• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

溶融亜鉛メッキについて考える

前回は建物の外部で金属を採用する場合にどのような選択肢があるのか、という事について考えてみました。
やはり鉄はどうしても錆びやすいので、アルミニウムやステンレスなどを採用する場合が多いのですが、鉄が全く採用されない訳ではありません。

コストなどを考えていくと、やはりここは鉄を使いたい、という事になる場合はかなり多いので、外部といえども鉄を使う場合はかなり多くなってくるはずです。
しかしそのまま外部に鉄を採用すれば錆びてしまうだけなので、今回は錆びない為にどうするかを紹介していきたいと思います。

と言うことで、鉄を溶融亜鉛メッキ処理するという選択肢について考えてみましょう。

溶融亜鉛メッキというのは、鉄を亜鉛メッキ層に浸すことによって錆から守るコーティング処理をする、という感じの材料になります。
ただしこれは見た目がかなり変わってしまい、下図のように鉄がギラギラの状態になってしまうので、見た目を重視する場合にはあまりお勧めすることは出来ません。

溶融亜鉛メッキ処理直後の状態

これはちょっと見た目としては良くないのですが、このようなギラギラな状態がずっと続く訳ではなく、時間の経過と共にギラギラ感は薄れてきます。
最終的には艶のないグレーっぽく見えてくる事にはなるのですが、それでも見た目が素晴らしく良い訳ではありません。

見た目があまり良くないとは言っても、外部で鉄を使用する場合にはこうした処理をかけておかないと錆びてしまうので仕方がありません。
構造体であるかどうかに関わらず、外部に使用する鉄骨は基本的に溶融亜鉛メッキ処理をすることが前提になっています。

ただ、鉄を溶融亜鉛メッキ層に浸す際には、メッキ層は高温になっているので、薄い鉄板を入れると曲がったり穴が空いてしまうなどの問題があります。
小さい鉄骨なども曲がってしまう可能性があるくらいなので、薄い鉄板に関しては確実に問題が発生するのでNGという事に。

なので、薄い鉄板を溶融亜鉛メッキ処理するのは難しく、そうした場合には先ほど紹介したようなアルミやステンレスへの変更を考えるしかありません。
このあたりの判断は見た目とコストを視野に入れながら、建物全体をトータルで考えた上で判断していく事になると思います。

最後にZAM鋼板について。

通常鉄板を曲げてパネル状にする場合には、1.6mm程度の鉄板を使うのですが、この厚みでは溶融亜鉛メッキ層に入れることは出来ません。
そうなると先ほども書いたように、アルミ曲げパネルにするかステンレス曲げパネルにするか、という変更を検討する事になります。

しかしコスト的に鉄を採用したい場合もあって、そうした状況ではZAM鋼板を採用するという選択肢もあります。
ZAM鋼板というのは、亜鉛とアルミニウムとマグネシウムのメッキ層を持っていて…

:Zinc(亜鉛)

:Aluminum(アルミニウム)

:Magnesium(マグネシウム)

上記の頭文字を取った鋼板です。
割と歴史が浅い材料ではありますが、優れた耐食性と加工性を持つ材料なので、採用される割合が少しずつ増えてきている状態です。

外部で鉄を採用する場合は無条件に溶融亜鉛メッキ処理をしなければ、という考え方は少し古くなってきている感じです。
ただ、ZAM鋼板はその名前の通り、あくまでも鋼板なので、鉄骨などの部材はやはり溶融亜鉛メッキ処理をしていく必要があります。

ただ、メッキ層に浸けられない鋼板に関しては、代替品としてZAM鋼板を採用する場合が多くなってくるのではないかと思います。
こうした優れた材料が開発されてくると、デザインの選択肢が多くなるはずなので、設計者にとっても施工者にとっても嬉しい事ですよね。

関連記事

  1. 図面を描く人と実際に施工する人は別
  2. クリアランス=隙間
  3. 下地の検討が最も重要になる
  4. Dボードの小口
  5. 3DCADでの検討例
  6. クリアランスを意識した外壁まわり断面図