• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

壁下地の違いによる外壁タイル納まり

壁仕上材としてタイルを選定した場合の基本的な納まりは、石とは違って接着剤やモルタルなどの「湿式工法」になる、という話を前回は取り上げました。
壁下地に貼り付けていくだけなので納まりとしてはシンプルになるけれど、壁仕上位置にあわせて壁下地の位置を決めておく必要があります。

そしてタイルは大きさが決まっている仕上材でもありますから、ある程度綺麗にタイルを並べておくことも考えなければなりません。
そのタイルの位置によって壁下地の位置も決まってくることになるので、壁下地の種類によってはそのあたりも早めに検討をしていく必要が出てきます。

具体的には壁下地が鉄筋コンクリートの場合の話で、タイルの位置によって鉄筋コンクリート壁の位置を微調整しておく必要がある、という話です。
こうしたタイル割付についての話はもう少し先で詳しく説明していくことにして、今回はそれぞれの壁下地でのタイル納まりについてもう少し深く考えてみることにします。

タイルという壁仕上材は建物の外壁にも内壁にも施工が出来るという特徴を持っています。
特に建物の外壁として採用される場合には、建物の外見を左右する要素になる訳ですから、建物の雰囲気を決定づける非常に重要な仕上材になってきます。

外壁タイルのイメージ

内壁タイルのイメージ

上記ではいくつかの建物の外観を載せていますが、タイルによって建物の雰囲気が大きく左右されることが伝わるのではないでしょうか。
こうした外壁に施工されるタイルの下地は鉄筋コンクリート造の建物では鉄筋コンクリート壁である場合が多く、鉄骨造であればECPである場合が多いです。

こうした外壁のタイル納まりについて考えてみると、まずは鉄筋コンクリート壁が下地の場合はこのような感じになります。

壁タイル貼の一般的な納まり

鉄筋コンクリート壁を打設して、そこにタイルの下地として壁が平滑になるように薄くモルタルを塗っていき、その上に貼り付けモルタルによってタイルを貼っていく、という納まり。
こうした納まりの場合、タイルの割付によって壁の位置を調整していく為に、事前に建物の大まかなタイル割付を決めておく必要があります。

壁仕上の位置がまずはあって、そこからはみ出してしまわないように壁下地がある、という納まりの基本はここでも適用されることになる訳です。
一方で鉄骨造の場合は外壁の下地として鉄筋コンクリート壁をたてる場合は少ないので、コンクリート二次製品としてECPが壁下地になることもあります。

ECP下地にタイル貼の納まり

こうした状況を見越して、ECPにはタイルを貼る為の版が製品として用意されていて、その製品を使用した上にタイルを貼っていく納まりになります。
ECPの巾は590mmが基本になるので、ECPをまたいでタイルを貼ることがないように、ECPの割付とタイルの割付を並行して検討していくことになります。

壁下地としてECPについて説明をした際にも書きましたが、ECPは建物の動きに合わせてロッキングしていくので、その動きにタイルも合わせていく事を考えます。
具体的な話をすると、ECPの目地にあわせてタイルの目地を設けておき、そこは通常の目地ではなくシール目地にして動きに追従するという考え方ですね。

 

まずは鉄筋コンクリートのやECPなどの壁下地を止水ラインとして設けておき、その上にタイルが綺麗に割り切れるような計画でタイルを貼っていく。
これが外壁にタイルを採用する場合の基本的な考え方になるので、建物全体でタイルをどのよういに貼っていくかという「タイル割付」が非常に重要な要素になってきます。

外壁タイルについての話はこのくらいにしておき、次回は内壁でタイルを採用する場合の納まりについて考えてみることにします。

関連記事

  1. 遮音性能のイメージ
  2. グラスウールのイメージ
  3. ECPと床コンクリートの納まり
  4. 設計と実際の納まりと
  5. 内壁ECPの足元納まり
  6. 石張り下地鉄骨の納まり例