• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

コンクリート床の端部はどうなっているか

鉄骨造の建物で床コンクリートの型枠として使用されるのは、一般的には「デッキプレート」と呼ばれる鋼製型枠になります。
デッキプレートは鉄骨梁と鉄骨梁の間に掛けて、端部を溶接で固定することによって、コンクリートを打設する際にもずれないようにする訳ですが…

デッキスラブの標準納まり

このような納まりは鉄骨がある範囲までしか実現出来ないですよね。
でも実際の建物は外周まわりの鉄骨梁よりも外側に外壁があって、大抵の場合は外壁のすぐ近くまでコンクリートの床が必要になってきます。
そうしないと、建物の外周まわりでは、鉄骨と外壁の間で床が存在しない場所が出てくる事になってしまいます。

この考え方は平面図と断面図を合わせて見るとよく分かるのではないかと思います。

デッキスラブの外壁側納まり

上図のような納まりが建物としては一般的になりますが、これが仮に鉄骨梁までしかコンクリート床がなかった場合どうなるかというと…

デッキスラブが鉄骨までの場合

このように各階同士に大きな隙間が出来てしまう状態になって、建物の性能を充分に満たしているとは言えなくなってしまいます。
建物は基本的に各階を耐火性能がある材料で区切る必要があるのですが、上図の納まりではそれが出来ていませんから。

そうなると、例えば1階で発生した火事がこの隙間を経由してあっという間に全階へまわってしまう、というようなことになります。
こうした危険な状況では安心して建物を利用出来ませんので、そうならないように法律できちんと建物の性能を発揮できるように設定している訳です。

そうした理由から、コンクリート床は外壁ぎりぎりまで伸ばしておく必要があるのですが、その場合コンクリートの型枠はどのような納まりになるのか。
これが今回説明したい事でした。

納まりとしては非常に単純で、コンクリート床をそのまま伸ばしていくような納まりになって、その為には鉄板を利用した「con止めプレート」が必要になってきます。
これは当たり前の話ではありますが、いくらデッキプレートを鉄骨梁と鉄骨梁との間に掛けたとしても、そのままではコンクリートを打設することは出来ません。

デッキプレートは床コンクリートの型枠になる訳ですけど、型枠というからにはコンクリートを流し込む「型」でなければいけません。
型になる為に何が必要なのかというと、端部できちんとコンクリートを止めることが出来る立ち上がりになり、その立ち上がりを「con止めプレート」と呼ぶんです。

con止めプレートの納まり

このcon止めプレートがないと、いくら床コンクリートをデッキプレートに流し込んでも、端部からどんどん流出してしまうという情けない状態になります。
そうならない為に、鉄板で製作してくるcon止めを全周切れ目なく配置して、その後で改めてコンクリートを流し込む、という手順を踏むんです。

もちろん外周部は鉄骨梁からはね出して設置されることになりますから、鉄骨梁と鉄骨梁に掛ける納まりとは全然違ってきます。
その為、それなりの補強を鉄骨側で設けてcon止めを設置していく事になります。

このあたりの納まりについては、床コンクリートはあくまでも構造体である訳ですから、構造設計者が方針を示すことになります。
なので当然構造図にその方針は記載されています。

最終的には外壁材から若干下がった位置でcon止めを決めていくことになりますが、これはそれぞれの仕上によって微妙に考え方が変わるものでもあります。
なので、そのあたりの具体的な話は、仕上納まりの説明をする際にどの程度の数値が適切なのかなどの話をしていこうと思っています。

関連記事

  1. 事前検討
  2. 耐火塗装の例
  3. 鉄骨ピースの一例
  4. 鉄骨に絡まない位置でスラブ段差を決める
  5. 耐火被覆の例
  6. デッキの基本パターン