• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

耐火被覆の納まり

鉄骨造の建物では、鉄骨が構造体になっている訳ですが、その鉄は火災時の熱に弱いという欠点を持っています。
そうした性質を鉄が持っている、という事が分かっていれば、それに対してあらかじめ対策を練っておくことが出来る訳です。

いや、かなり表現の順番が違ってしまいましたが、こうした性質を持っている構造体だからこそ、かならず対策をとっておかなければならない、という話です。
それが鉄骨の周囲を覆う「耐火被覆」という事で、鉄骨造の構造体にはかならずこの耐火被覆を施工する必要があるんです。

耐火被覆を施工するタイミングはいつなのかを考えてみると、鉄骨が建ってスラブのコンクリートを打設して、外壁が施工された後のタイミングという事に。
もちろんそれ以降であればいつでも施工はOKなのですが、出来る作業は早めに進めた方が良いと言うことで、なるべく早めに工事の段取りは進める事になります。

鉄骨造の構造体である鉄骨は熱に弱い為、火災時の炎から鉄骨を一定時間守るという主旨で鉄骨を耐火性能がある何かで覆う。
これは建築基準法で定められている事なので絶対にやらなければならない事ですが、手段は必ずしも耐火被覆である必要はありません。

鉄骨を熱から守る為には耐火被覆以外にも、耐火塗装やインシュレーションボードなど様々な工法が存在しています。
その中から建物にとって最も有利な材料を選定していく、というのが基本になる訳です。

ただ、施工性の良さやコストなどを考えると、意匠的に見せたい部分でない限りは、という条件が付きますが、現状では耐火被覆が最も優れている工法だと言えます。
コストが比較的安価であり、ある程度施工性も良く、見映えはそれほど良くはないのですが結局仕上材で隠れるなら良いか、という感じですね。

なので、見た目として特にこだわりがない部分、天井に隠れて見えなくなる鉄骨梁などについては耐火被覆を選択するのがベストという事になります。

耐火被覆の例

耐火被覆は上記のような感じに仕上がります。
建物の地下にある駐車場などに行くと、こうした状態の鉄骨がたくさんありますから、目にしたことがある方は多いのではないかと思います。
お世辞にも見た目が美しいとは言えませんが、まあこれは仕方がないと言うしかありません。

地下駐車場という場所に必要な性能とコストのバランスを考えると、やはりどうしても耐火被覆という選択になってしまうのが一般的だと言えるでしょう。
もちろん全ての梁を耐火塗装しても性能としては同等なので構わないですし、何よりも耐火塗装の方が美しいので意匠的にはお勧めではありますが…

当然コストが一気に跳ね上がることになり、見た目が美しいとは言ってもすぐ隣にはダクトがむき出しになっているなどであれば、別に耐火被覆でも良いかなという選択肢になる訳です。
見た目が美しくなるのは確かに良いことではありますが、駐車場という場所でそこまで頑張るのか、という話と、それを施主が望むかという問題になってきます。

耐火塗装の例

耐火塗装は上記のような見た目になり、鉄骨造の特徴であるスリムな構造体を直接見せることが出来るので、ここぞという部分にお勧めです。
場所によって構造体をどのように見せるのかを検討するのが意匠設計者の役目ですから、このあたりを慎重に検討して方針を示していく事になります。

鉄骨造における耐火処理の考え方についてはこんな感じになります。
次回はもう少し具体的に、耐火処理をする際の納まりがどのようなものになるのか、というあたりの話に進んでいこうと思います。

関連記事

  1. con止めプレートの納まり
  2. 鉄骨スリーブのイメージ
  3. 溶融亜鉛メッキ
  4. OAフロア
  5. 鋼製型枠
  6. 天井と鉄骨梁の関係