• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

基本的な進め方は鉄骨造と同じ

さて、前回は建築関連の話ではありましたが、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の納まりとはあまり関係のない話になってしまいました。
文章というのは厄介なもので、書き手の感情というものがそのときに書いた文章にはどうしても入り込んでしまうものなんですよね。

それを考えると、今の私の気持ちは少し建築関連の仕事から離れつつあるのかも知れないな、と少し前に書いた文章を読み返しながらついそんな事を考えてしまいました。
膨大な仕事量に追われて仕事のクオリティが下がっていく事が分かりながら、それをどうすることも出来ない、というのはもしかしたら私の事なのかも知れません。

…と、一人で疲れていてもあまり良いことはないので話を戻しましょう。
今回はSRC造の工事が大まかにはどのような流れで進んで行くのか、というあたりについて考えていくことにします。

結論から先に書いてしまうと、SRC造であっても基本的にはS造と同じで、基礎の上に鉄骨を建てていくことからスタートします。
これは考えてみれば当たり前の話で、鉄筋と型枠を組み立ててから鉄骨を建てるという順番では、どう考えても鉄骨が施工出来ませんよね。

なので、まずは建物の土台である杭や基礎などの工事が完了したらすぐに鉄骨を建てていき、その後で鉄筋と型枠の工事に進んでいくことになります。
鉄骨柱や鉄骨梁がある状態で型枠を組み立てる為には、鉄筋の場合と同じように、鉄骨に孔をあけておく必要がありますが、それについては次回に詳しく説明をすることにします。

次にSRC造の場合の床との関係について。
S造の場合には鉄骨にデッキプレートと呼ばれる鋼製型枠を掛けて、溶接で固定した後にコンクリートを打設していくという手順になりますが、SRC造の場合は少し違います。

鉄骨梁まで鋼製型枠を伸ばしてしまうとSRC梁の鉄筋が納まらなくなる為、床の鋼製型枠はあくまでもSRC梁の端部からスタートすることになります。
納まりとしてはRC造の場合に近くなり、SRC梁の型枠に鋼製型枠の端部を載せていくという納まりのパターンになっていきます。

SRC梁の型枠

この関係から見ても何となく想像が出来ると思いますが、SRC造の場合の基本的な工事の流れはこのような感じになっていきます。

・基礎工事完了

  ↓

・SRC部分の鉄骨柱建方

  ↓

・SRC部分の鉄骨梁建方

  ↓

・精度調整の上本締め

  ↓

・柱及び梁の鉄筋組み立て

  ↓

・柱及び梁の型枠組み立て

  ↓

・床鋼製型枠敷き込み

  ↓

・床鉄筋施工

  ↓

・柱梁床のコンクリート打設

鉄筋コンクリート造の工事の流れと、鉄骨造の工事の流れをある程度知っておけば、鉄骨鉄筋コンクリート造でも応用がきくという感じですね。
それぞれの構造で様々な特徴がある訳ですけど、それぞれが全く違う考え方になっている訳ではないので、少しずつ似ている部分があるんです。

とは言っても、鉄骨を建てて精度の調整をしたり、その後で鉄筋や型枠の工事を始めたりと、色々な工種が入ってくる関係で、S造やRC造に比べると工事は煩雑になりがち。
その結果として工程が少し長く必要になる可能性が高い、というあたりもSRC造が持っている大きな特徴というか欠点のの一つだと言えるでしょう。

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の施工がどのような順番で進められるか、という大まかな話についてはこんなところです。
もちろん全ての建物が同じ手順で進む訳ではなくて、建物の状況に応じてベストと思われる工程を検討していくのが施工者の役割でもあるので、順番が若干入れ替わる可能性もありますが…

基本的な流れを掴んでおくことが出来ていれば、後は状況に応じて少し順番を入れ替えて考えていく事はそれほど難しいことではないはずです。
なのでまずは基本的なパターンをしっかりと覚えておくことをお勧めします。

次回はSRC造の柱と梁について、型枠を組み立てるために鉄骨で準備しておかなければならないものについて考えてみることにします。

関連記事

  1. 異形鉄筋のイメージ
  2. 鉄筋の曲げ
  3. 納まりの検討
  4. 仕口部分の鉄筋配置例
  5. 知識に対する飢え
  6. S梁に孔あけ+鋼管取付の納まり