• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

型枠とは何か

鉄筋コンクリート造(RC造)を構成する要素は何かというと、ちょっと読んだままになってしまいますが…鉄筋とコンクリートということになります。
鉄筋コンクリート造を構成する要素のひとつとして、鉄筋についての基本的な話を前回までは取り上げてきましたので、次はコンクリート関連の内容を取り上げていこうと思います。

鉄筋コンクリートでは「コンクリートをどのような形状に造っていくか」という部分が、見た目の問題もありますので非常に重要になってきます。
そのコンクリート形状を決める為には「型枠」が重要なポイントになってきます。

なんだか「非常に重要」という言葉を連発している気もしますが…
型枠をどのような形状に造っていくかによって、出来上がるコンクリートの形状は変わってくることになりますから、まずは型枠について少し詳しく知っておくことにしましょう。

まずは「型枠とは何か?」という話から。
型枠というのは「コンクリートを流し込む為の型」を意味していています。
コンクリートは水とセメントと骨材が混ざり合ったものを指しますが、当然混ぜた当初は液状の柔らかい状態になっているので、その状態で型枠に流し込むことになります。

コンクリートの最終形がある程度複雑な形状になっていたとしても、流動的な生コンクリートですから型枠の中である程度自由に動いていき、最終的には満遍なく入ることに。
その後コンクリートが硬化すれば、型枠を解体してある程度自由な形状のコンクリートが完成する、というような流れになっていきます。

最終形のコンクリート形状をまずは決めて、そうした形状になる為の型枠をつくり、そこにコンクリートを流し込んでいく、という考え方ですね。
「ある程度」という表現を何度もしたのは、流動的な生コンクリートとは言え骨材やセメントなどが混ざっている関係で、完全な液体ではないからです。

複雑すぎる形状の型枠に生コンクリートを流し込んでも、隅々まで行き渡らずに途中で止まってしまい綺麗なコンクリートに仕上がらない可能性も結構あります。
そのあたりのバランスを取ることがRC造では重要になってきますが、コンクリート工事において型枠がどのように活用されるかは何となく伝わったかと思います。

型枠の材料としては、加工性や価格などを考慮して木が選定されることが多いですが、木以外の材料として鋼板や紙が選定されることもあります。
型枠がコンクリート打設後に解体してコンクリートを見せるのか、それとも型枠として残すのかなどによって、材料は適切に選択されていくことになります。

最も一般的な型枠として12mmの合板が広く利用されていて、12mmの合板だけでは強度的に不足している為、合板の裏を木材で補強したものが型枠として使われます。
補強として使われる木材のサイズは統一されている訳ではないのですが、48mm×25mmもしくは60mm×30mmのサイズが一般的ではないかと思います。

合板のサイズは900mm×1800mmなので、断面としてはこんな感じ。

型枠の詳細

この材料を並べたり切ったりという加工をしていき、最終的にはコンクリートを流し込むことが出来る状態にする、というのが型枠の基本になります。
もちろん木製型枠を並べるだけではコンクリートを流し込んだ時の圧力でバラバラになってしまいますので、きちんとした補強をする必要がありますが。

また、そうした補強をしていく中で、コンクリートの見映えにも影響を与える部材を使わざるを得ないことにもなっていくのですが…
そうした納りは鉄筋コンクリート造での基本パターンになっていて、どのコンクリートも同じような状態になりますので、そこは特に問題にはならないと思います。

そのあたりの取合いについては順番に説明をしていくことにして、ここではまず型枠の基本的なパターンを押さえておきましょう。
とは言っても型枠な木製だけという訳ではないので、次回は木製以外の型枠についても取り上げてみることにします。

関連記事

  1. コンクリートの爆裂
  2. 鉄筋
  3. 構造の検討
  4. ラーメン構造と壁構造
  5. 防水立上りの納まり
  6. シンプル