• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

ALCのロッキングについて考える

前回はALC壁の表面にどのような仕上材が選定出来るかについて考えてみましたが、実際にはそれほどたくさんの選択肢がない事が分かりました。
外壁の仕上材で選定出来ないものがある、というのは意匠設計者にとって結構大きな問題になってしまいます。

もちろんタイルなどでも完全に採用出来ない訳ではないのですが、鉄筋コンクリートの壁に比べると少し条件が良くないのです、検討が必要になってくるという感じです。
仕上材の選択肢が狭くなる傾向にある要因のひとつとして、「そもそもALCは動く」という特徴があるのですが、今回はその特徴について考えてみることにします。

建物は基本的に地震など外部から受ける力によって少しずつ動きます。

動かないようにと建物を堅牢な造りをしたとしても、外部からかかる力に対して完全に動かない状態を作り上げるのは至難の業なんです。
実現不可能な状態を目指していくのは無理があるので「建物は外部からかかる力によって動くものだ」と考た方が自然だという事が言えます。

そう考えて外壁の納まりを検討すると、例えば外壁に採用したALCも建物の動きにあわせて少し動いていく方が良い、という事になります。
このような考え方があって、外壁で採用されるALCは建物の動きにあわせて少しずつ動くような納まりで取り付けられることになります。

ALCが動く考え方は二種類あって、ひとつが「ロッキング」と呼ばれる考え方で、もうひとつが「スウェイ」と呼ばれる考え方。
ロッキングというのはALCの上下にある取付け部が微妙に回転していくことによって、並んでいるALCが全体的に少しずつ傾いて動く納まりです。

ALCのロッキングイメージ

一方スウェイというのは外壁のALC1フロア分を一枚の壁とみなし、建物の動きにはALC面の上部が建物に対してスライドしていくことで動きを吸収するという考え方。
割合としては圧倒的にロッキングの考え方が多く、ヘーベルなどではスウェイウォールの販売を中止している状況もあるので、スウェイについては考えなくても良いかも知れません。

ロッキングのイメージを見て頂ければ分かると思いますが、たとえ少しであっても、建物の動きに合わせて外壁が動くことになるというのは大きな話です。
こうして動いていくALC壁の上に何も考えずにタイルを張る、というのは色々な問題がある、という事は何となくイメージ出来るのではないかと思います。

もちろん外壁のALCに対してタイルを張っていくことが完全にNGという訳ではなくて、外壁として動くことを考慮に入れた納まりを検討する必要がある、という事です。
こうした状況があるので、鉄筋コンクリートの壁にタイルを張っていくことに比べると、ALCにタイルを張る方が難しいという事になる訳です。

ALCは600mm巾のパネルを連続して張っていくことで外壁を構成する事になりますが、ALCのジョイント部には必ずタイルの目地を持ってくる必要があります。
これは、ALCのジョイント部分をまたいでタイルを張ってしまうと、それぞれのALCが個別に動いた時にタイルが剥がれてしまう危険があるから、という理由があるからです。

さらに、こうしたALCの動きを考えると、ALCジョイント部分にはタイルの目地ではなくシールを施工する必要があることも分かってきます。
それぞれのALCが微妙に回転しながら動いていくので、タイルの目地もその動きにある程度追従していく必要があるので、それを考えるとどうしてもシールになってしまうんです。

こうした考え方はALCだけではなく、工場で製作してきたものを現場で張っていく納まりではよくあるパターンとも言えますが…
少なくともALCの場合は完全に固定する納まりはなくて、ロッキングという考え方で施工されることになるので、その上に仕上材を施工する際には注意が必要であることは間違いありません。

ようやくALC関連の説明が終わったので、次回は次の壁下地として押出成形セメント板(ECP)について取り上げていくことにします。

関連記事

  1. 壁塗装仕上の一例
  2. AW開口に誘発目地を考慮した納まり
  3. 定番が一番の場合は結構多い
  4. レールファスナー工法の金属パネル納まり
  5. エントランスホールの一例
  6. 耐火遮音性能を持つLGS壁納まり