• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

仕上納まり-壁の記事一覧

人に聞く事が恐らく一番重要な要素

壁の納まりまとめ

さて… 壁仕上材として一般的な建物で多く採用されるものについては、ちょっと長くなりすぎた感じもしますが、今までの説明でほぼ一通りの説明を終える事が出来たと思います。 もちろん全ての壁仕上材について網羅することが出来た、という訳でもないので、一通りという言葉は適切ではないかも知れませんが… それでも一般的な建物で登場する壁仕上材についてはある程度網羅出来ているはずなので、今後追加はあるかも知れません […]

続きを読む

化粧ケイカル版の一例

化粧ケイ酸カルシウム板の特徴

前回は壁の表面に貼っていく仕上材として、メラミン化粧板とアルポリックの特徴と納まりについて考えてみました。 今回は引き続き壁の表面に貼っていく仕上材として、化粧ケイ酸カルシウム板の特徴と納まりについて考えてみる事にしましょう。 □化粧ケイ酸カルシウム板 ケイ酸カルシウム板も壁下地として時々採用されますが、基本的に素地になることは少なく、塗装仕上げになる場合がほとんどです。 しかし化粧ケイ酸カルシウ […]

続きを読む

メラミン化粧板の仕上例

メラミン化粧板とアルポリック

前回は石膏ボードに後から貼るだけでOKという仕上材を取り上げてみて、具体的な商品名としてはDボードの特徴と納まりを紹介してみました。 表面が化粧された仕上材を貼っていく、というのは仕上工事としては非常にシンプルな状態なので、施工も比較的簡単になります。 しかも表面が非常に美しく、色や柄の選択肢も豊富になっているので、コストが許せばという条件がありますが、積極的に採用していきたい仕上材です。 Dボー […]

続きを読む

ダイノックシートのカラーバリエーション(ほんの一部)

Dボードの特徴と納まり

前回は壁仕上材として塗装仕上を紹介しましたが、結局は石膏ボードに下地処理をしてそこに塗装をかけていくというごく一般的な納まりになっていました。 こうしたシンプル過ぎる関係だと、建築関連の納まりを紹介していく、という観点で見るとあまり役に立たない話になっている感じもします。 塗装仕上もビニルクロスも、単純に石膏ボードに対して貼ってしまうとか、下地処理をして塗っていくだけの納まりになってしまいます。 […]

続きを読む

壁塗装仕上の一例

壁を塗装する場合の納まり

前回は壁仕上材としてビニルクロスの特徴と納まりについて話をしましたが、まあビニルクロスは色々と「普通」ですね。 もちろん褒め言葉としての普通ですよ。 自宅の壁とかを改めて見て頂くと分かりますが、壁の色は見ても気にならないような色、大抵の場合は白系のものになっているのではないでしょうか。 毎日見る壁が赤とか黄色だったりしても疲れるだけです。 目立たないので気にはならないけど、特に見た目が悪い訳ではな […]

続きを読む

ビニルクロスの一例

ビニルクロスの基本納まり

壁仕上材として金属パネルを採用する場合の具体的な納まり、そしてそれぞれの金属パネルがどのような特徴を持っているのか、という話を今まで取り上げてきました。 色々な表情を持たせることが出来る金属パネルは、意匠的に力を入れたい場所で活躍することになるはずなので、納まりを含めてそれぞれの特徴を押さえておく事をお勧めします。 さて、金属パネルについての話は長くなってしまったのでこれで終わりにしておき、引き続 […]

続きを読む

ステンレスバイブレーション仕上

ステンレスの表面処理は色々ある

前回はステンレスパネルの基本納まりについて紹介をしましたが、最終的な仕上については塗装もあります、程度の話しか出来ていません。 もちろんステンレスパネルの塗装仕上も美しく仕上がるのですが、せっかくステンレスを採用するのであれば、もう少し違う表面仕上を見せたいところです。 という事で、今回はステンレスの表面処理についていくつか代表的なものを挙げて、それらの仕上について簡単に説明をしていくことにします […]

続きを読む

ステンレス曲げパネルの納まり例

ステンレスパネルの基本納まり

壁の金属パネル納まりとして、スチールパネルにはどんな特徴があるのかという話と、基本的な納まりのパターンについて前回までで紹介をしてきました。 スチールパネルの基本仕上は塗装になりますが、場合によっては溶融亜鉛メッキリン酸処理を仕上として見せる場合もあります。 溶融亜鉛メッキ処理というのは、金属を高温で溶かされた亜鉛層に漬ける事によって、金属の表面に亜鉛の皮膜を作っていくという処理になります。 なの […]

続きを読む

溶融亜鉛メッキリン酸処理の暗色例

溶融亜鉛メッキリン酸処理について

前回はスチールパネルの納まりについていくつか例を挙げて説明をしましたが、その中でスチールカットパネルの納まりがありました。 重量があって施工しにくいという事と、結局は塗装仕上になるのでスチールでカットパネルにするメリットがあまりない、という理由で採用されにくい納まりではありますが… 溶融亜鉛メッキのリン酸処理を仕上として見せたい場合には、スチールカットパネルの納まりを選択することになる可能性が高い […]

続きを読む

スチールパネルの納まり例

スチールパネルの基本納まり

前回まででアルミパネル関連の話はひとまず終わりということになりましたが、思ったよりも長くなってしまいました。 このペースだとちょっと先が思いやられる感じもありますが、とにかく今回はスチールパネルの納まりについての話をスタートしていこうと思います。 まずはスチールパネルの納まりを紹介する前に、以前もピックアップしてみたスチールパネルの特徴からおさらいしてみると… ・鉄なので重量がある ・壁としての強 […]

続きを読む