• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

鋼製型枠の使いどころ

コンクリートを流し込む為に組み立てられる型枠は、一般的には12mm厚の合板が利用されることが多いのですが、その理由はいくつかあります。

・木なので現場での加工が可能

・安価なのでコスト的なメリットがある

・コンクリートが硬化した後の解体が楽

これらのメリットの中で大きいのが、木という材料の特徴である「加工と解体のやりやすさ」なのですが、場所によってはそうした特徴があまり強みにならない場合もあるんです。
あまり複雑な加工が必要のない部分とか、コンクリートを打設した後で解体が必要ない部分であれば、加工がしやすくて解体が楽な木製の型枠を使うメリットはそれほど大きくない、という事です。

具体的な場所で言うと以下のような部分では、木製型枠よりも鋼製型枠の方が色々な面でメリットが大きいので、鋼製型枠が採用される場合が多いです。

・基礎 → 最終的に土に埋められたりする為型枠の解体が不要

・床 → 単純な形状になることが多く、天井裏になる為型枠の解体も不要

上記のなかで特に床については、鋼製型枠で施工するメリットが大きい為、特に大きな問題がない限り木製型枠で施工されることはない、というくらい一般的に鋼製型枠が採用されます。
鋼製型枠の場合、梁と梁の間に鋼製型枠を設置するだけで済んでしまうので、下の階から型枠を支える必要がないという大きなメリットがあるんです。

木製の型枠を採用する場合、あくまでも型枠のサイズは900mm×1800mmになりますから、ひとつの材料で梁と梁の間にかけることなど出来ません。
そうなると細かく下地を組んでそこに型枠を載せていくという「支保工」と呼ばれるものが必要になってしまう訳ですけど、床というのは面積が広いですからこれがなかなか大変な作業になります。

しかし鋼製型枠では長い寸法の部材を製作することが出来る為、例えば梁と梁の間が3mだったとしても、下図のように鋼製型枠を設置するだけで済みます。

鋼製型枠設置例

木製型枠を採用した場合、支保工を作る手間がかかる事になり、支保工によって下階の作業に大きな制限が出るなどの問題があります。
鋼製型枠を採用する事によって、支保工をなくすことが出来て、それによって下階の作業スペースもきちんと確保することが出来るというメリットがあるんです。

あまりにもスパンが長い場所などで鋼製型枠を採用した場合、荷重に対して型枠の強度が保たないことがあり、支保工が必要になる場合もありますが…
よほど無理をしない限りはそうした状況になることは少ないですから、梁の配置などをきちんと計画しておくことで、鋼製型枠のメリットを最大限に生かすことが可能になるはずです。

ただし、下階から型枠を支える支保工が不要だということは、施工を進める上では確かにメリットになりますが、工事の安全という観点からはメリットとは言いがたい部分もあります。
鋼製型枠は梁と梁の間にかけることによって型枠として成立する訳ですが、どのくらいのスパンにかけるかによって必要な鋼板の厚みなどの仕様が変わってきます。

その為、鋼製型枠を採用するにあたっては、スパン長さや床の厚さなどによる鋼製型枠の仕様を綿密に検討していく必要があります。
もしその仕様を間違えたりすると、コンクリートを打設している最中に、コンクリートの荷重に耐えられなくなって鋼製型枠が脱落する可能性があります。

コンクリートを打設している際には、作業している方が何人も鋼製型枠の上に乗っていますから、それが脱落すると大きな事故になってしまいます。
なので、支保工が不要になるというのはどういう意味なのか、という事をしっかり受け止めつつ鋼製型枠を採用する必要があります。

もちろん木製型枠の場合でも型枠にかかる荷重を確認していく必要はありますが、鋼製型枠の場合は梁にかけるだけという手軽さがありますから、その利便性だけを見るのは危険だという事も認識しておく必要があるということですね。

関連記事

  1. トラブル
  2. 梁配筋
  3. コンクリート化粧打放し
  4. 壁配筋
  5. 天井裏と梁の関係
  6. タイル仕上と構造体の関係