• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

鉄骨造での床段差納まり-1

鉄骨造(S造)の建物では、基本的に柱と梁を鉄骨で、床をデッキプレート+鉄筋コンクリートで構成していくことになります。
最終的な部屋の仕様によって、それぞれ床のレベルを下げる必要があったり、逆に下げてしまうと後で困るなどのレベル調整検討が必要になる訳です。

こうした検討によって床コンクリートの段差がどの位置に必要なのかが分かりますが、それが鉄骨の位置と上手くあってくるとは限りません。

スラブ段差部分に梁がある場合

コンクリート床と鉄骨梁の関係が都合良く調整された場合には、上記のような納まりが最も施工的にも構造的にも都合が良いです。
とは言っても都合良く毎回そうなるはずもないですから、その場合のどう納まりを調整していくのか、というあたりを今回は考えてみることにします。

・段差の位置を鉄骨まで移動出来るか検討する

・段差部分に鉄骨を追加する

・デッキプレートで段差を設ける

・デッキプレートを下げておきコンクリートを部分的に厚くする

前回紹介した納まりの調整方法は上記になりますが、それぞれのやり方には一長一短あって、どの方法がベストの選択肢になるかは場合によって違ってきます。
その場の状況によってベストの判断が出来るように、それぞれの選択肢についてどのような特徴があるのかをしっかりと知っておきましょう。

○段差の位置を鉄骨まで移動出来るか検討する

これは以前OAフロアの説明をした際にも似たような話をしましたが、要するに構造体の都合で床段差を決めてしまうと言う考え方です。
OAフロアや床暖房のように、なにも部屋全体の床レベルを下げておく必要がない、という場合にはこの選択肢を検討するのがお勧めです。

図にしてみるとこんな感じですね。

鉄骨に絡まない位置でスラブ段差を決める

これは別に、楽をしたいが為に手抜きで床を全部下げないという考え方ではなく、必要な部分だけを下げておくことで効率化を図るという考え方です。
最終的な威仕上との関係や部屋としての性能が満たされるかという問題をクリアすれば、納まりとしてはこの考え方が最も効率的です。

ただ、床仕上材が分厚いものだったり部屋全体に防水が必要だったりと、部屋全体の床を下げておく必要がある場合には全然向かない考え方でもあります。
その場合はこの方針で考えても採用されるはずはありませんから、考えるだけ時間の無駄ということになるので別の方針を検討すべきです。

○段差部分に鉄骨を追加する

これもかなりシンプルで、床コンクリートに段差が必要な位置が明確になった際、そこに段差納まりようの鉄骨を追加してしまうという考え方です。
鉄骨造の床段差納まりの標準図は以前紹介しましたが、その標準納まりになるように鉄骨を追加するという考え方は確かに理にかなっています。

最初に出した例と全く同じ図面ではありますが、図面で表現するとこんな感じになります。

スラブ段差部分に梁がある場合

これは考え方としては確かにシンプルで理にかなってはいますが、ひとつ問題があるとすれば、鉄骨部材が追加されることによるコストの増加でしょう。
構造的に必要だからという訳ではなく、納まりの都合で追加する鉄骨になる訳ですから、簡単に言ってしまうと施工者の都合で追加する鉄骨梁という事に。

追加した分のコストが施主からもらえるかと言うと難しい場合が多いので、施工がやりにくくて発生するコストと鉄骨を追加する事によるコスト増を比較して検討する必要があります。
こうした話は完全に施工者側の検討事項になります。

コストを睨みながら、納まりと施工性の問題と最終的な見た目を考えて、色々とバランスを取って納めていくのは施工者の役割ということですね。

関連記事

  1. 鉄骨梁ジョイント
  2. 手順
  3. 鉄骨柱の運搬
  4. 鋼製型枠
  5. ガセットプレート
  6. 機械で作るメリット