• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

コ型廻り縁と建具枠との納まり例

前回は天井まで伸びている鋼製建具枠に対して、コ型廻り縁をどのように納めていけば良いのかという話で、まずは廻り縁をまわしていく納まりを紹介しました。
天井仕上材と壁仕上材との取合い部分には必ず廻り縁がある、という考え方をすると前回紹介したような納まりになりますが…

建具枠の部分で微妙にクランクしていく廻り縁は、あまり美しく仕上がっているとは言いがたいので、出来れば別の納まりを考えた方が良いと私は思っています。
最初に紹介した納まりを「これはちょっと…」と言うのは少し変な感じですが、まずは基本的な納まりの考え方からスタートしているという事で…

今回は引き続き天井までの建具とコ型廻り縁との関係という事で、前回紹介した納まりの他にどのような考え方があるのか、という話をしてみたいと思います。
別の納まり案としては、建具枠が天井まで伸びているのだから建具枠部分には廻り縁を廻さなくても問題ないのではないか、という考え方があります。

建具枠に天井仕上材を飲み込ませる納まり

断面図としては上図のような関係で、天井までの鋼製建具枠に対して天井仕上材を差し込んでいくという納まりになっています。
そもそも天井と壁との取合い部分に廻り縁が必要な理由としては、天井仕上材を現場で綺麗に切ることが難しいので、その部分を隠すという目的があるから。

建具枠がある部分は、建具枠に天井仕上材を飲み込ませる納まりになるのだから、天井仕上材の切り口が見えてしまうことはありません。
また、天井仕上材を多少斜めに切ってしまったとしても、それは建具枠で隠れてしまうので、その部分は全く見えてくることはないので、廻り縁を付ける必要がないという結論に。

こうした考え方でいれば、天井までの鋼製建具枠部分には特に廻り縁が必要ない、という納まりでも問題ないのではないか、という事です。
この納まりを天井伏図で表現すると、廻り縁の範囲は下図のような関係になってきて、こうした関係でも特に納まりとしては問題ないと思います。

廻り縁は建具チリ内で止める

廻り縁をクランクさせて無理矢理まわしていくよりも、建具枠のチリ部分にぶつけて止める、という考え方の方がシンプルになってくる、という話でした。

ただ、こうした納まりを採用するのであれば、コ型廻り縁の見付は建具のチリよりも小さいタイプを選定しておいた方が良いでしょう。
建具枠のチリ部分にぶつけて納めようとしているので、建具枠の一般的なチリ10mmよりも見付が大きくなってしまうと、下図のような感じで少し微妙になります。

廻り縁が建具チリとりも大きいと納まりは良くない

とは言っても、そもそもコ型廻り縁の見付は大きくて10mm程度です。
意匠設計者としてもこの見付を極力小さくする方向で廻り縁を選定するはずなので、建具のチリよりも大きくなってしまう可能性は少ないのですが…

意匠設計者の中には出来るだけ建具のチリを小さくしようとする方もいて、そもそも建具のチリが小さくなってしまうと、廻り縁の納まりは苦しくなってきます。
標準寸法である10mmは大きすぎるから2mmにしたいとか、2mmが無理ならせめて5mmを狙いたいとか、そうした施工者泣かせの話がある訳です。

下手したら「建具枠のチリは0mmでスッキリと見せたい」という施工精度を全く無視した恥ずかしい要望をする意匠設計者もいるので…
施工者としてはチリ0mmなど話にならないので絶対にやらないはずですが、その落としどころとして「0は無理ですからせめて5mmでいきましょう」などになる可能性もあります。

チリが10mmであれば廻り縁の納まりも特に問題はありませんが、チリが5mmだと廻り縁の仕様によっては建具よりも出っ張ってしまいます。
そうした前提条件が変わってしまうような場合もあるので、廻り縁を今回紹介したような納まりにする場合には、建具のチリに気を配っておく必要があります。

関連記事

  1. 廻り縁部分拡大納まり図
  2. 壁アルポリック+天井十手廻り縁納まり
  3. ピクチャーレールの使用例
  4. まずは選択肢を増やす事が重要
  5. 十手廻り縁の目透かし寸法をチリに合わせた場合
  6. コ型見切材と十手を組み合わせた案