• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

鉄筋の定着検討をする際に

前回は鉄筋コンクリート造の構造体をきちんと成り立たせる為の重要な条件として「定着」と「定着長さ」という考え方を紹介しました。
かぶりがとれている事と、きちんと定着ながさが確保出来ている事が、まずは鉄筋コンクリート造の構造体として絶対に求められる条件になります。

鉄筋の定着について検討を進めていくと、これは実際にやってみるとすぐに分かるのですが、それぞれの鉄筋がぶつからないようにするのが非常に難しいという事に気がつきます。
実際に鉄筋の関係を図面で表現してみると、もう本当に逃げ場がないくらいに鉄筋が密集してくる部分というのがどうしても出てくるものです。

鉄筋の納まり

梁の主筋を柱に定着させようとしてのばしていくと、柱の主筋と梁の主筋がぶつかってしまうとか、柱の反対側にある梁からのびてくる主筋にぶつかってしまうとか。
または、小梁が大梁に取り合ってくる部分などで、梁のレベルが違うことによって、定着しなければならない大梁から小梁がこぼれてしまうとか。

実際に施工をしてみると、あるいは鉄筋の納まりを検討する為に配筋図を作図してみると、そのような単純な問題が山積みになっている現実に直面するはずです。
構造図を見ているだけではそこまで気がつかないものですが、具体的な納まりを表現してみると見えてくるものが結構あるんです。

とは言っても、まだ鉄筋コンクリート造(RC造)ですから、考えなければいけない要素は鉄筋だけなので、ある程度検討すれば問題なく納まるでしょう。
しかしこれが鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)になってくると…

主筋の定着をする為に鉄骨に穴をあけておいたり、二段筋の検討をしたりなどの下準備が必要になって、納まりの検討はさらに大変になっていきます。
RC造であればそこまで大変な状況にはならないと思いますが、鉄筋のかぶりや定着などを検討した結果として、コンクリートを打設する大きさを調整した方が良いという状況も結構あると思います。

実際の施工時期にそうした問題が発生すると、組み立てた型枠を一度壊してやり直すなどの無駄な工事が発生してしまい、工事は全然予定通りに進まなくなってしまいます。
施工者としては工程が予定通りに進まない状態を最も避けるべきですから、そうした問題が発生しないように、事前に納まりを把握しておく為に図面での検討が必要なんです。

施工者が作図する図面というのはその為に存在しています。
そして、事前に問題点を発見する為の図面を作図するには、こうした細かい納まりと施工を知っておく必要があって、まあこれがなかなか難しい…という現実もあります。

施工者の視点で考えると、そうした細かい施工の為の検討をする為には、実際の施工手順などを知っている必要があるのですが…
実際に施工を担当する立場の人になってしまうと、現場での業務がたくさんありすぎてなかなか図面を作図して検討するような時間を取ることが出来ないという問題があります。

かと言って、図面を専門にしている人は現場を見る機会が少ないので、本当の納まりを知らない事が結構あって、それで図面の検討することが難しかったり。
これは業務の分担化が進んだ施工者の組織が抱える大きな問題ではないかと思いますが、まあこのような感じで、現実はなかなか上手くいかない事も多いです。

と、少々話がそれてしまいましたが、鉄筋コンクリート造の鉄筋納まりを検討をする際には、かぶりと定着を強く意識しておく必要があります。
逆にそこさえしっかりと押さえておけば、あとは少しずつパターンが違うという感じになりますから、ある程度応用が出来る状態になるはずです。

関連記事

  1. 出隅形状色々
  2. 誘発目地の外壁側仕上
  3. コンクリート化粧打放し
  4. 重ね継手
  5. ボーリング調査
  6. 外壁目地の例