• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

鉄筋の継手(つぎて)

前回までの話では、鉄筋コンクリート造の構造体で欠かす事が出来ない項目である「鉄筋の定着」について色々と説明をしてきました。
どこまで図面で鉄筋の納まりを検討するのか、という問題はあるものの、ある程度難しそうな部分については事前に図面で検討しておいた方が良い場合も多いです。

検討した図面の通りに実際施工出来る訳ではない、というのは間違いありませんが、その逆は間違いなく現実になってしまいます。
つまり「図面上で検討した結果、どうにも納まっていないような場合には、実際も間違いなく納まっていない」という事です。

という事で、ある程度複雑な場所はあらかじめ鉄筋納まりの検討をしておき、少なくとも図面上は納まっている状態にしておくと良いです。
図面のように理想的な納まりになることはないかも知れませんが、ある程度その理想に近い形で現実も納まることになりますから。

さて、今回は鉄筋の納まりでもうひとつ意識しておきたい「継手」について考えてみる事にします。

鉄筋コンクリート造(RC造)の建物では、これはもう当たり前の話ではありますが、柱や梁が鉄筋コンクリートで構成されていきます。
柱や梁の中に配置される鉄筋については、実際の鉄筋は製造出来る限界や運搬できる限界がありますから、ある程度の長さに決まってしまう、という問題があります。

ここまではごく普通の話なのですが、鉄筋コンクリート造の柱や梁の長さに対して、間違いなく鉄筋の方が短くなってしまう、という事実が構造体としては問題になってくる事になります。
建物の高さというのはその建物毎に違ってきますが、少なくとも一本の鉄筋よりもはるかに大きいということだけは間違いなくて、それをどうするかを考える必要がある訳です。

そこで出てくる考え方が「継手」です。

鉄筋の長さよりも柱や梁の方が長いという事は、一本の柱や梁を構成する主筋をどこかでつなげていかなければならない、という事を意味します。
実際には鉄筋の最大長さよりも短い梁があった場合でも、施工の手順などを考えると全部を一本の鉄筋で施工する訳にはいかない事が結構あります。

構造体の途中で鉄筋と鉄筋が別の部材として切り替わっていく中で、鉄筋同士を接合していくという考え方を「継手」と呼びます。
継手をどのように納めるか、というやり方については幾つかの選択肢がありますが、考え方として鉄筋をつないでいくことで構造体を構成する、ということになります。

具体的なやり方は幾つかあって、それぞれ状況に応じてそれに適した継手の考え方を選定していく事になりますが…
長さの最大値が決まっている鉄筋をつなげていく、という継手の基本的な考え方は同じなので、まずはそこを覚えておきましょう。

継手の種類と考え方について具体的に説明をしていきますが、まずは継手の種類を大きく分けると以下のように分類されます。

□重ね継手

鉄筋のつなぎ目部分で、お互いの鉄筋端部を一定の寸法だけ重ねて配置していき、継手部分は鉄筋が二本重なっている状態とする納まりを重ね継手と呼びます。
鉄筋の端部同士を重ねることによって、つなぎ目の弱点をなくそうという考え方ですね。
イメージはこのような感じになります。

重ね継手

重ね継手は最もシンプルな継手の方式で、大昔の建物はすべて重ね継手で施工されているというくらい一般的な継手の方式になります。
ただ、大口径の鉄筋については重ね継手を採用することが出来ない事や、重ねる分だけスペースが必要になるなどの特徴もあるので、その場合は別の方式を検討していく必要があります。
鉄筋の継手は重ね継手だけではなく、もう少しだけ説明しておきたい事があるので、ちょっと長くなりますが次回にもう少し続きます。

関連記事

  1. 柱と梁の面を変えて納める
  2. 鋼製型枠設置例
  3. 型枠とセパレータの関係
  4. 柱配筋
  5. 曲面型枠の例
  6. 布基礎