• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の記事一覧

物量の多さが問題のひとつ

SRC造の検討と時間の関係と

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の柱と梁が取り合う仕口部分については、梁の主筋を伸ばしていくという目的で、鉄骨柱に孔を開けておく必要があります。 構造体の一部として検討される鉄骨にわざわざ孔をあけるというのは、シンプルに考えてかなり違和感を感じてしまいます。 しかしもうひとつの構造体である鉄筋コンクリートの納まりを考えた時に、こうして鉄骨に孔をあけておく必要がある事が分かります。 ここで簡単にそ […]

続きを読む

納まりの検討

孔あけの際に鉄骨側で検討する事

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の場合、柱と梁が取り合う仕口部分の納まりが結構複雑な事になるので、鉄筋の納まりを含めた検討が必要になってきます。 SRC梁の主筋を通す為には鉄骨柱側に孔をあけておく必要があるので、まずは主筋のレベルをX方向とY方向に分けて基準を決めておく、というような話を前回は取り上げました。 SRC梁の構造体天端に対して主筋がどのレベルに入ってくるのか、という基準を決めておくこ […]

続きを読む

高さ調整した主筋位置

鉄骨柱に孔あけを検討する場合

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の納りでは、柱と梁の仕口部分を納める為に、SRC梁の主筋を通すための孔をSRC柱の鉄骨にあけておく必要があります。 なぜ鉄骨柱のウェブに孔をあけておく必要があるのか、という話は前回図面とあわせて紹介したので詳しい話はさておき… 今回は、鉄骨柱のウェブに孔をあける場合の検討項目にはどのようなものがあるのか、というあたりについて考えてみたいと思います。 まずはSRC梁 […]

続きを読む

柱鉄骨に孔あけが必要な場合

鉄筋のために鉄骨がやっておくこと

前回は鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の柱と梁との仕口納まりについて、以下のような要点で話を進めてきました。 ・梁の主筋は柱の中央よりも奥側に定着する必要がある ・しかしSRC造の場合は柱の中央に鉄骨柱が存在している ・なのでそのままでは梁の主筋が鉄骨柱に干渉してしまう ・これはSRC造のごく一般的な納まりなので根本的な解決策が必要 今回はそうしたSRC柱と梁の仕口納まりについて、実際にはどのよ […]

続きを読む

仕口部分の鉄筋配置例

鉄筋の定着と鉄骨の関係

SRC造の納まりを検討していくと、柱や梁などの単品で納まりを検討するだけでは、それほど複雑な事にはなりませんでした。 しかし柱と梁が交差する部分について考えていくと、これが結構複雑な事になってくる、というあたりの話を前回は取り上げました。 いきなり複雑な部分を考えるのは難しいので、まずはSRC柱とSRC梁のシンプルな納まりを意識しておき、そこからそれぞれを交差させてみる必要があります。 と言うこと […]

続きを読む

SRC柱と梁が取り合う部分

SRC柱とSRC梁が交差する部分

SRC造の納まりについて前回までで色々と説明をしてきましたが、今のところそこまで難しい納まりという感じではないと思います。 ・SRC柱の基本納まり ・SRC梁の基本納まり 上記の納まりは、それぞれ単品で検討していく場合には、そこまで複雑で手に負えない納まりという事にはなりません。 柱も梁も同様で、いくら鉄骨が芯に入っているとは言っても、鉄筋コンクリート造のメインとも言える主筋がなくなることはありま […]

続きを読む

SRC梁の配置例(二段筋)

SRC梁の主筋と鉄骨の関係

前回の説明では、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の柱を構成する場合の基本的な納まりについて説明をしてきました。 まずは鉄筋コンクリート柱の中に入るの鉄骨柱の形状と、その鉄骨柱に対して鉄筋とがどのような関係になっているか、というような話でした。 鉄骨の形状に対してコンクリートの形状があって、そこに鉄筋がどのように配置されていくのか、という部分がシビアになっている事が柱の関係を見ていく中で分かったと […]

続きを読む

SRC柱の主筋を検討した結果

SRC柱の主筋と鉄骨の関係

前回までの説明では、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の柱について、足元納まりを含めた基本的なパターンを紹介しました。 鉄骨の形状はコラム柱にはなりにくく十字形のが採用されやすいとか、足元の納まりは周囲の鉄筋とセットで考えられるとか。 このあたりの具体的な話については、鉄骨と鉄筋コンクリートとの関係を考えると、何となく納得ができるのではないかと思います。 鉄骨鉄筋コンクリート造というからには、やっ […]

続きを読む

SRC柱の足元納まり

SRC造で使われる鉄骨柱形状

SRC造の場合の鉄骨足元の納まりについて前回は少し説明をしましたが、アンカーボルトで柱の足元を固定する考えはS造と同じでした。 アンカーボルトのサイズや本数が違う場合もありますが、条件が違ってくれば内容が違うのも当然なので、そこはそれ程変な事ではないと思います。 ただ、鉄骨の周囲に鉄筋コンクリートを巻いていくという考え方があるので、S造の場合に一般的だったコラム柱を採用するのは難しくなってきます。 […]

続きを読む

鉄骨柱の足元納まり例

SRC造の柱足元納まり

前回は鉄骨鉄筋コンクリート造という構造が持っている特徴を取り上げて、納まりが複雑になりがちな部分についても少し紹介をしました。 鉄筋と鉄骨の関係を明確にしていく必要があって、しかも鉄骨の製作は出来るだけ急ぎたいから検討も当然急がないといけない。 こうした苦しさがSRC造にはあるんです。 ここでもう一度SRC造についての内容をまとめると… ・鉄筋コンクリートの中に鉄骨が入る構造である ・メリットも多 […]

続きを読む