• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

壁下地位置に合わせてタイルを調整

外壁タイル割りの一例として、前回は45二丁掛け(よんごにちょうがけ)タイルの割付けについて、具体的な寸法を例に出して考えてみました。
タイルは商品のサイズがあらかじめ決まっているという特徴があって、それを綺麗に並べていく方が見映えが良い、という考えをベースにして今回のような検討をしていきます。

前回は900mm×900mmの柱なので仕上面としては15mm+900mm+15mmなので930mm×930mmになるという話がまずはありました。
しかし実際にタイルを並べてみると、タイルのサイズが決まっている関係で、上手い具合に930mmにはならない、という話で終わりました。

900角のRC壁にそのままタイルを貼った場合

構造体から追いかけると壁仕上面は930mmだけど、タイルのサイズを優先させると近い寸法でも895mmもしくは995mmになる、という感じでした。
このタイルと壁下地の関係をどのように調整して納めていけば良いのか、というあたりの話を今回は続けていこうと思います。

まずはタイル割付けの基本的な考え方は二通りあります、という話から。

・現状の壁下地にあわせてタイルを切る

・タイル割付けに合わせて壁下地位置を調整する

ちょっと当たり前すぎる話ではありますが、壁下地位置を優先させるのか、それともタイル割付けを優先させるのかという話がまずはあります。
どちらの方針が良いのかという点についてはケースバイケースになってくるので、必ずこうしなければならないという種類の話ではありません。

その場所によって適切な考え方で納めていけば良いので、今回はそのあたりも含めて色々と考えてみることにしましょう。
現状の壁下地にあわせてタイルを切る場合は、つまり930mmの外形にタイルを合わせるという事になるので、どこか1枚のタイルを65mm切る事になります。

65mmカットしたタイルの例

どこに65mmカットしたタイルを配置するかの考え方は様々ですが、そもそもこの時点で見映えはあまり良くないので、どこに配置してもあまり変わりません。
見た目を考えると全てのタイルを少しずつ切る方が綺麗に納まりますが、これは手間とコストなどを考えると全然現実的ではないのでお勧めは出来ません。

45二丁掛けタイルの施工例

そもそも45二丁掛けタイルは上図のように、施工性を考えて300mm×300mmのサイズで一体になっている製品である場合がほとんどです。
紙が張ってあるものがひとつの製品になっているので、全部少しずつカットはちょっと無謀というか何というか、やめた方が良いという感じです。

こうした発想はタイル現物を見ないで図面だけで検討をしている人にありがちで、このような検討をすると実際に施工をする人の反応は最悪になると思います。
もちろん意匠的に絶対譲れない場合はそれでも押し通す事になりますが、少なくとも今回の例のような場合はそこまでの話ではありません。

どうしてもタイルを同じに見せたいのであれば、タイルに合わせて壁下地を調整すれば良いだけ話で、それがタイル割付け検討の基本になりますから。
それをしないのであれば、どこかに小さめのタイルが入ることになるのは当然なので、ある程度はそれを受け入れる必要がありmさう。

という事で、壁下地ありきでタイルのサイズを調整する考え方は、どこかにカットしたタイルが入ることになるので、意匠的には妥協という感じになります。
場所によってはそうした考え方をしても良いのですが、そもそも外壁にタイルを貼る場所という時点であまり妥協出来る場所ではないという事に。

そうなると、今回の例で説明したような、壁下地にあわせてタイルを貼っていくという考え方は、あまりお勧め出来ない考え方だという結論になってしまいます。
次回は逆の考え方として、タイルの位置をベースにして壁下地を調整する考え方について説明を津づけていこうと思います。

関連記事

  1. テーパーエッジの継ぎ目処理
  2. グラスウールのイメージ
  3. ステンレス曲げパネルの納まり例
  4. ALCの表面イメージ
  5. 遮音性能のイメージ
  6. 湿式工法と乾式工法