• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

アイソメの具体的な手順

前回はアイソメを作図する為の準備として、基準となる角度など、基本的な作図の考え方などを簡単に説明してみました。
実際には毎回このような面倒な下準備をする訳ではなく、慣れてきたらいきなりスケッチを開始しても全然大丈夫になります。

ただ、まずは基本的な考え方を整理しておかないと、毎回「どうだったかな…」みたいな事になるので、最初に基本を掴んでおいた方が良いと思います。
なので前回はアイソメの準備というか基本的な部分について説明をして、今回は簡単ではありますが具体的な手順についての話をしていこうと考えています。

さて、前回は基準の角度を決めた段階まで作業は進めたので、今回はその角度を守って実際の壁を表現してみることにしましょう。
まずは壁の出隅と床の取り合い部分を表現してみると、まずは壁の出隅ライン作図することにして、90°の線をを垂直に引いてみます。

壁出隅の表現

これでシンプルに壁の出隅が表現出来ました…と言っても線が1本だけでは何が表現されているかは全然分かりません。
なので、今度は床と壁の取り合い部分の入隅ラインを引いてみることにしましょう。
壁と床の入隅は、壁の出隅が床にぶつかったところから始まるので、先ほど引いた90°の線の一番下から、斜めのラインを両側に引いてみます。

床壁入隅線の表現

30°と150°の組み合わせが標準になりますが、場合によっては15°と165°の組み合わせの方が見やすい、という話を前回しました。
どちらの表現が見やすいかを比較する意味もあるので、ここでは15°と165°の斜めラインパターンも作成してみましょう。

15°の場合の床壁入隅線の表現

15°の違いで結構見え方が変わる、といいうのが何となく分かってくると思います。
この三本の線で壁出隅の足元が表現された訳ですけど、これではいまひとつ分かりにくいので、巾木のラインも表現してみることにしましょう。
巾木は床と壁の入隅ラインと平行になっているので、入隅ラインと平行で、なおかつ少し床から上がった位置に入れる感じになります。

巾木ラインの表現

これで何となく床と巾木と壁のラインが見えてきたのではないかと思います。
ただ、巾木の厚みがここでは表現されていないので、少し細かいですけど巾木の厚みを表現していくと、先ほど引いたラインと平行に厚みの線を入れていきます。

巾木厚の表現

これで何となく出巾木の表現になりました。
あとはちょっと表現が細かくなりますが、巾木の出隅と壁の出隅ラインを微調整して、巾木が出ているような表現に修正していきます。
細かいのでちょっと拡大図で説明すると、線はこんな関係になります。

巾木部分出隅拡大図

巾木の材質が何なのか、というのは今回特に考えていませんが、巾木天端の見え掛かりラインが狭いので、上図ではちょっと薄い巾木の表現になっていますよね。
これを入巾木の表現にしたい場合には、巾木の天端は見えて来ない事になるので、石膏ボードの出隅が逆に見えてくるような関係に。

逆に出巾木の出寸法を大きくする場合には、巾木天端の線を広くとれば、厚みのある巾木の表現になっていきます。
アイソメでは平行な線同士の距離によって厚みの表現をしていく、という事をここでは知っておいて頂ければと思います。

こうして色々な関係を三方向の線で表現していくのがアイソメになります。
線だけではちょっと分かりにくいと感じたら、色鉛筆などで色を付けてみると結構分かりやすくなったりするので、試してみることをお勧めします。

いまひとつ思った通りに作図出来なかったアイソメでも、ちょっと色を付けてみると結構分かりやすい図面になったりする場合もあります。
一手間かけるだけで見やすくなるのなら間違いなく試してみる価値はあるはずなので、床と壁と巾木の色を変えて表現してみるなどやってみると良いです。

アイソメの着色例

色を付けるとこんな感じ。
本当は線だけで表現したいところですが、文字を入れるとさらに分かりやすくなるので、せっかくだから入れておいた方が良いと思います。

関連記事

  1. まずは机上で確認する
  2. 図面を描く人と実際に施工する人は別
  3. 30°の基準ライン
  4. どうしても調整業務は出てくる
  5. クリアランスを意識した外壁まわり断面図
  6. Dボードの小口