• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

鉄骨と型枠の関係について考える

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の建物を施工する際には、まずは土に接する基礎部分の施工を進めることになります。
その基礎の上に鉄骨柱と梁を組み立てていき、鉄骨の精度を調整した後で鉄筋と型枠の工事に進んでいく、というのが一般的な工事の流れになります。

鉄骨鉄筋コンクリート造。
この呼び方ですからから当たり前の話になりますが、鉄骨が中に入っている鉄筋コンクリート造、もしくは鉄骨造の周りに鉄筋コンクリートを巻いている、という事で…

二種類の構造が組み合わされた納まりが大きな特徴になります。
鉄骨柱と鉄筋コンクリート柱の組み合わせ、鉄骨梁と鉄筋コンクリート梁の組み合わせ、という事が何を意味するか、というあたりの話を今回は考えてみたいと思います。

ちょっと大げさな表現をしていますが、要するにSRC造の建物では構造体の中に鉄骨がある為に、型枠を組み立てる為に必要なセパレータが通しにくいという話です。
通常の鉄筋コンクリート造では、例えば柱などの型枠を組み立てる際には、下図のように柱の型枠をセパレータで繋いで固定していく事になります。

SRC柱の型枠

コンクリートを打設する際には、コンクリートの荷重によって型枠に大きな力がかかってきますが、その力の方向は柱の外側に向かっています。
その力に抵抗する為には、向かい合っている型枠同士を細かいピッチで繋げていく必要があり、そうした目的の為にセパレータが用いられることになります。

ここまでは一般的な鉄筋コンクリート造(RC造)の考え方で、この考え方自体はそれほど難しいものではありません。
悩むのは柱を化粧打放しにしたい場合です。
直交するセパレータを同じレベルにしてしまうとぶつかってしまう為、少しレベルを変えておく必要があって、それが見た目に微妙な影響を与える、というあたりをよく考える必要があります。

セパレータのレベル調整

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の場合には、このセパレータを邪魔する存在(というのは少々乱暴すぎる表現ですが…)として、鉄骨柱が結構なスペースで陣取っています。
RC造のような考え方でセパレータの位置を考えていると、思いっきり鉄骨柱に干渉してしまいセパレータを通すことが出来ない状態になってしまうはず。

セパレータと鉄骨の関係

セパレータが鉄骨柱に干渉してしまい通すことが出来ないので、セパレータを鉄骨に干渉しない位置までずらして設置しようと考えると…
鉄骨柱はSRC柱の中で結構な割合を占めているので、柱の中でかなりの範囲が「セパレータを配置出来ない範囲」という事になってしまいます。

セパレータというのは型枠がコンクリート打設時の荷重に耐えられるように、という目的で取り付けられるものですから、設置できる範囲で適当に配置するものではありません。
そんな適当な検討をすると、セパレータのピッチが飛びすぎてしまい、コンクリート打設時の荷重に耐えられない状態になってしまいます。

そんな状態では困るので、それではどうするかというと、あらかじめセパレータの位置をきちんと計画しておいて、鉄骨柱のウェブにセパレータ用の孔をあけておく事になります。
結局鉄筋用の孔だけではなく、こうした型枠の為の孔も計画しておく必要があるという事で、やっぱりSRC造は検討項目が多くて大変だと感じてしまいますね。

検討項目はひとつずつ見ていくとそれ程複雑なものではないのですが、検討項目の数が多くなってくると、あまり簡単とは言えなくなってくるものです。
セパレータ用の孔についても同じ事が言えて、セパレータの考え方をきちんと把握していくと、考え方としてはそれほど難しいものではありません。

しかし色々なSRC柱のパターンがあったりすると、それだけ検討する数は増えてくることになるので、やはり作業としてはそう簡単なものではなくなってしまいます。

関連記事

  1. 鉄骨柱の足元納まり例
  2. SRC柱の主筋を検討した結果
  3. 異形鉄筋のイメージ
  4. 鉄筋の納まり