• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

鉄骨納まりの検討について考える

鉄骨造(S造)の納まりとして、まずは鉄骨柱と鉄筋コンクリート造の基礎との関係について前回は取り上げてみました。
柱の足元納まりをきちんと知っておくことによって、最終的な仕上から隠れるかどうかなどを考慮しつつ柱の足元レベルを決めていくことが出来ます。

鉄骨の納まりを検討していく中で、まずはこの「ベースプレートのレベルはどのレベルが適切か」という項目が非常に重要になってきます。
後から「実はベースプレートとアンカーボルトが床仕上から飛び出してしまいます」という状況が判明した場合、それを隠す為にはかなり大がかりな工事が必要になってしまうので…

工事が大がかりとか言う以前に、そんな間違いをしてしまうとプロとしてかなり恥ずかしい思いをすることになります。
そして実際にコストも掛かってしまうので、出来る事ならそうした間違いが起こらないように検討を進めたいところです。

もちろんこうした修正工事にはそれなりのコストと工期が必要になってきて、どのような考え方をしたとしても、修正工事自体は建物にとって有利には働きません。
構造体のレベルとの関係にもよりますけど、根本的に解決することは不可能という残念な結末も可能性としては充分にあり得ます。

そうなると床レベルを上げるとか、柱の周囲を大きく壁で囲って見えないようにするなど、かなり寂しい方向の検討をしなくてはなりません。
構造体が出っ張ってしまうから、後から意匠を変えることで何とか見えない状態にする、というのは建築のプロとして非常に恥ずかしい事なんです。

それもこれも、鉄骨足元の納まり検討が充分ではなかったという理由があるだけ。
こうした状況にならないように、設計者も施工者も先行して色々と検討をしていくことになって、この「先に検討しておく」事がなによりも重要です。
後から検討してもなかなか上手いこといきませんから。

こんな事なら最初に手間をかけて確認しておけば良かった…

後悔

設計者や施工者など様々な立場で建物を建てる仕事を進める訳ですけど、誰しもが一度や二度はこうした後悔の念を抱いたことがあるはず。
そうならないように、出来るだけ事前にしっかりと検討を進めておくことが重要で、あまり時間がない場合でも押さえるべきポイントはきちんと押さえておきたいところです。

時間がない中で押さえておくべきポイントがどこかを把握するには、ちょっと曖昧な表現になってしまいますが、検討している人の経験値が重要になってきます。
これを検討しておかないと後で困ったことになる、という要素は幾つかあって、それを経験によって知っている方がどうしても有利になってくる訳です。

納まりについて解説しているサイトで「経験が重要です」というのは、ちょっと自分の首を絞めているような気がしますが…
検討が足りない状態で鉄骨を進めなければならない場合でも、まずはここだけをきちんと検討しておけば大きな問題にはならない、というポイントを押さえるにはやはり経験が必要なんです。

もちろん当サイトでも色々と優先順位がどうなっているかを取り上げていきますが、建物によって色々と条件が違うので全てを網羅できるかは難しいところ。
当サイトである程度の知識を手に入れて、それを実際の仕事で実践してみることで知識が経験になっていく、というような感じで当サイトを使って頂ければと思っています。

誰だって最初から深い知識と多くの経験を持っていた訳ではなく、どちらも持っていない状態から建築関係の仕事をスタートしているはず。
色々な失敗を繰り返し、知識が不足していることで恥をかくことによって、少しずつ自分のスキルを高めていく、というのは誰しもが通る道です。

その為に出来るだけ当サイトが力になれれば嬉しいです。

関連記事

  1. 鉄骨
  2. 鉄骨まわりの作業
  3. OAフロア
  4. 鉄骨スリーブのイメージ
  5. 耐火被覆の例
  6. 鉄骨造の一般床納まり