• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

壁-天井取合納り

床仕上材の納まり、壁仕上材の納まり、天井仕上材の納まりについて、今までのカテゴリで色々なパターンがある事を紹介してきました。

・床

・壁

・天井

詳しくは上記のリンクからそれぞれのカテゴリについて読んで頂くとして…
床仕上材・壁仕上材・天井仕上材の納まりは、いくつものバリエーションがあるものの、納まり自体が複雑過ぎて困る、というものではありませんでした。

それぞれの仕上材がどのような特徴を持っているかをまずは掴んでおき、その仕上材を取り付ける為に必要な仕上代を把握しておく。
それによって、仕上面から出っ張った位置にならないように、仕上代が確保されている位置に下地を用意しておく、という検討の流れで進めていく事になります。

こうした一連の流れを繰り返していく事で、それぞれの部位についての納まりを決めていき、適切な下地の位置を決めて納めていく事が出来る訳です。
この検討は確かに種類は多いのですが、検討自体はそれ程難しい訳ではないので、順番に進めていけ納まり検討としては問題はないはずです。

そうした検討が出来た後は次のステップという事で、それぞれの部位が取り合ってくる部分の納まりについても検討を進めていく事になります。
そうした主旨で、前回のカテゴリでは床仕上材と壁仕上材との取り合い部分である「巾木」の納まりパターンについて色々と考えてみました。

・巾木

上記のカテゴリでは、そもそもなぜ巾木が必要なのかという話からはじまり、巾木の種類や納まりなどを色々と細かく説明しています。
出巾木にするか入巾木にするかで納まりが変わってきて、壁の厚みが巾木の納まりに影響を受けるなど、色々と細かい話がたくさんありました。

ちょっと細かい話が多すぎではないか、という気もしますが、こうして細かい部分について考える事が納まり検討の醍醐味でもあります。
あまり時間がない時にはそんな事も言ってられない状態ではありますが…
それでもこうした取り合い部分の検討をきちんとやっておくことによって、建物の見映えは少しずつ締まって見えるようになるはず。

つまり、検討すればきちんと建物の見映えが良くなるという効果があるということ。
これはちょっと地味に聞こえるかも知れませんが、仕事で納まり検討を進める上で結構重要な部分ではないかと思います。

鉄筋の納まりとか鉄骨のダイアフラム部分の納まりを検討しても、最終的には仕上材に隠れて見えなくなってしまうという空しさがあったりします。
しかしこうした仕上材の取り合い検討であれば、最終的にも自分の目で確認出来るような検討を進めることが出来る、という感じです。

もちろん構造体の検討が面白くないという話ではなくて、最終的に仕上として見える部分の検討は単純にイメージしやすくて取りかかりやすい、という話でした。
こうした仕上の検討を進めた後で、構造体などの検討を進める方が、下地の納まりなども分かるので順番としては良いかも知れません。

…と、前置きはこのくらいにしておき、今回からは壁仕上材と天井仕上材との取り合い部分について、色々と詳しく説明をしていこうと考えています。
床仕上材と壁仕上材との関係については前回のカテゴリで説明をしています。
なので、このカテゴリで壁仕上材と天井仕上材との取り合いを覚えてしまえば、仕上納まりの基本については一通り説明出来たという事に。

壁と天井の取合い納まり

もちろん建築の納まりはそれだけで全部という単純な話ではありませんが、それでも納まりについての知識としては、かなり整ってきた事になるはず。
この先のもっと細かい部分の納まりに進む前に、今回のカテゴリで説明する壁と天井との取り合いについてしっかり知識を整えておくことをお勧めします。

関連記事

  1. 壁アルポリック+天井十手廻り縁納まり
  2. まずは選択肢を増やす事が重要
  3. コ型見切材と十手を組み合わせた案
  4. 十手廻り縁の形状一例
  5. 下り壁見切材で納めた例
  6. 納まり図集を持っておくと非常に便利