• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

スケッチの意味と効果と

建物を施工していく中で、色々なプランや仕上材などが決まっていない状態だと、施工を進めてもやり直しになってしまう可能性があります。
そうした手戻り的な作業はお金と時間の無駄になってしまうので、出来るだけそうした無駄をなくしていく事が施工者としては重要になってきます。

しかし設計者の立場で考えると、工程表通りの施工を進めていく際に、施主の要望などがまだ出ていなかったりなどで色々と決まらない状況になる場合も多い。
そうした施工者と設計者の立場の違いがあって、それによって施工が円滑に進まなくなる可能性も結構ある、というような話を前回はしてみました。

これは別に設計者が施工者の邪魔をしているなどの話ではないですし、施工者が設計者の思惑を無視して施工を進めたいと思っている訳でもありません。
少しずつお互いに重要視している事や業務が違っている中で、どうしても発生してしまう、施工段階での問題点だと言えると思います。

こうした「施工をしたいけれど方針が決まっていない」という状況は結構あるので、それを以下に少なくしていくかが施工者の業務になっていきます。
出来るだけ早めに納まりを決めていき、その考え方を設計者と情報共有する為には、建物の最終形のイメージをお互いに共有することが重要になってくるのですが…

建物の最終形について設計者と施工者が同じものを目指している、という共通認識を持つ為には、手描きの簡単なスケッチを利用するのが効果的です。
今回はそうした「簡単なスケッチ」について色々考えてみることにしましょう。

手描きスケッチの効果

設計図では建物の基本的な方針を示す為に色々な図面を用意しますが、それはあくまでも平面的な情報でしかありません。
もちろん断面図や展開図も用意するのですが、高さ情報を盛り込んだ断面図であっても、そこに奥行きがない以上は立体情報とは言えません。

平面図に対してこのような断面図がある、というような形で情報を補完する事によって、その建物がどのようなイメージになっているかを知っていく、という感じです。
しかしそれでは情報の伝達が不充分なので、設計者は建物のイメージを伝える為に「パース」と呼ばれるイメージ図を大抵の場合は用意します。

パースの一例

これは施主の為に用意する資料ではありますが、もちろん実際に施工をする施工者にも建物のイメージが正確に伝わった方が良いので、パースは施工者にも配布されます。
こうしたイメージ図を用いる事によって、設計者と施工者とで建物の完成形情報を共有することになる、という流れになります。

ただ、こうしたパースはあくまでも「意匠的に頑張りたい部分」を重点的に作成する事になって、建物すべてを網羅する事は難しいという現実もあります。
とは言っても、建物の納まりは意匠的に頑張りたい部分だけではなく、もっと一般的でパースを作成しないような部分でも検討が必要になってくるのですが…

そうしたパースがない場合でも、手描きで簡単なスケッチを作成する事で、設計者と施工者とで共通認識を持つことが出来るようになります。
作図するのは設計者でも施工者でも良くて、さらに言えば数値などの関係性が完全ではなくてもそれ程大きな問題にはなりません。

もちろんあまりにもスケール感の違うスケッチでは、建物の最終形をイメージする事が出来ないので、ある程度の精度は必要になりますが…
お互いに「この部分は最終的にこのようなイメージになる」という認識を、簡単なスケッチによって得る事が出来れば、そこには大きなメリットがあるはずです。

設計者がスケッチを作図するのは「ここはこんなイメージで仕上げたい」という要望がある場合で、それを施工者に伝えるという目的があります。
逆に施工者がスケッチを作図する場合は「設計図によるとこのようなイメージになりますが、問題ありませんか」という確認を取る目的があります。

どちらの目的であっても、スケッチには大きな効果があるので、納まり検討に携わる場合にはこうしたスケッチを作図出来るようになる事をお勧めします。

関連記事

  1. 下地位置の決定がまずは重要に
  2. どうしても調整業務は出てくる
  3. 美しい建物
  4. Dボードの小口
  5. 標準をベースにする事の意味
  6. まずは外壁の検討が最優先