• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

仕上納まり-壁の記事一覧

ECP素地

押出成形セメント板(ECP)の仕上

さて、前回までは施工者の考えとか理想的な仕事の流れなどについて色々と書いてみましたが、ちょっとと言うかかなり語りすぎてしまいました… きっと仕事が理想的な流れになっていかないという話は、建築関連の仕事だけではなく、恐らくどの業界でも似たようなものではないかと思います。 このあたりの話はさすがにもうやめにして、今回は押出成形セメント板(ECP)の表面仕上げをどのように考えるか、というあたりを考えてみ […]

続きを読む

現実は理想通りにはいきにくい

仕事の理想と現実と

前回は少し話が逸れてしまいましたが、建物の様々な部分の納まりについて検討をする際に、施工者がどのような事を考えるか、という話をしてみました。 私が実際に全ての施工者に対してインタビューした訳ではないので、これはあくまでも私の個人的な感想でしかありませんが… 基本的なスタンスはどの施工者も恐らくそれほど変わらないと思います。 あらゆる部分の納まりがきちんと決まっていて、それを元にして様々な製作物を工 […]

続きを読む

残り時間との兼ね合いを考える

施工者の都合について考えてみる

前回は押出成形セメント板(ECP)の納まりとして、特に外壁にECPを採用した場合の具体的な納まりについて考えてみました。 当たり前の話ではありますが、ECPを縦張りにする場合と横張りにする場合とで、納まりの考え方は結構違ってくることになります。 そうした状況を踏まえて鉄骨部材の対応や床コンクリートの止まり位置を決めていく、という検討や調整を施工者としては早めに進めていきたいと考える訳です。 ちょっ […]

続きを読む

ECPと床コンクリートの納まり

ECPの外壁納まり

前回は押出成形セメント板(ECP)の標準サイズについての話と、内壁に採用する場合の具体的な納まりについて説明をしました。 アングル+Z型金物の納まりパターンは内壁でも外壁でも基本的には一緒ですから、今回紹介するECPの外壁納まりについても、恐らくそれ程違和感を感じないはずです。 ただ、外壁としてECPを採用する場合には、ECPを固定する下地の為に、鉄骨に何らかのピースを取り付けておく必要があります […]

続きを読む

内壁ECPの足元納まり

ECPの基準サイズと内壁納まり

前回は押出成形セメント板(ECP)の基本的な仕様や、ECPが持っている特徴にはどのようなものがあるのかなどについて説明をしました。 色々考えてみるとあまりALCと変わらないような気がしますが、実際には見た目や使い道などが違ってくるのでキャラがかぶっている事はありません。 とは言いながらも、ECPについて説明をする際には頻繁に「これはALCと同じ考え方で…」みたいな表現をしている気がしますが… AL […]

続きを読む

押出成形セメント板(ECP)の特徴

建物は地震など外部からの力によってある程度動いていくもので、その外壁として採用されるALCも同様に、建物の動きに追従していく納まりになっています。 微妙にではありますが動きのある外壁の下地に対しては、無条件に表面仕上材を張っていくことが出来ない場合もある、という事について前回は説明をしました。 もちろんタイルを張るなどの納まりが絶対にNGという訳ではありませんが、ALCの割付にあわせてタイルを割り […]

続きを読む

ALCのロッキングイメージ

ALCのロッキングについて考える

前回はALC壁の表面にどのような仕上材が選定出来るかについて考えてみましたが、実際にはそれほどたくさんの選択肢がない事が分かりました。 外壁の仕上材で選定出来ないものがある、というのは意匠設計者にとって結構大きな問題になってしまいます。 もちろんタイルなどでも完全に採用出来ない訳ではないのですが、鉄筋コンクリートの壁に比べると少し条件が良くないのです、検討が必要になってくるという感じです。 仕上材 […]

続きを読む

ALCの表面イメージ

ALCの表面仕上について考える

前回は内壁や外壁でALCがどのような納まりになっているか、というあたりについて図面を交えながらいくつかの納まり例を紹介しました。 ALCには縦張りと横張りの納まりがあって、ALCの向きによってそれぞれ納まりが変わってきて、それによって鉄骨に必要な下地ピースも変わってくる事になります。 特に外壁でALCを選定した場合には、どちらの向きに張っていくかによって建物の見た目が大きく変わるので、意匠的な判断 […]

続きを読む

ALC外壁縦張り納まり例

ALCの基本納まり

ちょっとALCについての説明が長くなりつつあります… 外壁としてのALCについては説明したいことが結構たくさんありますので、少し長くなっていますが最後までどうかお付き合いください。 今回はALCの基本的な納まりがどのようになっているのか、というあたりの話になります。 前回も少し触れましたが、外壁として用いられるALCは縦張りと横張りの納まりがあり、内壁の場合は縦張り納まりになっていきます。 まずは […]

続きを読む

ALC外壁のイメージ

ALCの納まりと注意点

前回は壁の下地としてALCと呼ばれる建材を取り上げて、その名前の由来や製造過程による特徴について紹介をしてきました。 使い勝手がよいので様々な構造の建物で採用されるALCですが、RC造であれば鉄筋コンクリートの壁という選択肢もある関係で、特にS造に向いている壁と言えるでしょう。 今回は引き続きALCについての話を進めることにして、ALCのサイズについての話と納まりの基本パターンについて考えてみるこ […]

続きを読む