• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

鉄骨造での床段差納まり-2

前回は鉄骨造での床段差の付け方についていくつか考えてみました。

○段差の位置を鉄骨まで移動出来るか検討する

○段差部分に鉄骨を追加する

上記のような項目について前回は紹介しましたが、今回はその話を続けていく事にします。

○デッキプレートで段差を設ける

コンクリート床に段差が必要な部分で、そのままデッキプレートで段差をつくってしまう、という考え方は最も自然な納まりではあります。
ただ、もしその納まりで何の問題もないのであれば、今まで説明してきたような納まりを検討する必要はなく、すべてデッキプレートで段差を設ければ良い、ということになりますよね。

それが難しいのは、デッキプレートの納まり上の問題があるから。
以前も少し取り上げましたが、デッキプレートは鉄骨梁と鉄骨梁の間に掛けて納めるものですから、それに段差を設けるのは難しいという話があります。

デッキの基本パターン

ただ、もしデッキプレートを掛ける方向と段差の方向が合っているのなら、鉄骨梁にデッキプレートを掛けることが出来るので、納まりとしては全然問題はありません。
デッキプレートの段差部分にZ型のふさぎ材を取り付ければ、それでコンクリートの床段差としては問題なく納まる事になります。

デッキの掛け方向が違う場合

しかしデッキプレートを掛ける方向と直交する向きにコンクリート床段差がある場合には、同じような考え方で段差を設けるとこのような状態になります。

デッキの掛け方向がNGの場合

途中で段差形状になってしまう為、デッキプレートを鉄骨梁に掛けることが出来なくなるという問題があり、この納まりは現実的ではありません。
どうしてもこのように納めたい場合には、デッキプレートを下から支えて落下しないような処理をしておく必要があり、デッキプレートのメリットをあまり生かせなくなってしまいます。

段差部分をサポートで支える場合

こうした下からの支えを「サポート」と呼びます。
サポートの考え方が成立するには、下の階にコンクリートの床が存在している必要があるので、タイミングによってはこの納まりが不可能な場合もあります。
鉄骨造では一気に各階のデッキプレートを施工していきますから、サポートを設置したいけれど下階もデッキプレートのまま、という事もあり得る訳です。

そうした色々な問題があったとしても、この納まりがベストと言える状況は結構ありますので、選択肢として持っておいた方が良いでしょう。

○デッキプレートを下げておきコンクリートを部分的に厚くする

この考え方は少々荒っぽい考え方になるので、ちょっと意見としては極端な感じになるのではないか、というのが正直な気持ちです。
コンクリート床に段差が必要なのであれば、デッキプレートをまずは下げておいて、コンクリート床の厚さで段差をつくるという考え方ですね。

今まで紹介してきた考え方は、床コンクリートの底であるデッキプレートに段差を設けるものでしたが、今回は考え方を一転させているあたりが新鮮ではあります。

鉄骨梁とスラブを下げる納まり

このような納まりにするメリットは幾つかありますが、まずは鉄骨を全部下げてコンクリートの厚さだけで段差を考える事になるので、鉄骨の納まりがとシンプルになるという事が挙げられます。
もうひとつは鉄骨梁を全部下げておくことによって、段差の位置をコンクリート打設前まで調整することが出来るというメリットも。

床段差の位置に合わせて鉄骨を追加した場合、後でプラン変更などで段差位置が変わると悲しい状態になることも、可能性としてはあります。
というかそうなる可能性は今までの経験上結構高いです。

そうなると床が下がっていなくて困るというか、床が下がっていないのでもうプラン変更は出来ませんという話になってしまいます。
しかし今回のように全部鉄骨を下げておくことによって、出来るだけ検討する期間を確保することが出来るというのは大きなメリットだと言えるでしょう。

この案には結構大きな問題点があるのですが、そのあたりの話については次回に少し説明して行ければと考えています。

関連記事

  1. 鉄骨ピースの一例
  2. 耐火塗装の例
  3. 溶融亜鉛メッキ
  4. 柱と梁のジョイント
  5. 鉄骨に絡まない位置でスラブ段差を決める
  6. ビジネス