• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

仕上納まり-壁の記事一覧

45二丁掛けタイルの施工例

壁下地位置に合わせてタイルを調整

外壁タイル割りの一例として、前回は45二丁掛け(よんごにちょうがけ)タイルの割付けについて、具体的な寸法を例に出して考えてみました。 タイルは商品のサイズがあらかじめ決まっているという特徴があって、それを綺麗に並べていく方が見映えが良い、という考えをベースにして今回のような検討をしていきます。 前回は900mm×900mmの柱なので仕上面としては15mm+900mm+15mmなので930mm×93 […]

続きを読む

45二丁タイルの立面図

外装タイル割付の考え方

内壁にタイルを貼っていく納まりは、壁下地にタイルを接着貼りしていくというシンプルなものになっていて、タイルが建具に取り合う部分についてはシール納まりになる。 このような話を前回までの話では取り上げてきました。 外壁のタイルについても、アルミ建具との取合いがシールになっていたはずなので、外壁も内壁も基本的には建具まわりをシールで納めるという事になります。 このあたりの納まりは建物によって大きく違って […]

続きを読む

建具とタイルの間はシール

タイルの建具まわり納まり(内壁)

前回はタイルと建具との関係がどのような納まりになるのか、という部分について考えてみましたが、外壁部分の納まりについての話で終わってしまいました。 外壁タイルの方が納まりのパターンが複雑なので、先に説明する事になるのは仕方がないかなと思いますが、今回は引き続き内壁タイルと建具との関係について考えていくことにしましょう。 内壁タイルの納まりは基本的にLGS+石膏ボードもしくはケイ酸カルシウム板の上にタ […]

続きを読む

外壁建具タイル抱き納まり

タイルの建具まわり納まり(外壁)

壁仕上材としてタイルを選定する場合、標準的な部分の納まりは比較的シンプルになるので、角の部分をきちんと押さえておけば納まりとしては問題ありません。 という事で前回はタイルの出隅・入隅納まりについて紹介をしました。 そもそも出隅は専用のタイルが製品としてあるかどうかが問題になってきて、用意されていない場合にどうするか、という話でしたが… タイルのカタログを色々と見る限り、国産のタイルを採用する限りは […]

続きを読む

タイル出隅納まりの例

タイルの出隅・入隅納まり

前回は内壁にタイルを採用する場合の納まりについて、結局はかなりシンプルな感じになっていましたが、具体的な納まりを紹介しました。 特に内壁に関して言える話なのですが、壁の一般的な部分の納まりというのは割とシンプルな場合が多い、ということが言えると思います。 なので、あまり身構えなくても大丈夫です、と言うことをここではお伝えしておこうと思います。 さも難しそうな雰囲気を出しながら説明をしているのは私自 […]

続きを読む

LGS壁にタイル貼の納まり

壁下地の違いによる内壁タイル納まり

内壁としてタイルを採用する場合、タイルの見た目が美しいから壁として採用する場合と、浴室などで常に水がかかっている場所で採用される場合とがあります。 タイルは水に濡れても問題ない建材であり、見た目も美しいし選択肢も豊富なので、浴室などではよく採用される仕上になってくると思います。 タイルのコストは石よりも安い、という理由もまずまずの割合であるはずです。 コストが安いとは言っても、タイルにはタイルの美 […]

続きを読む

アスファルト防水とタイルの納まり

壁下地の違いによる水廻りタイル納まり

前回は外壁にタイルを採用する場合の基本的な納まりがどのような感じになるのか、というあたりについて考えてみました。 壁下地が鉄筋コンクリートなのかそれともECPなのかによって、納まりの考え方は結構変わってくることになる、ということがなんとなく掴めてきます。 外壁にタイルを採用する場合には、採用するタイルの色やサイズなどによって、その建物の雰囲気が決まってしまう事になります。 この重要なタイルの品番決 […]

続きを読む

外壁タイルのイメージ

壁下地の違いによる外壁タイル納まり

壁仕上材としてタイルを選定した場合の基本的な納まりは、石とは違って接着剤やモルタルなどの「湿式工法」になる、という話を前回は取り上げました。 壁下地に貼り付けていくだけなので納まりとしてはシンプルになるけれど、壁仕上位置にあわせて壁下地の位置を決めておく必要があります。 そしてタイルは大きさが決まっている仕上材でもありますから、ある程度綺麗にタイルを並べておくことも考えなければなりません。 そのタ […]

続きを読む

壁タイル貼の一般的な納まり

タイルの特徴と納まり

壁仕上げを石にする場合の納まりについて説明をしていく中で、壁下地の施工精度を吸収する為の納まりにしておく、というような話がありました。 建物を実際に施工していく中では、図面で検討したとおりにキッチリとした寸法が実現出来る訳ではなく、ある程度施工精度によるずれが発生する訳ですが… 最終的な仕上の納まりを検討する際には、そうした施工精度の悪さを吸収していくことが可能な納まりにしておく、という事が重要に […]

続きを読む

CADでは精度良く作図が出来る

逃げを見る納まりの考え方

前回は壁を石にした場合の具体的な納まりとして、金物にダボピンを付けて石に上下を固定していく納まりを紹介しました。 その際には金物を二種類使用して、前回の例で言えばC型鋼にプレートと引き金物を取り付ける事で、壁下地の精度を仕上面に出さないように工夫をしていきます。 こうした出入りの調整は施工をしていく上で非常に重要なポイントになっていて、この精度調整の計画が上手くいかないと最終的な仕上は綺麗には納ま […]

続きを読む