• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

鉄骨造での床段差納まり-3

前回までの話では、鉄骨造の建物で床コンクリートに段差を設ける場合に、どのような選択肢があるのかという点について考えてみました。

・段差の位置を鉄骨まで移動出来るか検討する

・段差部分に鉄骨を追加する

・デッキプレートで段差を設ける

・デッキプレートを下げておきコンクリートを部分的に厚くする

上記の考え方について一通り説明をしてきましたが、最後の項目である「デッキを下げてコンクリートを厚くする」という考え方には少し問題がある、という話で終わっていました。
今回はその問題点について説明を続けていく事にします。

デッキプレートを全体的に下げておくことによって、プラン変更にも対応出来るようにしておく、というメリットもありますが、この考え方には少し問題があります。
最初に「荒っぽい」と書いたように、コンクリート床が下がりそうな範囲の鉄骨梁を全て下げておくというのは、やはりコストの面で問題が出てくるんです。

このような方針で建物の施工を進めていくと、どうしても打設するコンクリートのボリュームは増えていくことになりますよね。
もちろんコンクリートにもコストが掛かりますから、無駄にコンクリートの量を増やすことにコスト的なメリットは何もありません。

また、床コンクリートの型枠であるデッキプレートも、打設されるコンクリートの厚さによって仕様が変わり、当然床が厚いほどスペックの高いものになります。
打設する床コンクリートの重量が重くなる訳ですから、その型枠であるデッキプレートの厚みも少しずつ厚くなっていくことに。

当然厚さがあるデッキプレートの方がスペックが高いので値段も高いです。

わざわざ床コンクリートを厚くすることによって、型枠であるデッキプレートの仕様が上がり、打設するコンクリートの量が増える為にコストがかかる。
…という感じになり、納まり検討としては楽だし後から変更がききやすいやり方ではありますが、コスト的な観点で考えるとあまりお勧め出来ないやり方でもあります。

このあたりは色々なバランスを考えて判断することになるでしょう。

納まり検討の上で判断

色々な納まりの考え方がありますが、「これが絶対的に正しい」とかいう話はなかなかないもので、どのやり方を選んでも何かしらのデメリットはあるものです。
その中で比較的デメリットが目立ちにくい方法をその都度採用していく、というのが納まり検討の基本になってくるのではないかと思います。

さて。

鉄骨造(S造)の構造体として、鉄骨柱・鉄骨大梁・鉄骨小梁・コンクリート床の基本的な納まりについて今まで説明をしてきました。
各部屋によって床仕上の仕様が違い、その仕様によってコンクリート床のレベルが決まり、それに合わせて鉄骨梁のレベルが決まる。

この流れが鉄骨の納まり検討をする中でも重要な要素になってきて、実際にやってみるとこうしたレベルの調整は非常に手間がかかることが分かります。
鉄骨梁のレベルを下げておくのが正解だったけど現状では下がっていない…

という状況が施工者側としては最も困ることで、そうならない為に怪しいところは下げておくなどの処置をすることになります。

鉄骨を製作する為には早く鉄骨の製作図をまとめる必要がありますが、最終的な仕上納まりをきちんと把握しないと製作図をまとめることが難しい…
だけど細かい納まりを色々と検討していくには時間がなくて、ある程度のところで見切り発車的に鉄骨を製作しなければならない、というあたりが鉄骨造の最も難しいところではないかと思います。

こうした鉄骨造の納まりの中で、床コンクリートの段差について今まで色々と説明をしていきましたが、床コンクリートの端部がどのような納まりになっているのか。
よくよく考えてみるとちょっと悩んでしまうこのあたりの納まりについて、実際はどうなっているのか、納まりのポイントはどこにあるのか、などを次回は取り上げてみます。

関連記事

  1. con止めプレートの納まり
  2. 小梁の剛接合
  3. 溶接作業
  4. 溶接
  5. ダイアフラム納まり詳細図