• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

見切り材のメーカーについて

下がり壁と天井との出隅をどのように納めるのが良いか、というテーマで前回は色々な案を出しながら考えてみました。
意匠的にどの納まりが良いかは場所によっても違うし、人によっても多少好みの違いがあったりするので「これが正解です!」と私が断言するのは難しいのですが…

紹介した納まりの中でひとつでも「これなら綺麗に納まる」というものがあったとしたら、納まりを紹介した価値はあったと思います。
まずは自分の知識として様々な納まりをインプットしていき、それぞれの場所に合った適切な納まりを頭の中から選んでいく、という感じで納まりの検討は進みます。

なので、まずは納まりのバリエーションを増やさないことには始まらないんです。

まずは選択肢を増やす事が重要

前回も少し書きましたが…
実際の施工段階では、納まりを意匠設計者と施工者とで打合せをしていき、どうすれば綺麗でかつコストをかけずに納める事が出来るか、案を出し合って検討を重ねていくことも多いです。
もちろん意匠設計者がそのあたりをもう決めているのであれば、そうした打合せはそれほど必要とされませんが、施工者の考えを聞きたい場合も多いです。

こうした打合せというのは、建築の納まりを考える中で非常に面白い瞬間ではないかと私は考えていますが、そうした場で案を出す為にはやはりある程度の知識が必要になります。
その為にまずは色々な納まりを頭に入れる事と、その完成形がどのような見え方になっているかを自分の目で確かめていくことが重要になってきます。

確かにこうした細かい部分については、建物を利用している方はあまり気にしないというか、気にならない部分ではないかと思います。
しかし建物を造る側としては、出来るだけ良い建物を造ろうとしていて、こうした部分も「どうすれば綺麗に見えるか…」と頭を悩ませています。

ここで全ての設計者と施工者の考えを代弁する訳にもいきませんが、恐らく皆同じような考え方で仕事をしているのではないかと思います。

意匠設計者と施工者とで少し立場が違うので方向性が違う場合もあるし、そんな細かい部分よりもプランニングが大事という意見もあるとは思いますが…
もちろん全体のプランなども大事にするのは当たり前で、さらに細かい部分にまで気を遣っていくのが設計者と施工者の仕事なんです。

天井と下がり壁についての話はちょっと細かい納まりの話ではありましたが、建物の見映えはこうした部分の積み重ねで作られていくものです。
色々な選択肢がある中で、出来るだけ綺麗に見えるような納まりを考えるには、やはり色々な納まりのパターンを知っておく事が重要です。

それと同時に、既製品にはどのような見切り材が用意されているかを知っておくことも、同じくらい重要になってきます。
と言うことで、ここでは見切り材を販売しているメーカーを一部紹介してみます。
具体的にどのような形状の見切り材があるかを調べていく中で、色々な納まりの考え方も出てくることになるはずなので、一度目を通してみることをお勧めします。

・創建

・フクビ

・サトウ巧材

見切り材のメーカーは幾つかありますが、最終的な形状は似たようなものになってくるので、どのメーカーを選定した方が良いなどはあまりないと思います。
どのメーカーに発注するかまで意匠設計者は関わらないので、施工者が持ってくるカタログの中から選定する事になる場合が多いです。

メーカーによって形状に偏りがある訳ではないので、そうしたやり方でも特に問題はないので、まずはカタログでどのような製品があるかをじっくりと見ていくことをお勧めします。
当サイトでは特定のメーカーをお勧めするなどはしませんので、違いを知っておくためにも一通りみておくのがベストだと思います。

非常に時間はかかりますが…
ある程度見切り材のイメージがこれで出来るのであれば、時間をかけてカタログを見ていく価値はきっとあると思います。

関連記事

  1. 天井が高いと不便な場合も
  2. 壁と天井の取合い納まり
  3. 壁・天井アルミカットパネル納まり
  4. ピクチャーレール天井埋込納まり
  5. 壁石張りの天井取合い納まり
  6. 壁天井取合い納まりの例