• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

逃げを見る納まりの考え方

前回は壁を石にした場合の具体的な納まりとして、金物にダボピンを付けて石に上下を固定していく納まりを紹介しました。
その際には金物を二種類使用して、前回の例で言えばC型鋼にプレートと引き金物を取り付ける事で、壁下地の精度を仕上面に出さないように工夫をしていきます。

こうした出入りの調整は施工をしていく上で非常に重要なポイントになっていて、この精度調整の計画が上手くいかないと最終的な仕上は綺麗には納まりません。
これは石の納まりだけに限った話ではなく、あらゆる場所で同じような話になってくるはずです。

こうした納まりを「逃げを見ておく」などと言ったりしますが、これは建築関連の納まりを検討する上で非常に重要なポイントだと言えるでしょう。

施工精度の調整

鉄筋コンクリートであっても鉄骨下地であっても同じ話で、壁下地が完璧な精度で施工されている事は非常に少ないというか、ほぼ皆無と言っても良い状況です。
なので、こうした出入りの調整が出来るような納まりにしておかないと、壁下地の精度がそのまま壁仕上材の精度になってしまい、あまり綺麗に壁が出来上がらない事になってしまいます。

石壁の納まりパターンは上図のようなパターンだけではなく、金物の形状なども含めて色々バリエーションがあるものです。
しかし基本的な考え方はほぼ変わらず、壁下地の精度が悪くても、それが壁仕上面に影響されないような考え方になっているはず。

CADでは精度良く作図が出来る

CADで作図した図面で検討をする場合、いくらでも精度良く作図していく事が出来ますが、実際にはそこまでの精度で施工が出来る訳ではありません。
とは言っても、CADで精度悪く図面を描くのは非常に難しくて、そのような描き方をするには非常に時間がかかってしまう上、あまりそうした表現は役に立ちません。

なので、検討をする際には、図面上は精度良く作図をしていくことになりますが、どこかで調整出来る部分を作っておくことが重要になってきます。
こうした施工精度による逃げを見ておくのは施工者の役割で、設計者としてもそうした事情があることはきちんと理解しておく方が良いと思います。

ただ、あまりにも余裕を見過ぎる傾向にある施工者も中にはいるので、どこまでが適正な「逃げ寸法」なのかを意識することも重要です。
精度を良くしようと思って頑張って施工をしても完璧な精度にはならないものです。
それを、別に後で調整するから大丈夫、という気持ちで施工を進めた場合、結果として非常に精度が悪い状態になるというのは何となくイメージ出来るのではないでしょうか。

ゼロを狙って丁寧な施工をした結果として10mmのズレになるのだとしたら、±10mmくらいは良いかと思って適当な施工をしたら、間違いなく±20mmという精度になるはず。
人間の気持ちというのは残念ながらそういうものです。

いい加減な施工をすることによって発生する精度の悪さをを吸収する為の逃げ、というのはやはり考え方としてはちょっと違いますし、施工のプロとしてもこの考え方はNGでしょう。
人が施工をするものですからある程度は逃げが必要な事は間違いありませんが、その施工精度の悪さを全て吸収するような納まりには出来ない、という話でした。

これはまあ当たり前すぎる話ですから、ここで私が何度も繰り返すような事でもありませんが…
施工精度を吸収する考え方の納まりについて説明をしたからには、この考え方もあわせて書いておかないといけないと思って書きました。

関連記事

  1. 残り時間との兼ね合いを考える
  2. 化粧ケイカル版の一例
  3. LGSのイメージ
  4. ECPと床コンクリートの納まり
  5. ステンレスバイブレーション仕上
  6. エントランスホールの一例