• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

ECPの外壁納まり

前回は押出成形セメント板(ECP)の標準サイズについての話と、内壁に採用する場合の具体的な納まりについて説明をしました。
アングル+Z型金物の納まりパターンは内壁でも外壁でも基本的には一緒ですから、今回紹介するECPの外壁納まりについても、恐らくそれ程違和感を感じないはずです。

ただ、外壁としてECPを採用する場合には、ECPを固定する下地の為に、鉄骨に何らかのピースを取り付けておく必要があります。
そのあたりを意識しつつ、外壁ECPの納まりについて考えていくことにしましょう。
まずはECPを縦張りにする場合の納まりについて。

ECPの足元基本納まり例

基本的には内壁の場合と同じような考え方になりますが、外壁になるので上下共に床コンクリートがない納まりがほとんどになるはずです。
そうしないと外壁と外壁の間に床コンクリートが見えることになってしまい、建物の外観が非常に変な感じになってしまいます。

ECPと鉄骨梁の関係

これは建物の見た目としてあり得ない状況ですので、もちろん床コンクリートは外壁から少し逃げた位置で止めておくことになります。
そうなるとやはりECPを固定する為のアングルは、鉄骨から何らかの受けを出しておき、その受けに対して取り付けていく納まりになるかと思います。

建物の各階は耐火構造によって区切られている必要があります。
そうしないと火災が発生した際には、区切られていない隙間から炎が一気に廻ってしまうので、建物の安全上好ましくありません。

もちろんそうした内容は建築基準法に記載されているので、外壁であるECPと床コンクリートの間はきちんと塞いでおく必要があります。
具体的にはこのような納まり関係になります。

ECPと床コンクリートの納まり

外壁がECPの場合は上図のような関係になりますが、外壁がALCになって場合には、厚みが違うので少し床コンクリートとの関係が変わってきます。
このように、外壁との関係によって床コンクリートをどこで止めておくかが決まってくる事になるので、外壁廻りの納まりを決めておく事は非常に重要な事だと言えるでしょう。

施工者側の意見をここで書いてみると、こうした細かい関係性について出来るだけ早い段階で方針を決めておき、様々な図面に反映しておきたいとまずは考えます。
あまり納まりの方針が具体的に決まりそうにない場合には、後でどう転んでも良いような関係で方針を決めて、やはり様々な図面に反映したいと考えます。

要するに決まっていない場合でも、後で何とかなるような関係に決めてしまい、その情報でまずは整合を取っておきたいという考え方をする訳です。
最終的に正しいかどうかはともかくとして、統一された方針で進めておかないと、後でまとめる業務が非常に大変なことになるので、そうした気持ちになるのだと思います。

次にECPを横張りする場合の納まりですが、これはやはりALCと似たような納まりになり、ECPのジョイント部分に固定用の鉄骨が必要になってきます。

ECP横張りの納まり

縦張りの場合は上下階の梁にECP固定用の部材を取り付けておく必要があり、横張りの場合はECP固定ようの間柱を取り付けておくことに。
ECPを縦張りにするか横張りにするかによって、必要な鉄骨の対応は大きく違ってくることになるので、まずはこの基本方針を決めておきたいところです。

意匠設計者がECPを縦張りにするか横張りにするかを決めることが出来ない、というようなことはほぼなくて、きちんと設計図に意匠的な考え方は記載されているはずです。
なので特に心配しなくても納まりの基本的な方針は決まってくることになって、それをベースにして細かい調整を施工者側で進めていくことになります。

ECPの具体的な納まりについての話はこのあたりにしておき、次回はECPの表層仕上をどのように考えるか、という話をしていきます。

関連記事

  1. ALC外壁のイメージ
  2. 耐火遮音性能を持つLGS壁納まり
  3. 定番が一番の場合は結構多い
  4. 下地位置を調整してタイルを割り付けた例
  5. ALCのロッキングイメージ
  6. RC下地石壁の一般納まり