柱の溶接処理
  6. 鉄骨