• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

仕上納まり-壁の記事一覧

壁を石とした場合の一般的な納まり

石の仕上代と施工精度の考え方

壁仕上材として石を採用する場合、石の厚みは最低でも30mm程度とし、壁下地からの仕上代は100mm~120mm程度は必要、という話を前回まででしてきました。 他の仕上材がどのような納まりになっているかを知ってくると、石の仕上代は結構大きめになっているということが分かってくると思います。 今回は引き続き壁石の納まりについての話という事で、この100mm~120mmという仕上代が本当に必要なものなのか […]

続きを読む

湿式工法と乾式工法

石の厚さについて考える

前回は壁仕上材として石を採用した場合の具体的な納まりを紹介しました。 石の小口にダボピンを入れる穴をあける関係で、30mm程度の厚みはどうしても必要になってきて、それを含めると仕上代は120mm程度と結構大きくなってしまいます。 ダボピン用の穴付近で石が割れたりしないように、という事を考えると、安全を見て本当はもう少し石が厚い方が良いのですが… 壁の石厚が大きくなるとその分使用する石の物量が増えて […]

続きを読む

RC下地石壁の一般納まり

石仕上の壁納まりについて考える

建物の壁として主に採用される仕上材の種類についての話を前回は取り上げてみました。 選択出来る壁仕上材の種類は結構たくさんあって、ある程度グレードによって分類されるので、場所によって使い分けていくことになると思います。 もちろん壁仕上材のグレードには差がありますが、それぞれの部屋によって適切な壁仕上というのがグレード以前の話としてあります。 例えば事務室など、毎日そこにいて業務をするような部屋であれ […]

続きを読む

エントランスホールの一例

壁の表面を仕上げる材料たち

今まで色々と壁の下地関連の話をしてきて、全てを説明出来ている訳ではないかも知れませんが、大体のところは紹介出来たのではないかと思っています。 鉄筋コンクリート壁・ALC・ECP・鉄骨下地・LGS・石膏ボードと、外壁に向いている壁下地から内壁でしか採用出来ない壁まで様々でした。 「壁下地」という分類と「壁仕上」という分類が、納まりを覚えていく上で分かりやすいかどうか、という部分については正直言ってあ […]

続きを読む

グラスウールのイメージ

遮音性能の為に必要なグラスウール

前回はLGS下地+石膏ボード壁の性能として「耐火性能」と「遮音性能」の壁納まりを一例として紹介してみました。 特に遮音性能を持っている壁の納まりは色々なパターンがあるので、LGS配置の考え方などを含めて基本的な考え方を押さえておきましょう。 遮音性能は基本的に、石膏ボードの質量が大きい事と、壁の両側をLGSでつなげない事、そしてLGS内に出来るだけ密度の高いグラスウールを入れる事がポイントになって […]

続きを読む

耐火遮音性能を持つLGS壁納まり

石膏ボードの納まりと開口

LGS下地+石膏ボード壁の性能は様々なグレードで用意されていて、建物の場所毎に適切な仕様を選んで区分していくことが設計者には求められます。 施工者はそうした区分をベースにして細かい納り検討を進めていく事になりますが、壁の仕様によってどれくらいLGS下地と石膏ボードとの関係が変わってくるものなのか。 今回はそのあたりについて具体的な数値とあわせて考えてみることにしましょう。 まずは最も標準的なLGS […]

続きを読む

コストを意識した検討が必要

LGS+石膏ボード壁の仕様

石膏ボードは基本的にLGS下地の両側に張っていくものです。 それによって部屋と部屋を区切っていくことが出来て、さらに耐火性能や遮音性能などを付加したい場合でも、壁の仕様を変えることで対応することが出来ます。 壁の仕様によってLGSをどこまで伸ばしておけば良いのかも変わってくる為、それぞれの部屋でどのような仕様の壁が必要なのかを明確にしておくことが重要になってきます。 このあたりの検討や区分は設計者 […]

続きを読む

テーパーエッジの継ぎ目処理

石膏ボードの継ぎ目について

前回は石膏ボードの厚みと大きさの種類をいくつか紹介して、3×6版(さぶろくばん)と呼ばれる910mm×1820mmのサイズが一般的に使われるという話をしました。 21mm厚の商品については巾を910mmではなく606mmにしていて、厚みが増えることによる重量の増加に対応をしているのですが… 石膏ボードの厚みによって大きさを変えてしまったら、見た目にも影響が出てしまうのではないか、と思った方もいるか […]

続きを読む

石膏ボードのイメージ

石膏ボードのサイズ

前回はLGSの上に張られることが多い材料である「石膏ボード」の特徴について、悪い方向の特徴を含めて色々と考えてみました。 コストや施工性などを考えるとはやり石膏ボードは便利だという事になるのですが、これは確かに事実であると私も思っています。 このまま引き続き石膏ボードについての話を進めていきますが、今回は石膏ボードの基本的な大きさなどについての話を進めていくことにします。 石膏ボードの仕様はかなり […]

続きを読む

石膏ボードのイメージ

石膏ボードとは何か

前回はLGSの上部納まりについて、上階の床コンクリートまでLGSを伸ばすのか、それとも天井まで伸ばしておくか、という納まりパターンを紹介しました。 床コンクリートまで伸ばす場合と天井までの場合との区分は、LGS壁の仕様によって変わってくる、という話も納まりと一緒に説明しました。 LGS壁にはたくさんの種類があって、それぞれの場所によって壁に付加される性能は本当に多種多様になります。 そうした仕様に […]

続きを読む