• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の記事一覧

SRC柱の型枠

鉄骨と型枠の関係について考える

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の建物を施工する際には、まずは土に接する基礎部分の施工を進めることになります。 その基礎の上に鉄骨柱と梁を組み立てていき、鉄骨の精度を調整した後で鉄筋と型枠の工事に進んでいく、というのが一般的な工事の流れになります。 鉄骨鉄筋コンクリート造。 この呼び方ですからから当たり前の話になりますが、鉄骨が中に入っている鉄筋コンクリート造、もしくは鉄骨造の周りに鉄筋コンクリ […]

続きを読む

SRC梁の型枠

基本的な進め方は鉄骨造と同じ

さて、前回は建築関連の話ではありましたが、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の納まりとはあまり関係のない話になってしまいました。 文章というのは厄介なもので、書き手の感情というものがそのときに書いた文章にはどうしても入り込んでしまうものなんですよね。 それを考えると、今の私の気持ちは少し建築関連の仕事から離れつつあるのかも知れないな、と少し前に書いた文章を読み返しながらついそんな事を考えてしまいま […]

続きを読む

育成は非常に難しい…

どこまで企業の為に働くのか

前回は少し鉄筋の納まり検討についての話から逸れて、時間がない中で検討していく事になりがちな現状を心配してみました。 ここで私が建築業界の行く末を心配しても仕方がないのですが、色々と仕事をしながら見ていると心配になることもあるので、少し愚痴っぽい話をしてしまいました。 以前から気になっているのが、充分な能力と意欲を持っていると思われる新卒の方がすぐに辞めてしまう状況が現実として少なからずある、という […]

続きを読む

仕事での失敗が多くなる

時間がない中で検討を進めた結果

建築関連の業務を覚えていくには、覚えようとしている本人がその知識に対して飢えている状態出あることが望ましい、という話を前回は取り上げました。 そうなればスポンジが水を吸収するような勢いで知識を吸い上げていく事になるので、成長のスピードは非常に速くなるはずです。 ただ、そうした意欲を打ち砕く問題として、一人一人に膨大な作業量が与えられる可能性がある、という残念な話もあわせて取り上げました。 実際の仕 […]

続きを読む

知識に対する飢え

建築関連の知識を蓄える為に

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の鉄骨を検討する際には、鉄筋の納りを決めておき、鉄筋が配置される部分については鉄骨に孔をあけておく必要があります。 その為にはある程度鉄筋に関する知識を持っている必要があるので、前回までの話で簡単な鉄筋の知識について説明をしてきました。 こうして建築関連の様々な分野の知識を持っているという事が、建築のプロとして自分の価値を高めることに繋がっていくことになるはず。 […]

続きを読む

鉄筋の曲げ

鉄筋の曲げルールについて

前回は鉄筋の納まりをある程度リアルに検討するという話をしていく中で、鉄筋の曲げをどのように表現するのかという話になりました。 鉄筋の曲げによって主筋の位置が微妙に変わってくるので、ある程度はリアルに作図した方が良いという話で終わってしまったので、今回はその話を続けていきます。 これは実際の鉄筋納まり状況を見てみると何となく分かるのですが… あまり厳密に図面で表現しても仕方がない気がしてしまうのです […]

続きを読む

SRC梁の一例

どこまで鉄筋をリアルにするか

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の納まりを検討する為には、鉄筋の納まりをきちんと検討した結果を鉄骨に反映することが必要になってきます。 鉄筋の納まりをリアルに検討していくと言っても、実際の使われる事になる異形鉄筋の見た目をリアルにするとか言う意味ではありません。 そういうリアルさは業務では無駄なものになるので、出来るだけ無駄を排除するという仕事の考えとはなかなかマッチして来ない部分があるんです。 […]

続きを読む

呼び径と最外径

異形鉄筋のサイズについて考える

RC造でもSRC造でも採用される鉄筋というのは、実際の形状を見ると表面が凸凹していてコンクリートに付着しやすいようになっています。 シンプルに表面がツルツルしているよりも、凸凹していた方が強そうだというのは何となくイメージで考えても納得だと思います。 上記が丸鋼と異形鉄筋になりますが、どちらがコンクリートに対して付着しやすいか、というのは言うまでもありませんよね。 この考え方はなにげにかなり重要な […]

続きを読む

異形鉄筋のイメージ

鉄筋の納りを理解する事の重要性

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の建物では、建物の構造体をきちんと成立させる為に、鉄骨に鉄筋を通すための孔をあけておく必要があります。 というあたりの話を前回までで色々と説明してきました。 構造体なのに孔をあけても大丈夫なの? と思ってしまうかも知れませんが… 鉄骨に孔をあける事よりも、梁の主筋がきちんと柱に定着しない事の方が構造的には問題ですから、通常は鉄骨のウェブに孔をあけていく検討を進める […]

続きを読む

鉄骨梁レベルが異なる場合

HOOP筋用の鉄骨孔について

SRC造で鉄骨に孔をあける必要があるのは、梁の主筋だけではない、という話を前回は取り上げましたが、話が全然進みませんでした。 これではいつまで経っても話が進まないので、今回は前置き的な話はやめておき、早速具体的な説明に進んでいきたいと思います。 SRC柱の基本納まりは、鉄骨柱を芯に入れて周囲を主筋とHOOPで囲っている、というような関係になって、図面で表現すると下図のようになっています。 この断面 […]

続きを読む