• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

タイルの出隅・入隅納まり

前回は内壁にタイルを採用する場合の納まりについて、結局はかなりシンプルな感じになっていましたが、具体的な納まりを紹介しました。
特に内壁に関して言える話なのですが、壁の一般的な部分の納まりというのは割とシンプルな場合が多い、ということが言えると思います。

なので、あまり身構えなくても大丈夫です、と言うことをここではお伝えしておこうと思います。
さも難しそうな雰囲気を出しながら説明をしているのは私自身なので、こうした表現はあまり説得力がないような気もしますが…
やはり外壁の納まりに比べれば内壁は少し簡単ですから、覚えやすいのではないかと思います。

さて、そうしたシンプルな納まりの内壁タイルではありますが、気をつけておきたいのが一般的ではない部分の納まりです。
一般的ではないというのが具体的にはどこかというと、壁の出隅・壁の入隅・そして建具との取合い部分の納まりという事になります。

こうした端部の納まりは最初にしっかりと検討しておく方が良くて、逆にそこを押さえておけば残りはシンプルになるので仕事がスムーズに進みます。
と言うことで、今回はタイルの出隅納まり、入隅納まり、建具との取合い納まりについて具体的な例を挙げながら説明をしていこうと思います。

まずは壁の出隅から。

これは内壁として採用するタイルの品番にもよりますが、まずはタイルの製品として出隅タイルが存在しているかどうかを調べる必要があります。
もし出隅タイルが存在しない場合はどうするかを考える必要があるので、これをもっとも早く確認していくことをお勧めします。

もし出隅タイルが製品として存在している場合には、素直に出隅の製品を採用しておけば、納まりとして特に大きな問題にはならないはず。
出隅タイルはこのような製品になっている場合が多く、人が当たっても痛くないように丸みが付いているとか、小口も綺麗に仕上がっているなどの特殊なタイルになります。

タイル出隅納まりの例

しかし採用したタイルによっては出隅タイルが存在しない場合もあって、そうした状況では出隅の納まりをしっかりと考えておく必要があります。
とは言っても、基本的に出隅を想定していない時点で、無理に出隅納まりについて検討をしたとしても、あまり良い解決策はない場合も結構あって、それがかなり検討者泣かせなんです。

解決方法はいくつかありますが、そもそも出隅があるタイルを選定するという「そもそも」的な結論が最も楽な選択肢ではないかと思います。
しかしその方向に進むことが出来ない場合もあるはずで、そうした状況であれば、出隅タイルを作るなどの解決方法を出していくしかありません。

ただしこれは図面ではいくらでも作図することが出来ますが、実際にこうした施工を簡単に出来るかどうかはまた別の話です。
実際に施工する人と打合せをしながら、どのような納まりがベストなのかを検討していく、というのは施工者の重要な役割だと言えます。

どうにも納まらない場合には、出隅に金物などを入れてしまい、タイルの出隅をなくしてしまうという考え方も選択肢としてはあります。
絶対にタイルで納めないといけない、という話ではないので、まずは頭を柔らかくして検討を進めていく事をお勧めします。

このあたりの納まり方針は設計者も施工者も好みが分かれるところなので、事前に方針を決め込んでしまうと後が楽になります。
建具取り合いの納まりについては今回説明することが出来なかったので、具体的な納まりの説明は次回に続くことにします。

関連記事

  1. ECPと床コンクリートの納まり
  2. 建物の外壁
  3. ALC外壁縦張り納まり例
  4. コストを意識した検討が必要
  5. 建物の内壁
  6. ランナーとLGSの関係イメージ