• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

一般的な壁と天井の取合い

このカテゴリで説明していく内容について前回も少し紹介しましたが、壁仕上材と天井仕上材との取り合い納まりについて取り上げていこうと考えています。
床仕上材と壁仕上材との取り合いである巾木部分の納まりについては、前回のカテゴリで詳しく説明をしていますが、基本的な考え方は今回もそれほど大きくは変わってきません。

壁仕上げ納まり、天井仕上げ納まりとそれぞれの納まり自体はそれほど複雑ではないという部分や、施工の順番を考慮して納まりを考える部分など…
今回紹介する壁と天井との取り合い納まりでも、巾木納まりと似たような流れで検討をしていく事になるかと思います。

ただ、床仕上材と壁仕上材との取り合いについての話と違ってくるのは、人が歩く事になる床とは違って天井には意匠的な用途で段差が結構あるというところ。
床の場合は人が歩くことを考えて、出来るだけ段差を付けないような配慮を前提にして検討を進めていくことになりますが、天井にはそうした縛りがありません。

もちろん人が歩かないとは言っても、凸凹がありすぎる天井は見た目としてあまり美しくないので、そこは考慮していく必要がありますが…
上階の梁との関係で天井を下げておく部分に合わせて、天井の高さを全て低いレベルで統一するのが美しい訳でもありません。

天井高を高く出来るところは出来るだけ高くしておきたい、という考え方も結構ありますので、そうした考え方によって天井の高さは色々なレベルが存在する事に。
そうした天井の納まりにしていく中で、天井に段差を設ける納まりというのは床仕上天端に段差を設ける場合よりもかなり多くなってくるはずです。

その段差と壁との取り合いがどうなるかなど、実際に検討をしてみるとかなり複雑になってくる部分もあるので、そのあたりも含めて説明していければと思います。

また、これはあくまでも私の個人的な意見ではありますが…
天井の取り合い部分については、意匠設計者と施工者とでかなり納まりについての考え方が違っている場合が多いような気がしています。
設計者と施工者という立場以外にも、設計者同士でもこのあたりの納まりの考え方が違っていたり、施工者同士でも考え方が違ったり。

これは壁と天井の取り合い納まりに限った話ではありませんが、こうしたそれぞれの考え方の違いを見ていくのはなかなか楽しいものです。
シンプルに見せたいと思う設計者と、施工誤差を少しでも取り合い部分の納まりで吸収したいと思う施工者、という考え方の違いも興味深いです。

そのあたりの比較を含めて、壁と天井との取り合い部分納まりについて色々解説していきますので、細かい話になりますが最後までお付き合いいただければ嬉しいです。

という事で、まずは基本パターンの紹介という事で、壁仕上材と天井仕上材の最も一般的な取り合い納まりがどのような関係になっているかを考えてみます。

壁天井取合い納まりの例

最も一般的な壁仕上材としてLGS+石膏ボードを想定して、天井仕上材については最も一般的かどうかは微妙ですが採用される機会が多い岩綿吸音板を想定しています。
そうした場合の取り合い納まりは上図のような感じになります。

基本的には壁が天井に対して勝っている納まりになっていて、そこに天井をぶつけて止める、という考え方になっています。
こうした基本的な納まり形状は、壁の仕様が変わっても天井の仕様が変わっても、関係性自体は大きく変わらない場合が多いです。

例えば天井仕上材が少し変わったとしても、急に納まりが天井勝ちになるような事はなくて、単純に天井仕上材の厚みが変わってくるだけ、という考え方です。
壁仕上材が変わっても考え方は変わらないので、上図のような基本納まりをまずは覚えておくことで、その後の応用が出来るようになるはずです。

この基本納まりを踏まえて、次回はもう少し天井仕上材と壁仕上材との取合い部分を拡大してみていくことにします。

関連記事

  1. コ型廻り縁のカットライン
  2. 十手廻り縁
  3. 化粧ケイカル板壁勝ち納まり+ジョイナー納まり
  4. 図面上では納まっているけど…の一例
  5. 廻り縁部分拡大納まり図
  6. 天井が高いと不便な場合も